[ET] 「ラーメンだけ食べて走った」…貧困の象徴ラーメンが今や輸出の王様に

次はETコックです。

1986年ソウルアジア大会の1500メートル。

これは韓国の金メダルが出る時です。

[“20m 앞 금메달! 임춘애 골인! 금메달입니다.”]

チュンエです。

17歳の逆転ゲームをさらに劇的にしたのは、「ラーメンだけ食べて走った」という報道だった。

[임춘애/전 육상선수 : “저희 선생님이 신문에 우리 이렇게 힘들게 운동했다고 라면도 먹어 가며 그렇게 말한 게 부풀려졌어요.”]

しかし、ラーメン女子の汚名は、アジア陸上3大会の差し替えで放映された。

[영화 ‘넘버 3’ : “헝그리 정신! 현정화 걔도 라면만 먹고 육상해서 금메달 3개씩이나 따버렸어. 임춘애입니다. 형님.”]

かつては貧困の象徴だった食料は、輸出の原動力となっています。

今年上半期、ラーメンの輸出額は過去最高の 3 億 8,340 万ドル、約 5,000 億ウォンに達しました。

輸出先は中国がトップで、米国、日本、台湾、フィリピン、タイが続く。

韓国のラーメンが国境を越えて世界中の人々の食べ物として認識されている理由は、主にそれがもたらす親密さによるものです.

食べようと思えば誰でも手軽に食べられる食品で、栄養価が低くカロリーが高いと言われていますが、この値段でこれだけ満足できる食品はなかなかありません。

音楽、ドラマ、映画などの韓流ブームも、韓国ラーメンの認知度を高める要因の 1 つです。

特に防弾少年団ジミンが一緒にムクバンを披露した「ブルダック焼きそば」は、全世界で40億枚を売り上げた。

韓国人はそれを「バプシム」と呼んでいますが、バプシムに匹敵する「(ラ)ミョンシム」がありました.

三養ラーメンが最初に発売された1963年は、工業化が始まったばかりでした。

辛くてしょっぱくて適度に脂がのっていてやみつきになるラーメンで、庶民はお腹いっぱい食べてすぐに仕事に戻ってしまいました。

1970年代がラーメンの飛躍だったとすれば、1980年代は韓国のラーメン業界の全盛期と激動の時代でした.

1990年、カップヌードルの黄金時代が幕を開けると、海外への輸出が本格化。

ジャージャーラーメン、ミルクラーメン、コムタンラーメンなど100種類以上の麺が並びます。

安さ、作りやすさ、味の良さ、どれをとってもラーメンは十分勝負できそうです。

現在、年間市場規模は2兆ウォンを超えています。

最近、ラーメン業界では健康が話題になっています。

病みつきイメージを払拭するプレミアムラーメンが続々登場。

ラーメンのカロリーは1袋500kcal前後。

調理中に一度ゆでることで、油分や食品添加物を減らすことができます。

塩分の多いスープは半分にとどめるのがおすすめで、卵や野菜を使った調理で不足する栄養素を補うことができます。

最後に、ラーメンのスープはなるべく食べずに残すのが望ましい。

これまでのETコック。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です