[CSF 2022] 「未来はデザインのない家…住人が空間を編集する」

原ケニアでの基調講演…講演「モビリティの時代-分断され、つながり、別々に集う」

14日、日本デザインセンター代表の原ケニアが「2022都市宇宙フォーラム」(CSF 2022)で基調講演を行う。/写真=記者アン・ユンス・ays77 @

分裂した社会

「別々にそして一緒に」ログインスペースが必要です

エネルギー、医療、コミュニケーション、ロジスティクスなど。

多くの産業の交差点にある「家」

都市の問題を解決するための鍵があります

[e대한경제=오진주 기자] 「私たちは皆が分裂している社会に住んでいます。 それらをつなぐ空間の作り方を考えています。

日本デザインセンターの原研哉代表は、「流動性の時代-分断され、つながり、集まる」という講演を通じて、「別々に、そして一緒に集まる」空間のさまざまな側面を紹介しました。

原CEOは10年間、彼女の哲学を盛り込んだ「HOUSEVISION」展を開催してきました。 House Visionは、原CEOが高度な技術を生活空間に応用することで、人が集まっても新しい空間を創り出すことができる展示プロジェクトです。

House Visionの展示会では、原は有名な企業や建築部門と協力して等身大の家を作りました。 House Visionで紹介されている住宅には、エネルギー、医療技術、通信技術、ロジスティクス、教育などのさまざまな業界が含まれています。 「家は多くの産業の岐路に立っています」と彼は言いました。

この日、原CEOは未来をイメージした「ハウス」を発表しました。

日本の蔦屋書店とのコラボレーションによる「エディターズハウス」は、デザインのない家です。 普通の人が自由に自分の空間を作れるように設計されています。 原CEOは「建築家が運営する都市ではなく、空間を編集する人」と説明した。

中国の北京では、中国の伝統的な住宅の外観を利用した家が展示されました。 家の真ん中に庭を作り、その周りに生活空間を作るという中国の伝統に触発されて、ガラス張りの空間を自由に動かして、自然と壁の境界のない家を作ることができます。

また、都市化が進む中国の都市の特徴を生かし、中国人建築家「李胡」や中国企業「XIAOMI」とパーソナルスペースとコミュニティスペースが共存する家を紹介しました。

今年は、韓国の最先端技術を駆使した農業システムを紹介するスマート農業ソリューション企業「MANNACEA」で革新的な住宅を展示しました。

建築家のミン・ソンジンと一緒にやった仕事は、「メタファームユニット」をテーマにした家です。 このガラスの家は、人々が一種の「温室」に住む空間を持っています。 植物を育てて研究したり、独自のビジネスモデルを作成したりすることもできます。

原CEOは、「地価が異常に上昇している都市で、みんなで集まって産業を始めるのは賢明ではない。

これに加えて、原CEOは、韓国の建築家JoByeong-sooと各フロアの外部に接続された「呼吸ハウス」も紹介しました。

結局のところ、原は、将来の資源は私たちが今住んでいる土地にあると言います。 最近、彼は「FlyingFlying」というプロジェクトに取り組んでいます。 低空飛行プロジェクトは、原CEOが日本の土地を巨大な資源と見なし、彼女の視点から日本を紹介するプロジェクトです。 「都市と各地域をつなぎ、そこに環境をつくる方法を考えている」と語った。

ジャーナリストJinGiOh ohpearl @

〈ⓒ韓国経済日報(www.dnews.co.kr)、無断転載、転載、転載を禁じます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。