HLBの子会社であるBadaHeavyIndustriesが、商工エネルギー省主催の「2022年優秀企業研究センター」に選ばれました。










ヘリコプター輸送システムを搭載した船。 写真=バダヘビーインダストリーズ

ヘリコプター輸送システムを搭載した船。 写真=バダヘビーインダストリーズ

[파이낸셜뉴스] HLBの子会社である造船設備専門企業のバダヘビーインダストリーズは、産業通商資源部主催の「2022年優秀企業研究センター開発プロジェクト(ATC +)」の対象に選ばれたことを11日発表した。およびエネルギー(以下、産業通商資源部といいます)。

ATC +は、中小企業に関連する研究機関の研究開発能力の向上を支援および促進するために、商工エネルギー省が監督する全国的な研究開発プロジェクトです。 研究センターは、その成長の可能性と技術を商業化する能力に基づいて選択されます。

今年、政府は商務省、商務省の産業技術研究開発投資戦略の分野のうち、5つの分野の25の分野に対応する45の新しいタスクに合計188億ウォンの予算を立てました。

この研究プロジェクトでは、Bada Heavy Industries&Constructionが韓国造船海洋工学研究所および韓国海事大学の電気電子工学研究チームと共同研究開発を行います。 既存の風力発電タワーブリッジ技術に、各種センサーやサーボモーターを用いた精密位置制御補償技術を追加することで商品化できる改良製品生産技術の開発を計画しています。

バダヘビーインダストリーズは、造船設備製造の分野で小さいながらも強力な会社です。 商船や特殊船に搭載される必需品である救命艇や救命艇が主力製品でしたが、最近では事業の多角化や初期の技術開発により、ヘリコプターによる輸送装置、吊り下げ式ドア、クレーンなどがあります。 工場で設置された物流輸送システムであるMHE機器や、国内外の大手造船所や重工業企業へのギャングウェイ(陸と船をつなぐ通路)など、さまざまな製品を提供しています。

その高い技術力と競争力が認められ、昨年は中小ベンチャー企業省から「グローバルストロングスモールカンパニー」、商工省から「世界一流の製品の生産者」に次々と選ばれました。エネルギー。 Technip、Saipem、日本のJGCなどのグローバル企業が主要な顧客であり、800万ドル以上を輸出しています。

バダヘビーインダストリーズは、2009年に設立されたR&Dセンターですでに10件の内部技術開発と19件の政府開発プロジェクトを完了しており、そのうち2件は評価機関と産業技術計画によって優れた評価タスクとして選ばれました。 今後は、スマートで環境に配慮した技術の開発を通じて、海上セキュリティのリーディングカンパニーとして技術領域を拡大していきます。

バダヘビーインダストリーズのR&Dセンターを担当するチェ・ヨンサム副社長は、「当社は1992年の設立以来、R&Dを通じて高品質の造船設備を提供することにより、国の造船産業の発展に貢献してきました。 。今後も差別化技術の開発を推進し、国内市場を超えて世界一流の造船・オフショアファクトリー企業へと成長していきます。

dschoi@fnnews.com特派員チェ・ドゥソン








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です