20年連続NAND首位のサムスン電子、次世代メモリソリューションを多数投入

「Flash Memory Summit」で披露された、ペタバイト級のストレージ、20倍速のSSD技術
2002年以来世界No.1…今年第1四半期の市場シェア35.5%で1位を維持

2002 年から 20 年連続で NAND フラッシュで世界第 1 位の座を維持しているサムスン電子は、多くの次世代 NAND フラッシュ技術を導入しています。

サムスン電子 メモリ事業部 ソリューション開発部 副社長 チェ・ジンヒョクが世界最大規模のフラッシュメモリカンファレンス「Summit of Flash Memory 2022」で「ビッグデータ時代のメモリ革新」をテーマに講演米国カリフォルニア州サンタクララ コンベンション センターで 2 日 (現地時間) に開催。

崔副社長は、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネットなどの技術発展による最近のデータの爆発的な増加に対応して、サムスン電子が開発した次世代メモリソリューションを紹介した。

まず、Samsung Electronics はグローバル企業と協力して大容量 SSD (Solid State Drives/Auxiliary Storage) を開発しており、これにより、ストレージを大幅に増加させる “ペタバイト” ストレージ システム (1,000,000 億バイト) を実装することができます。 能力。 と説明した

ペタバイトストレージは、最小限のサーバー台数で大容量のデータを処理でき、サーバーを効率的に運用することで消費電力を最小限に抑えることができるというメリットがあります。

Samsung Electronics は、次世代の「Compute Express Link (CXL)」メモリ インターフェイスを適用する「メモリ セマンティック SSD」技術も開発していると述べました。

CXLインターフェースを備えたセマンティックインメモリSSDは、人工知能と機械学習の分野で一般的なSSDに比べてランダム読み取り速度と応答速度を最大20倍向上させることができるとサムスン電子は指摘した。

また、サムスン電子は、業界で初めて開発された次世代メモリ半導体規格「UFS 4.0」メモリを今月から量産する計画を発表した。

サムスン電子のUFS 4.0メモリは、高解像度コンテンツや大容量モバイルゲームなど、高速・大容量処理が要求されるフラッグシップスマートフォンに初めて適用され、モバイル、仮想などの主流デバイスへの適用が期待される現実(VR)と拡張現実(AR)の未来。 .

崔副社長は、「データの爆発的な増加は、メモリ業界にとって大きな課題です。 我々がリードするだろう」と彼は言った。

サムスン電子は、2002 年に NAND フラッシュ市場で 1 位にランクされ、昨年まで 20 年連続でグローバル市場で 1 位の地位を維持しました。

グローバル市場調査会社オムディアによると、今年第1四半期のサムスン電子のNANDフラッシュ売上高は63億3400万ドル(約8兆3100億ウォン)で、シェアは35.5%で、前四半期より2.3ポイント上昇した。 と一緒に置く

日本の半導体企業キオクシア(19.0%)が2位、3位はSKハイニックス(18.1%)だった。

/ユンハプニュース

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。