7月26日から29日まで韓国の機械産業に焦点を当てて開催された「2022韓国国際機械博覧会」

▲「2022KoreaInternationalMachinery Expo」は、7月26日(火)から7月29日(金)までの4日間、チャンウォンコンベンションセンター(CECO)とK-Machine MetaverseExhibitionHallでオンラインとオフラインのコンバージェンスとして開催されます。

[기계신문] 慶尚南道昌原市主催、韓国機械工業振興協会主催の「2022年韓国国際機械博覧会」が昌原コンベンションセンター(CECO)とK-Machine MetaverseExhibitionHallで7月26日(火)から7月29日まで開催されます。日曜日(金曜日)まで4日間開催されます。

1997年に慶尚南道で開催された最初の機械工業見本市として始まり、国内製造業の成長と発展をはっきりと示した。 韓国国際機械展(KIMEX)スマート化とデジタルイノベーションにつながるハイエンドの機械工業展示会として新しい歴史を書いています。

今年の「韓国国際機械博覧会」は、157社から332のブースがあり、自動化、ロボット工学、DNA(データ、ネットワーク、AI)、スマートファクトリー、デジタル製造装置、環境に優しい材料/部品を含む7つの専門分野で開催されます。 /機器、およびエネルギー/工場。

主な指数を見て、 株式会社。IMS声優 米国のPMC、スイスのTrimos&Sylvac、英国のWestern Pegasus、日本のTokyo Precision、ドイツのAEHㆍPlanolithは、測定器の販売と製造を専門としています。

▲GGM、小型遊星ギアボックス

小さなAC/DCギヤードモーター会社 GMは この展示会では、グローバルな中小企業に選ばれ、BLDCモーターや摩擦のない回路で動作する小型AC /DCギヤードモーターなど、さまざまなタイプの小型遊星歯車が展示されます。

日本ろ過産業日本ろ過産業韓国の公式販売代理店であるKNTechCo.、Ltd.は、潤滑油を交換せずに新しいオイル条件下で機械設備を操作することにより、プラント全体のコストを削減できる会社です。 工業用オイルろ過システム 『MIRACLE BOY』を出品いたします。

▲株式会社K&Tech、「ミラクルボーイ」工業用オイルろ過装置

シンソンC&Tはグローバルグループです 日本の切断機会社であるTSUNEの韓国代理店として、部品や材料の仕様に応じたさまざまな丸鋸のほか、自動車部品、医療機器、家具の製造に優れたレーザーカッターを紹介しています。

韓国の公式HP3Dプリンター再販業者 Nプラスソリューション株式会社。3Dプリンターの提供、デモンストレーションセンターの運営、3Dプロトタイプの制作の推進を行っており、本展ではHP JetFusion3Dプリンターと各種素材を使用した印刷部品を展示します。

▲SolutionsNPlus、HP JetFusion3Dプリンター

ロボット自動化ソリューションプロバイダー 株式会社。STSロボテック株式会社 CNC工作機械と協調ロボットを組み合わせて生産性を向上させたスタンディングCNCマシンと、協調ロボットを使ったロボットカフェが展示されています。

摩擦圧接のスペシャリスト ユージーンテック さまざまな産業分野に適用される溶接方法の中で革新的な接合技術として認められている摩擦圧接を使用した韓国初のCNC摩擦圧接機が設置され、展示されています。

▲EugeneTech、CNC摩擦溶接機

オフライン展示ホールでは、政府の検疫規制を厳守し、安全を最優先に展示会を開催し、展示ホールを訪れることができない国内外のバイヤーを対象に、メタバースプラットフォームを開催しています。 K-Machineメタバースショールーム同時に動作します。

斗山インフラコアなど330の主要国内機械企業が参加したオンライン展示会。 およびHwacheonMachineryCo.、Ltd. 使いやすさを高めるためにYouTube形式で会社や製品の紹介を提供し、購入者にとって便利な各ブースのURLを提供します。ブースのプロモーションを促進するために運営します。

また、この展示会では、デジタルマニュファクチャリングのイノベーション提案を発表する会議やスマートファクトリーの構築に関する情報、輸出ビデオ講義、技術セミナー機など、さまざまな追加イベントが同時に開催されます。

▲「2022年韓国国際機械博覧会」では、デジタルマニュファクチャリングイノベーションの提案やスマートファクトリーの設立に関する情報、輸出ビデオ講義、機械技術に関するセミナーなど、さまざまな追加イベントが同時に開催されます。

コネクテッドマシンカンファレンス2022「機械工業におけるコスト削減と生産性向上のためのスマートプラント予知保全」と「スマート機械工業はDNA(データ、ネットワーク、IA)で革新する」というトピックの下で情報を共有し、製造サイトを使用するための戦略を提示します。 。

参加企業の海外新規顧客獲得のため、インド、日本、アラブ首長国連邦、KOTRAなど17社のサプライヤー登録マネージャーと協力し、ロシア、中国、ベトナムなど16社からバイヤーを募集し、オンラインショッピング相談を行っています。

また、プリント基板モジュールやパッケージ、3Dスキャナーの環境にやさしい洗浄など、参加企業の新製品や新技術を紹介しています。 機械技術セミナー新製品発表会わお ビジターギフト会期中は様々なアトラクションを提供するために開催されます。

機械ニュース、機械産業ニュースチャンネル

Oh Sang-mi、スタッフレポーターosm@mtnews.net

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。