GYソウルが日本法人「bihibi」を設立、COSME TOKYO 2023に参加

Kコンテンツ商品を通じて韓国の優秀性を世界に輸出しているGYソウルは23日、グローバル商社になるために日本法人bihibiを設立したと発表した。





ビヒビ日本支社のロゴ

bihibi は GY ソウルの日本企業であり、合計 6 つの韓国の高級化粧品ブランドを所有しています。 韓国の化粧品流通業界を中心に、商品・サービスの企画から製造・販売までを一貫して行っているのが特徴です。

ビヒビは、当初資本金7億ウォン、資本準備金200億ウォンでスタートし、日本での小売経験が豊富な広森達也氏を代表取締役に迎え、2023年に売上高300億ウォンの目標を掲げました。

bihibiは、韓国の化粧品流通業界を中心に、商品・サービスの企画から調達、物流、販売まで、お客様のニーズに合わせたソリューションを提供しています。 bihibiは韓国と日本の豊富なネットワークを活かし、お客様のニーズに合わせて商品企画から製造、販売までを行っています。





COSME TOKYO ブースデザイン(正面)

日本法人設立に伴い、bihibiは2023年1月11日(水)~13日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の化粧品展示会「COSME TOKYO 2023」への出展を決定しました。 COSME TOKYO 2023は、世界中の化粧品が一堂に会する日本最大級の化粧品展示会です。 日本を代表する大手化粧品流通業者や代表的なバラエティショップのさまざまな担当者が来場し、最先端の化粧品について活発に議論します。

今回の展示では、ソウルの現代美をモチーフに、オリーブヤングをはじめ、韓国最大の調剤薬局「Dashu」をはじめ、日本に1,000店舗以上を展開する「ジャビンドソウル」からの独占ライセンス商品を体験できます。韓国のビューティブランド大賞を受賞したスキンケアブランド「CKD」を含む全6ブランド。

ジャーナリスト パク・テジュン koteratv03@kotera.or.kr

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です