Chochongryon、日本の組織再編…「私たちはどこにでも草の根組織を設立します」

[서울=뉴시스] 記者ドンジュンシム=在日本朝鮮人協会(チョンリョン)は、日本での組織を再編・強化し、若い世代に国民意識を浸透させることで、活動の正常化を宣言した。 これは、北朝鮮の利益のために外部組織の役割を効果的に果たしたいという願望のようです。

北朝鮮労働党の公式新聞である労働新聞は30日、5月28日から29日まで在日本朝鮮文化センターで第25回チョンリョン総会が開催されたと発表した。朝鮮中央部の常任議長と、組織の上級副社長兼理事であるパク・グホがこのイベントに出席した。

大会では、朝鮮労働党書記長で国務委員会委員長の金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮指導者からの手紙が読み上げられ、その後、チョンリョン中央委員会の活動である資格審査の報告があった。報告書、財務報告書、提案された規制と予算、およびチョンリョン中央機関の選挙。

チョンリョンチョンリョンはその報告の中で、「第25回チョンリョン総会は、金正恩と先駆者の時代に在日朝鮮運動の本格的な発展に向けて大きな一歩を踏み出すことを宣言する大会である。在日朝鮮人の再生の新時代に」

また、「尊敬される陸軍元帥(金正恩)の指導に従い、我が国とともに前進し、在日本朝鮮人の再生の新時代の到来を告げるために最善を尽くします。私はそれを取り除きます。 。」と彼は言った。

「在日朝鮮運動が本格的に発展したということは、在日本朝鮮本部、支部、支部、組織がギャップなく発展途上にあり、愛国的な人々の仕事のすべての部門が活発に活動し、国に強力な貢献をしていることを意味します。そして人々」と彼は言った。

「第25回プロジェクトの一般的な目的は、チョンリョンの組織的イデオロギー力を強化し、在日朝鮮運動の活性化と更新の新時代の到来を告げることである」と彼は述べた。

まず、チョンリョンは第25回プロジェクト期間中にプロパガンダ教育プロジェクトを強化すると発表した。 パートタイムの研究グループと各レベルの組織やグループ内の支部研究グループを標準化し、緊​​急に再構築する計画が提案されています。

彼はまた、北朝鮮と同胞のコミュニティからのニュースを広めるために定期的に情報と宣伝を送り、北朝鮮の緊急検疫措置が緩和されたら訪問を再開する準備をするだろうと述べた。

チョ・チョンリョン氏はまた、「各レベルの組織の機能と役割をさらに強化し、同胞が住むすべての場所に草の根組織を設立する。 本部常任委員会の機能と役割を強化し、支部を通じて草の根活動を拡大する予定です。

また、「すべての草の根組織が愛国心の輝きを広めることができるように、よく知られていない、または活動が不十分な枝や枝を再建し、活性化するプロジェクトを頑固に追求する」と述べた。

クラスグループの役割も強調されましたが、「同胞や企業の事業活動を真摯に受け止め、確実に発展させていきます」などの内容がありました。 これは、外貨を確保する方法を確立するための動きと解釈できる点です。

同氏はさらに、「同胞を取り戻し、政治的見解、国籍、グループのメンバーシップに関係なく、日本の韓国人と密接に関係する幅広い運動に転換する運動に固執し続ける」と付け加えた。和解、相互扶助、調和の見方。」

彼らは、「私たちは、チョンリョン世代の信頼できる相続人と後継者として、新世代の同胞を育成するために多大な努力をします。

また、「在日コリアンの民族教育を強化・発展させ、民族性を維持するために最善を尽くす」と述べた。

チョンリョン氏は、北朝鮮の代表活動に積極的に取り組むと述べた。

彼らは、次のように述べています。「今日、国際関係は、米国の覇権戦略とその結果としての一方的で不当な党派外交政策により、新しい冷戦構造に変化しました。

「祖国解放80周年を迎える2025年を目指して、国の独立を旗印に南北連帯の連帯を強化し、大幅に高まる海外統一運動の先駆者となる。南北宣言を支持し実現するという国の動き」と述べた。 “彼は言った。

また、「新世代の同胞を積極的に推進することで、国民統一運動を積極的に主導していく」と述べた。

さらに、「国の繁栄と繁栄は、チョンリョンの勝利、在日コリアンの幸福、そして未来の世代の未来に関連している」と述べた。

ホ・ジョンマンは、チョンリョン中央常任委員会の委員長に再選された。 また、大会では金会長への書簡が採択された。 その手紙には、「あらゆる分野の同胞の力を一つにまとめることで、チョンリョンを活性化させる新時代の到来を告げる」などの内容が含まれていました。

会議終了後、第25回中央委員会の第1回会議が開催され、中央常任委員会が設置され、中央監査委員会の委員長と副委員長が選出されました。 メディアの報道によると、写真展、フルミュージックとダンスショー、そして商業パフォーマンス展が続いた。

◎SympathyMediaNews s.won@newsis.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。