CJ ENM、第2四半期営業利益556億ウォン…前年比35.2%↓

[아이뉴스24 장가람 기자]CJ ENMは今年第2四半期をリリースしました。

CJ ENMが第2四半期の業績を発表しました。 画像はCJ ENMの収益集計表です。 [사진=CJ ENM]

CJ ENMは4日、今年第2四半期の売上高1兆1900億ウォン、営業利益556億ウォンを記録したと発表した。

コンテンツ競争力の強化とグローバル事業の競争力強化により、売上高は前年同期比 31.3% 増となったが、採算の伸び悩みにより営業利益は 35.2% 減となった。

メディア部門の売上高は前年比58.4%増の7228億ウォン、営業利益は56.0%減の254億ウォン。

テレビ広告は前年同期比 5.9% 増で、「Our Blues」、「Welcome」、「Yumi’s Cells Season 2」などのプレミアムな知的財産権 (IP) の競争力が高まり、チャネルの成長により堅調な成長を維持しました。 . 同期間中、コンテンツの売上高は前年同期比 258.9% 増加し、ティービングの売上高も前年同期比 122.1% 増加し、売上成長を牽引しました。

昨年買収したエンデバー・コンテンツズが制作した「See 3」や「Surfside Girls」などのプレミアムコンテンツの売上が伸び、前四半期比で 93.7% の増収となり、メディア部門の売上成長に貢献した。

CJ ENMは下半期もオンライン動画サービス(OTT)チャンネルやシリーズなどのグローバルコンテンツの販売を引き続き拡大し、「ディグル」、「スタジオワッフル」などのデジタルチャンネルを強化する予定だ。

Teabing は、Paramount+ パートナーシップ、Endeavor コンテンツ作品、オリジナル IP などのコンテンツ ライブラリを強化することで、市場シェアを大幅に拡大するための戦略です。

貿易部門の売上高は3517億ウォン、営業利益は195億ウォン。 今年の上半期は、再開の雰囲気からオフライン消費の集中が強まり、テレビの伝送料金や今後の継続的な成長に向けた投資コストが増加しました。

しかし、同社は「モバイルユーザー(MAU)の数が増加し、同社の自社ブランドのデジタル請求と販売が大幅に増加した」と述べた. 集中する」と語った。

また、自社ブランドの流通チャネルを拡大し、ファッション商材のFWメインシーズンの売上を最大化して売上高の回復を図る。 今後も「Get It Beauty」や「Street Man Fighter」などのエンタメ業界との連携による差別化コンテンツコマースの競争力強化や、「Beautiful Life」などのモバイルコマースライブにおける独自IPの開発を進めていく予定です。

音楽部門の売上高は前年比 41.3% 増の 924 億ウォン、営業利益は 589.4% 増の 148 億ウォンでした。 「INI」セカンドミニアルバム「I」、「INI」セカンド「I」ミニアルバム、「JO1」の「INI」セカンド正規アルバム「KIZUNA」など、邦楽レーベル「ラポーネ」を中心に海外事業を本格始動」がオリコンチャート1位を獲得。 : WORLD PREMIERE」、「イム・ヨンウン」、全国公演「ATEEZ」等でライブ売上が伸び、収益拡大につながった。

今年の下半期には「INI」「M」「TO1」「WHY NOT??」の3rdミニアルバムカムバックアルバム「Kep1er」 日本初シングル「FLY-UP」発売決定。 また、8月の「KCON 2022 LA」、9月の「JO1」、日本初のライブアリーナツアー「KIZUNA」や国内有名アーティストのコンサートなどライブイベントも予定されており、今後も彼の成長が期待される。

映画部門の第2四半期の売上高は256億ウォン、営業損失は41億ウォン。 「The Broker」と「The Decision to Break Up」がカンヌ映画祭で受賞したものの、海外での販売は好調だったものの、国内の興行収入は伸び悩み、営業損失を計上しました。

同社によると、イ・ソクフン監督の「協力2:インターナショナル」は、ミュージカル「キンキーブーツ」、11月の「ブロードウェイ42丁目」、「ムーラン・ルージュ」を皮切りに、9月の秋夕シーズンに公開される予定だ。 」 . アジア初演の前の12月に。 その結果、シネマ部門の収益は下半期に改善すると予想されます。

「CJ ENMは今年上半期、米国を含むグローバル市場でコンテンツの影響力を拡大し続け、音楽事業でも日本人を中心に海外アーティストの事業を強化し、グローバルな事業競争力を確保しました。ラップランド。 事業ポートフォリオを強化することで、収益性の向上に注力していきます」と語った。

/ チャン・ガラム記者(jay@inews24.com)











Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。