Conjin One、コンテンツスタートアップの競争的ピッチング参加者募集…合計1億ウォン










2022年のスタートアップバトルフィールドの募集発表/写真=fnDB

2022年のスタートアップバトルフィールドの募集発表/写真=fnDB

[파이낸셜뉴스] 文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院は、29日までの「2022スタートアップコン」の期間中、国内の優れたコンテンツスタートアップが世界市場で前進するのを支援するために、「バトルフィールド」サバイバルコンテストに参加するスタートアップを募集しています。

Conjinoneの「StartupCon」は、ビジネス情報やコンテンツスタートアップに情報を提供し、投資やネットワーキングのサポートを通じてグローバルなスタートアップ交流の活性化をリードするイベントです。 今年で8周年を迎える今年のイベントは、10月25日と26日に開催され、△カンファレンス△競争ピッチ「バトルフィールド」△展示会や創作・スタートアップの卓越したパフォーマンスなど、スタートアップがグローバル市場に進出するためのさまざまなプログラムが開催されます。 -アップサポートと△ネットワーキング。

コンジンワンは、5月31日、デジタルハリウッド株式会社と3者間取引契約を締結しました。 また、日本で蔦屋書店を運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は、コンテンツのスタートアップを育成するために協力することを約束しています。 このバトルフィールド2022スタートアップ共同事業は、最初の共同プロジェクトです。

「バトルフィールド」サバイバルコンペティティブピッチは、グローバル市場での進出を希望する事業活動から7年以内の国内コンテンツのスタートアップによって適用できます。 今回の「バトルフィールド」では、△予選資料評価、△最終発表評価、△スタートアップコンフィールドファイナルで最終的に3チームが選出されます。

「バトルフィールド」の最終優勝チームは、1億ウォン、△大賞5000万ウォン(1チーム)、△大賞3000万ウォン(1チーム)、△優秀賞2000万ウォン(1チーム)を獲得する。 また、フォローアップのサポートとして、最終賞を受賞した3チームが投資アトラクションレポートを作成し、投資家と会う機会があり、「ランチパッド」を申請すると追加のポイントが付与されます。来年のConjinoneスタートアップのためのグローバルな進歩支援プロジェクト。

今年は、日本のCCCとのビジネス協力の可能性があるチームに追加の「CCC特別賞」が授与されます。 蔦屋書店やデジタルハリウッド大学院など、CCCの日本国内支社見学は、CCC特別賞受賞チームを支援し、1対1の事業協力会議を開催します。

また、ファイナルに出場するチームは、各社の投資誘致(IR)の説明についてコンサルティングサポートを受け、ファイナルに出場するチームには、StartupConオンライン展示ホールに参加できるというメリットがあります。

参加を希望するスタートアップは、午前11時29分までにメールで申し込みフォームを送信できます。

「バトルフィールドは、グローバルな成功の可能性を秘めたコンテンツスタートアップにとって、国内外でその能力を促進する絶好の機会です」と、Conjinoneのエンタープライズタレント開発部門の責任者であるParkKyung-jaは述べています。 今年は、今年のCCCとの商取引契約により拡大したグローバル市場での進出の機会を活用し、コンテンツスタートアップの飛躍を支援します。

yccho@fnnews.comレポーターチョ・ヨンチョル








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。