BTgene、ミレーアセット証券、IPOオーガナイザー契約











KOSDAQ登録プロセスが始まります…2023年後半にターゲットをリストします

CIビットジーン

CIビットジーン

[파이낸셜뉴스] バイオテクノロジー企業のBTgeneは12日、来年のコスダック上場と本格的なIPOを目指して、未来アセット証券と主な主催者として契約を結ぶことを発表した。

生化学工学のKAIST博士のCEOであるYulHuhによって2002年に設立されたBitigeneは、高麗人参と紅参の有効成分である特定のジンセノサイドサポニンを大量生産して商品化する中央酵素法(ECS)の技術の特許を取得しています。 、商用利用。

この会社は、ジンセノサイド(コンパウンドK、Rg3)に関する臨床データと特許技術を世界で最も多く持っています。 国内外の多くの論文の発表と様々な薬理効果の検証を通じて、現在、機能性原材料、機能性健康食品、化粧品、APIの研究開発と製造および販売を行っています。

毎年約40種類の機能性食品と健康化粧品がODMによって30の顧客に供給されています。 自社ブランドの販売に加えて、ODMの主な顧客はGohonjin、Joint Bogung、Kyowon、J&Koshu、KwangdongPharmaceuticalです。 これらには、健康製品の大手小売業者が含まれます。 機能性食品、化粧品メーカー、有名な製薬会社。

大ジョンとセジョンにある工場には、食品医薬品安全処(以下、食品医薬品安全処)のGMP、HACCP、健康機能食品認定生産施設が設置されています。 海外では、日本の東京と中国の青島に完全子会社を持ち、ベトナムのハノイに営業所を置いています。

Huh CEOは、「IPOが順調に進んでいるため、現在は機能性食品と化粧品に焦点を当てていますが、多くのパイプラインに基づくグローバルなバイオ企業になることを目指しています。これは、

昨年、同社は123億7000万ウォンの売上高を記録し、前年度から64%増加した。 営業利益率は16.7%、純利益率は16.6%でした。 過去4年間の平均年間売上成長率(CAGR)は約48%です。

Btgeneの最高財務責任者(CFO)であるSeungjae Oh氏は、「IPOの実現可能性と市場動向を考慮して、市場関係者とIPOの適切なタイミングを慎重に検討しました。」関連会社の評価。価値を最大化するための対策を実施する。」

食品医薬品安全省の統計によると、人口の高齢化とCOVID-19により免疫と投資コストに対する消費者の関心が高まっているため、国民健康機能性食品市場は今年4.34兆ウォンに達すると予想されています。 世界の市場規模は2025年までに約327兆ウォンに達すると見込まれている。

一方、コスダックに上場している主要な健康機能性食品会社の売上高は、2021年には2018年と比較して平均86.4%の着実な成長を示しています。

dschoi@fnnews.com特派員チェ・ドゥソン








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。