6G規格をめぐる熾烈な占有競争…「国家競争力のために協力しなければならない」

[뉴스토마토 홍연 기자] 通信技術だけでなく、産業全体の競争力に影響を与えるコア技術として 6G が台頭する中、標準化をめぐる競争は激化しています。 その中で、6Gの商用化が10年以内に予定されていることから、産学官連携による国家競争力の確保が重要であるとの意見がありました。

韓国情報通信技術協会は10日、5G-Advancedと6G標準化に関するオンラインワークショップを開催し、国際電気通信連合(ITU)が推進する6Gビジョンの具現化の進捗状況と3GPPでの5G-Advanced標準化の主要課題を確認した。 サムスン電子の同僚であるイ・ジュホ氏は、同日の基調講演で、「各国が競争しているため、通信インフラだけでなく、国家レベルで6Gが将来のドライバーとして認識される傾向にある」と述べた。リーダーシップ。”

この男は、アメリカの場合、5Gで主導権を失ったという社内の声もあるので、6Gで主導権を取り戻したいという思いを強く表明しているとのこと。 米国電気通信工業会 (ATIS) は、ネクスト G アライアンスの創設と並行して、全米科学財団 (NSF) が主導する 6G 研究プログラムである RINGS も創設しました。 中国も6Gに特化した政府主導の組織を立ち上げ、欧州連合(EU)は6Gの研究開発グループ「Hexa-X」を立ち上げ、今年12月にHorizo​​n Europeプロジェクトを立ち上げた。 日本では、日本電信電話 (NTT) が、昨年 1 月にソニーおよびインテルと提携して IOWN グローバル フォーラムを設立しました。

Leeフェローは「6Gの技術開発は地政学的な理由で分断されているように見えるが、我々のような製品を輸出する環境にある企業にとって、統一された国際規格への方向性は重要だ」と述べた。 「2030年には6Gの商用化が期待されていますが、学会や産業界が協力して国際標準を確保する必要があります」と強調しました。 また、6G周波数に関連する技術動向に言及し、新たな6G周波数を確保するためには、ITUがこれまで検討していなかったIMTバンドを分析する必要があると述べました。

セッション 2 6G Technology Trends and Prospects では、高麗大学の Oh Seong-joon 教授が ITU の将来の技術動向に言及し、将来の 6G 技術に関するトレンド レポートで見るべきいくつかの良い点を共有しました。 韓国は、将来の 6G 技術動向を研究するワーキング グループの共同議長を務めており、国の 6G 研究開発戦略と産業界、大学、研究機関からの新技術に対する需要を反映したレポートを作成しています。

各国は、来年のITU世界無線通信会議(WRC)で、6Gで使用する周波数の望ましい範囲を提案するなど、使用範囲に関する詳細な議論の準備を進めています。 業界ではテラヘルツ(㎔)帯がXRなどの専門サービスに使われると予測しており、6Gではローバンド、ミッドバンド、ハイバンドの3つのグループに周波数が分かれている。

サムスン電子のイ・ヒョンジュン取締役は、「事実は、異なる周波数帯域が均等かつ調和的に使用されなければならない。

モバイル通信規格の世界的な共同組織である 3GPP は、8 月中旬から 5G Advanced Standard Definition であるバージョン 18 の公布作業を開始します。 2028年に6Gの規格であるバージョン21が公布され、2030年に商用化が予定されています。

基調講演を行うサムスン電子フェローのイ・ジュホ氏。 (写真=TTAオンラインワークショップのスクリーンショット)

ジャーナリスト ホンヨン hongyeon1224@etomato.com

ⓒ おいしいニューストマト 無断転載・再配布禁止


Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。