80兆世界の代替肉市場…CJ第一製糖が世界の味を盗む


[더구루=김형수 기자] CJ第一製糖は「ハーブ」事業を将来の主な成長エンジンとし、世界市場で剣を抜いた。 プラントベース食品分野が急速に成長している米国、欧州、日本、および韓国を積極的にターゲットにすることで、全売上の 70% 以上を海外で生み出す計画です。

31日、グローバル市場調査会社のフォーチュン・ビジネス・インサイトによると、世界のビーガン市場は2021年の261億6000万ドル(約34兆4000億ウォン)から2028年には613億5000万ドル(約80兆6800億ウォン)に達する見通しだ。

現在、食肉市場に占める代替食肉市場の割合は1~2%にとどまっていますが、価値ある消費や消費倫理を重視する消費トレンドが広がる中、2030年には28%程度まで増加し、60%を占める見込みです2040 年までに総食肉市場の %。代替肉が引き継ぐと予想されます。

代替肉製品も、大豆や培養肉などの植物性タンパク質に基づくものに多様化する傾向にあります. 韓国では、大豆ミートの試験販売の第一段階を経て、HMRの大量生産などの工業化段階に進んでいます。 国内の代用肉の市場規模は約200億ウォンだが、今後の市場潜在力は明るいと見られている。

その結果、CJ第一製糖は2月にKCell Biosciencesと動物細胞培養培地および培地素材事業に関する業務協約を締結し、急速に発展しています。 K-Cell は、細胞培養培地のローカリゼーションを推進するオーガニック企業です。 今年下半期に釜山工場が完成すれば、アジア太平洋地域で2番目に大きい細胞培養培地の生産能力を持つことになります。

今回のMOUを機に、CJ第一製糖は培養肉生産用培地の開発・供給を担い、KCellは培地生産のサポートを行います。 CJ第一製糖は競技バッジを獲得することができました。 細胞培養培地は、培養肉の生産において最大の割合を占めています。 これは、ビジネスの競争力を確保するための重要な要素と考えられています。

CJ第一製糖も植物性食品事業を本格的に展開しています。 植物性食品産業を将来の成長エンジンとして、2025年までに売上高を2000億ウォンに成長させることを目標としています。

CJ第一製糖は今月、2種類の定食トッカルビ、ハンバーグ、おにぎりを発売し、植物性食品のラインアップを拡大した. 肉に代わる植物性素材TVP(テクスチャード・ベジタブル・プロテイン)を独自の技術で開発し、肉の多いトッカルビに応用しました。

最適化された植物性食品を生産するために、仁川の第2工場に年間1,000トンの生産能力を持つ独自の生産ラインを建設しました。 今後、同社はグローバルおよび国内事業の拡大に基づいて能力拡大を修正する予定です。 植物性食品に対する海外市場の反応も熱いからだ。 発売から半年以内に、輸出国の数は、米国、日本、オーストラリアを含む 20 か国以上にまで拡大しました。

CJ第一製糖の関係者は「2016年から事業の準備を進めてきたが、植物由来の食品技術を持つ企業が将来の産業で重要な役割を果たすと信じており、先駆的かつ拡大することで韓国の食文化のグローバル化を完成させるだろう」と述べた。米国やヨーロッパなどの先進的な海外市場への直接参入です」と彼は言いました。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。