FKIのICT企業トップ100に入る韓国企業は2社だけです…競争に遅れをとっています

米国56、中国9、日本8、インド4、台湾3

世界のトップ100のICT(情報通信技術)企業の中で、中国、日本、インド、台湾などの競合他社に遅れをとっている韓国企業は2社だけです。

韓国産業連盟(KFKI)は12日、企業分析データベースであるS&P Capital IQに基づく時価総額で、世界最大のICT企業100社の分析結果を発表しました。

世界のトップ100ICT企業では、Samsung Electronics(9位)とSK Hynix(56位)の2つの韓国企業のみがリストされました。

対照的に、米国には56、中国9、日本8、インド4、台湾3が含まれています。

将来的に上位100社に入る可能性のある次世代プレーヤーの上位200グループに範囲を広げても、韓国企業はネイバーとカカオを含めて5社しかなく、中国(27)や日本(27)よりも大幅に少ない。 17)。 。

全国経済人連合会 "世界のICT企業トップ100に入る韓国企業は2社だけです…競合他社に遅れをとっています"

さらに、半導体産業の時価総額のみに基づいて選択された世界最大の企業100社のうち、韓国はSK Hynix(11位)とSK Square(63位)、中国(41)、米国(31)の2社しかありませんでした。 )および台湾(15)。 )競合他社よりも大幅に低いことが判明しました。

また、SKスクエアはSKハイニックスの親会社である投資会社であるため、実際には1社しか含まれていないとFKIは語った。

さらに、FKIは、「テクニカルハードウェア」に分類されるサムスン電子を含めても、世界の半導体企業トップ100に入る韓国企業は3社に過ぎないと指摘した。

また、韓国企業の売上高に占める研究開発投資の割合は7.4%にとどまり、米国(17.1%)、オランダ(15.4%)、日本(13%)、台湾(9.5%)を下回った。 。

特に日本の場合、研究開発投資の売上高に占める割合は、2019年の3.5%から2年間で13%に上昇していることが確認されています。

FKIは、ジョー・バイデン政権が推進する520億ドル(約67.8兆ウォン)の半導体支援法(CHIPS)が可決されると、米国も半導体産業への投資を増やすと予測している。

全国経済人連合会 "世界のICT企業トップ100に入る韓国企業は2社だけです…競合他社に遅れをとっています"

5つのICT産業サブカテゴリのそれぞれの時価総額で上位100社を見ると、韓国ではすべてのICTコア産業に含まれているのは1社または2社のみであることがわかりました。

世界のICT企業トップ100を業界別にランク付けした後、企業数が最も多い上位5つの業界は次のとおりです。▲半導体(上記)▲コンピュータコンサルティング(5位)など。

その中で、新しいコロナウイルス(コロナ19)感染後、遠隔経済が本格化しているため、韓国は、ICT産業のトップ5に参入したシステムソフトウェア企業のトップ100のうち2つだけを指名しました。:Duzon Bizon(74位)とAhnLab (82位)。

他の国は、米国(34)、中国(32)、イスラエル(6)、日本(5)でした。

FKIの国際本部長であるキム・ボンマン氏は、「韓国はITの大国であるが、世界市場の戦場での速報は異なる結果をもたらす。

バイデン大統領が5月の韓米首脳会談で二国間協力を強調したことから、サイバーセキュリティは有望な分野となるはずです。 したがって、韓国企業が国際的に事業を拡大するには、積極的な投資、制度の改善、支援が必要です。 シーン」と彼は言った。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。