Huons Group、今年の予想売上高は6700億ウォン…「Big7Pharmaceuticals」に先駆けて

[더밸류뉴스=박상혁 기자]

フオングループ(ソンテユン会長)は過去10年間で年平均2桁(17.42%)の急成長を遂げているが、秘密に注目している。 Huons Groupがこのような飛躍的な利益を維持すれば、来年には国営医薬品「Big7」に参入することが期待されています。

Huons Groupには、持ち株会社Huons Global(CEO Song Soo-young)があり、Huons、Humedix、HuonsBiopharmaを含む12の子会社があります。 上場企業は、Huons Global、Huons、Humedix、HuonCの4社です。

来年の売り上げが7000億ウォンを超えると「ビッグ7ファーマシューティカルズ」

Huons Globalは11年前(2011年)に初めて1,000億ウォン(1,164億ウォン)の売上高を超え、17.42%のCAGRで高い成長を維持した。 昨年は売上高5,799億ウォン、営業利益733億ウォン、純利益321億ウォンを記録した。 売上高は前年同期比10.87%増加しましたが、営業利益は17.82%、純利益は64.72%減少しました(2015年のK-IFRS会計基準の導入)。

トップ企業のヒューオンズとヒューメディックスは、昨年の内部取引がなくなる前に、それぞれ4,036億ウォンと936億ウォンの売上高を記録し、約410億ウォンと2450億ウォンの売上高を記録した。 中核事業である処方薬・委託部門が成長を記録し、化粧品・点眼薬事業がより高い業績を牽引しました。 営業利益と純利益の減少は、生産ツールの拡張への子会社の投資によって説明されます。

過去10年間のHuonsGlobalの売上高と営業利益の傾向。 [자료=휴온스글로벌 사업보고서]

証券アナリストは、今年のヒューオンズグローバルの売上高が前年比15%増の670億ウォンに達すると予想している。 Huons Globalの今年の第1四半期の結果を見ると、この予測は現実に沿っていると推測できます。 今年の第1四半期のHuonsGlobalの売上高は1,596億ウォン、営業利益は206億ウォン、純利益は128億ウォンでした。 前年比では、売上高は21.27%、営業利益は0.04%増加し、純利益は22.6%減少しました。

製薬業界は、HuonsGlobalが来年「Big7Pharmaceuticals」に参入することを期待しています。

国内製薬業界では、ユハン洋行、グリーンクロス、韓美薬品、大熊製薬、チョンクンダン、ドンア製薬、JW製薬を「ビッグ7製薬」と呼んでいます。 JWホールディングス(チョンウェ製薬)は昨年、7,889億ウォンの売り上げを記録した。

◆ユン・ソンテ会長「ヘルスケア市場は成長する」…2025年までに1兆ドル規模のクラブに入会を目指す

Huons Groupは製薬業界の彗星として知られていますが、57年の経験があります。

Huons Groupが急成長した理由は、1997年に社長のYoon Seong-tae(58)が光明製薬(現在のHuons)のCEOに就任したことから始まりました。 ユン・ソンテ会長は漢陽大学の工業工学部を卒業し、IBMコリアに勤務しました。 光明製薬は世界に光を当てることを意味し、光明市の名前である京畿道とは何の関係もありません。 ユン社長は2003年に社名を現在のフオンに変更し、成長戦略を確立した。

HuonsGroupの会長であるSung-TaeYoon。 [사진=휴온스글로벌]

Huons Groupの成長戦略は、「ヘルスケア」と「M&A」にまとめられています。 Huonsグループの子会社を見ると、絶対多数がヘルスケアに関連しているという特徴があります。

HuonsGroupが2020年に買収したHuonsBlossomです。HuonsBlossom社の元の名前はSNPWORLDで、2002年に設立され、化粧パフ、スポンジ、コンテナなどの小さな化粧道具を製造してから、2017年9月にコスダック市場に上場しました。 。経営陣による使い込みの問題と闘った後、Huonsに買収され、収益は改善しています。 Huons Globalの関係者は、「Sung-tae Yoon会長は、ヘルスケア市場が将来成長すると見込んでおり、ヘルスケア関連事業を買収する戦略を持っている」と語った。

Huonsグループのガバナンス。 [자료=DB금융투자]

ドライフードおよびスポーツマーケティング市場への参入

Huons Groupは、B2C事業である健康機能性食品(ドライフード)に注力し、スポーツマーケティングを行っています。

Huons Groupは、今年1月に2つのドライフード会社(HuonsNatureとHuonsNatural)を統合してHuonsFoodsを立ち上げました。 医療機器関連会社であるHuonsMedicareとHuonsMedicalは、HuonsMeditechに統合されました。 化粧品子会社のHum&Cは吸収され、ガラス容器のメーカーであるHubenaheと合併しました。

ドライフードは典型的なB2Cビジネスであるため、スポーツマーケティングを行っています。 最近テレビの電源を入れたときに「Huons」のロゴがよく表示されるのは、この戦略のためです。 Huons Groupが運営するスポーツチームには、ゴルフチーム、ビリヤードチーム、野球チームがあります。 キウム・ヒーローズの野球チームの選手の肩を見ると、ヒューオンズのパッチが貼られています。

キウム・ヒーローズのイ・ジョンフがポーズをとる。 [사진=휴온스글로벌]

Huons Globalは、次のように述べています。「製薬会社の成否は、最終的には「新薬開発」によって決定され、莫大な研究開発費が必要になります。 同社(aT)によると、昨年の全国の機能性健康食品市場の規模は5.45でした。 4兆ウォンで、過去5年間で20%以上成長しています。

◆今年のプロのマネジメントシステムへの移行…「医薬品、ドライフード、医療機器は3大事業に注力」

Huons Groupは、今年、専門的な管理システムに移行したため、再びターニングポイントに直面しています。 3月、同社は定時株主総会を開催し、ソン・スヨンをHuonsGlobalのCEOに任命した。 グループオーナーとして会社を率いたユン・ソンテ副社長が社長に昇進した。

CEOのソン・スヨンは、ユン・ソンテ会長であり、漢陽大学(学生クラス83)のインダストリアルエンジニアリングの卒業生です。 世界的なコンサルティング会社であるデロイトコンサルティングで働いている間、CEOソンはユン会長に時々助言したことで知られています。 彼は、デロイトコンサルティングジャパンのCEOを務めた最初の韓国人および最初の外国人でした。

Huons GlobalのCEO、Su-youngSong氏。 [사진=휴온스글로벌]

ソン・スヨン最高経営責任者(CEO)は最近、「2025年までにトリリオンクラブに入社する。既存の製薬事業をベースに、ドライフード・医療機器事業で成果を上げる。

以前、株主総会で、「コロナ19に続く第4次産業革命の時代にヒューオンズグループを飛躍させるために、グループ全体で経営革新を実施する予定です」と述べた。 最近、HuonsGlobalの日本子会社「HuonsJapan」が設立されました。 「HuonsJapan」は、Huons Groupの医薬品、医療機器、機能性健康食品の日本への輸出拠点であり、現地での流通・販売を担当しています。 デロイトコンサルティングの日本支社のCEOとしてのソン・スヨンの経験が統合されていると分析されています。

Huons Globalは最近、株主価値を向上させるために個人株主との会議を開催しました。 さらに、2007年以降、すべての決済配当は例外なく支払われています。 昨年の配当利回りは2.17%でした。

Sangsang InSecuritiesの研究者であるHaTae-giは、次のように分析しています。割引係数。

orca@thevaluenews.co.kr

[저작권 ⓒ 더밸류뉴스. 무단 전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です