4年間何をしてきましたか? チュニジアで壊滅的な敗北を喫した日本サッカーへの批判

自宅でチュニジアに殴られてから20年…吉田の「穴」の地図

「残念な結果だったが、選手たちはうまくいった。

「」
日本代表の森保一監督は、2022年のチュニジアとチュニジアのキリンカップ親善試合が14日に決勝戦を終えた後、記者団に語った。

森保一監督は、「選手たちが辛抱強く戦ってくれたことに感謝している」「選手の指名も担当している」と派手に語った。

しかし、大雨が降るスタジアム付近の曇りのように、試合中、守谷の表情は固まった。

その日、日本は彼らの故郷である大阪のパナソニックスタジアムでチュニジアに3-0で敗れた。

彼は、「ブラジル戦、そして今回のチュニジア戦での敗北は、チームの全体的なレベルを向上させるための良い経験だった」と語った。

6日、日本も世界1位のブラジルに1-0で敗れた。

しかし、日本のメディアやサッカーファンは、森保一監督がどういうわけか敗北を受け入れようとしていると批判した。

日本のサッカーアウトレットSoccerDigestによると、ソーシャルメディアでの日本のファンの反応は良くありません。

あるサッカーファンは「森保一の4年間の統治の間に何をしましたか?」と皮肉を込めて言った。「森保さん、そんなパフォーマンスでバンドのフェーズを通過する方法を教えてください」。

特に、ファンやマスコミは、日本代表のキャプテンである吉田麻也(サンプドリア)と彼の「スピリチュアルサポート」に激しい火をつけた。

日本のチュニジアに対する3つのポイントは、すべて吉田のミスによるものでした。

後半10分、吉田はペナルティエリアを一人で越えたベシル・ベン・サイードに不当なバックタックルを試み、ペナルティを認めた。

後半31分、ペナルティエリアでボールをうまく扱えなかったためにボールが奪われ、ゴールにつながった。

延長戦の後半でも、途中で躊躇し、ボールを没収し、コーナーゴールの手がかりを与えた。

最初のゴールを認めた後、吉田は地面に横になり、長い間顔を覆い、長い間起き上がれなかった。

強い精神力と腕前で多くの幹部やファン、同僚から称賛されたものの、3ゴール目で殴られて狂ったように一点を凝視したシーンが映し出された。

"4年間何をしてきましたか?"…チュニジアに壊滅的な打撃を与えた日本のサッカーへの批判

日本のスポーツ新聞SportsHochiによると、元代表選手の北澤豪は「絶対に犯してはならない間違いがあった」と指摘した。

別のアウトレットであるフットボールチャンネルは、「吉田はカタール2022ワールドカップで競争力を発揮するだろうか」というタイトルの記事でそれを「穴」と呼んだ。

特に、吉田は試合中に集中力がなく、ギャップを見せているようだと指摘し、ワールドカップの決勝進出者とのパフォーマンスに疑問を呈した。

あるファンは「吉田を真剣に許せない」とソーシャルメディアに腹を立てた。

試合後、吉田氏は記者団に対し、「スライディングタックル(ペナルティの原因となる)をするべきではなかった」と語った。

偶然にも、チュニジアはちょうど20年前の2002年6月14日の日韓ワールドカップで2-0で敗れた日本の対戦相手でした。

日本は、ワールドカップグループステージの最終戦で森島寛晃と中田英寿の連続ゴールでチュニジアを破り、16ラウンドでの順位を確認しました。

"4年間何をしてきましたか?"…チュニジアで壊滅的な敗北を喫した日本のサッカーへの批判

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。