30年以上給料が上がらないのはなぜ? チョン・ヨンヒョ氏の日本産業分析、日本政府が緊急事態に

子供の子供は孫です。 孫の子はひ孫、ひ孫です。 では、9 世代目の子孫を何と呼びますか? 八代目の子孫は雲孫。 雲孫の子、つまり第9世代の子孫を、雲孫の子と呼びます。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

婚姻年齢が上がり、ひ孫はおろか、孫もほとんど見なくなった韓国では、私の息子、ゴンソン、ウンソンなどの表現はほとんど使われませんが、日本ではまだ使われています。 韓国で「一・二・三」と記された請負業者は、日本では「ひ孫請負・高子請負」と呼ばれる。

私が9代目の子孫が何と呼ばれているかを知ったのは、「ウンソンの下請けの子」、つまり9代目下請けが実在したからです。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

日本政府は、この夏、コロナ19で被害を受けた中小企業に最大200万円を支払う「持続化給付金事業」という支援制度を立ち上げました。 ここで9回目までの下請けが行われていたことが発覚。 事業承継の際、広告会社、IT会社、派遣会社など9件の委託先があることが判明した。

アウトソーシング改革は、日本の岸田文夫首相の重要な経済政策である新資本主義に盛り込まれました。 しかし、下請け改革が盛り込まれたのは賃金を上げるためであり、元請と下請けの不合理を解消して経済的正義を実現するためではなかった。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

下請構造が長くなればなるほど、限界下請け業者の利益は低くなります。 国土交通省によると、2016年以降、労働者の賃金を引き上げた建設会社の割合は、大手請負業者で52%でした。 対照的に、Tier 2 請負業者の 49% と Tier 3 請負業者の 32% です。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

日本には360万の企業があります。 このうち、99.7% が中小企業 (SME) です。 岸田内閣の試算では、9次下請けが存在する下請け構造を最小化した場合にのみ賃金が上がるという。 岸田内閣は、30年間勤めてきた日本人労働者の賃金を上げようと躍起になっており、改革請負までもが賃上げ手段として利用されている。

日本の資産市場の影②で考察したように、日本経済が失われた30年にわたって長期停滞した根本原因は、人口減少、所得の伸び悩み、消費の伸び悩みによる慢性的なデフレに陥ったことにある。 また、所得を増やして消費を増やすことで、失われた30年を終わらせることができるということでもあります。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

日本人の給料が上がらない理由を説明しました。 最近では、共働き世帯が増加しているという統計も発表されており、1世帯あたりの収入は増えているものの、自由に使える可処分所得の額は20年前と比べて減少している年。 日本経済新聞が4日付で、経済協力開発機構(OECD)の統計や総務省の家計調査などを基に報じた。

2021年の日本の平均月収は52万円(約504万ウォン)で、5年前より10万円増えた。 これは、2018年に5万円だった配偶者(妻)の収入が、昨年は9万円に増えたおかげです。 これだけ収入が増えても、税金や社会保障費を差し引いた実際の収入は42万円で、2000年から4千円減った。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

実際、2000年に8万5000円だった税金や社会保険料の負担は、昨年は3割増の11万円となった。 実際、日本の社会保障費は、高齢化が加速した2012年頃から急増しています。 可処分所得の減少は、若い世代でより大きくなっています。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

所得の上昇どころか、インフレを反映した賃金を意味する実質賃金は、今年7カ月連続でマイナスとなっている。 だからこそ、日本人は政府への不満を表明しており、岸田内閣の支持率は連日過去最高となっている。

同時に日本経済の活力や魅力が低下する中、日本の資産市場にも認識の変化が起きています。 日本のアセットマーケットのゴーストシリーズで賃金の引き上げで議論された「富の流出」と「富の高齢化」は、日本経済を長期不況から脱却させるだけでなく、力を維持し、保護するためにも、達成しなければならない緊急の課題となっています。資産市場。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

日本の国内総生産(GDP)は、コロナが蔓延する直前の2019年の水準を超えることができませんでした。 これは、岸田首相が前任者である安倍晋三首相からほぼ同じ規模の内閣のパイを引き継いだことを意味します。 長期不況にある日本経済のパイが急激に増えることは期待しにくい。

それにもかかわらず、岸田首相は、消費を刺激するために、日本人の資産の収入を倍増させるという目標を自ら設定しました。 目標を達成するには、同じサイズのパイで国全体のシェアを 2 倍にする必要があります。

この相反する課題を解決するため、岸田政権が推進している政策が昇給、「富の若返り」、「富の移転」である。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

賃金を上げることは、収入を増やすための最も確実な方法です。 まず、彼はムードを捉えることができたようです。 1日、日本最大の労組である連合は、来年の春季賃金交渉の目標を「5%(beaは3%、定期昇給は2%)」と概説した. 3-4% が提案されています。 5~6%の昇給要求は1995年以来28年ぶり。

日本最大の経済団体である経団連の戸倉正和会長も最近の記者会見で、会員企業に対し「インフレ率を下回らない水準まで賃金を引き上げる」よう呼びかけた。 日本の物価上昇率が最近 3% を超えたため、労働者、経営者、政府は声を合わせて賃上げを求めています。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

しかし、この熱い賃上げが実際に実現するかどうかは不明です。 賃上げに命を賭けたのは岸田政権だけではない。 賃金が上がらない場合、日本は政府が労働組合と協力して大企業の賃金を可能な限り引き上げるよう要求してきた。

官庁が合同で春の闘いを開催したことから、「関済春の闘い」という名前が付けられました。 2014年、日本の安倍晋三元首相の政府が経済界に積極的な昇給を要求したときに始まりました。 安倍内閣以来、日本政府は3%以上の賃上げを求めてきた。

"30年以上給料が上がらないのはなぜ?" 怒り…慌てる日本政府 [정영효의 일본산업 분석]

しかし、過去10年間で最も昇給率が高かった年は2015年比2.38%にとどまった。だからこそ岸田商事は、外注改革までもが収益政策に盛り込むほど、1ペニーの賃上げにも必死なのだ。 .

高度経済成長の時代が終わった1974年、大企業の賃金上昇率は32.9%に達した。 父親の世代と子供の世代の日本は、このように全く違う国になってしまいました。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です