20万回折り曲げ可能な光学フィルム











ディスプレイ サポートの位置を示す緑色のライト

韓国の研究チームが、20万回以上折り曲げてもシワにならない光学スクリーンフィルムを開発しました。

この技術は、日本三大輸出規制品目の一つである「フッ素化ポリイミド」を国産化したもので、折りたたみ式スマートフォンだけでなく、タブレットPCやノートパソコンなどへの普及が期待されています。

14日、韓国産業技術研究院生態融合材料研究部のホン・ソンウ博士のチームによると、今回開発されたフッ素系ポリイミド光学フィルムは、曲げ信頼性を備えた高強度の透明フレキシブル光学フィルムである既存のガラスベースの材料の光学特性を保持しながら。

一般に、スクリーンを折り畳むと、内側に圧縮力が発生し、外側から引っ張り力が発生する。 このため、画面の折り畳みと展開を繰り返すと、表面にヒビや割れ、シワが入る場合があります。 この問題を解決できる代表的な新しい光学材料の1つが、プラスチックをベースとした「フレキシブル光学フィルム」です。

研究チームは、一方の特性が改善されると、もう一方の特性が相対的に低下するという「トレードオフ」現象を克服することに焦点を当てました。 最初に、かさ高いフルオロカーボンをポリイミドに導入して、しっかりと結合したポリイミド鎖間の距離を縮めました。 これにより、光透過率をさらに高めることができた。 また、ポリイミド鎖間の水素結合や金属イオン結合の確率を高めることで、ポリイミド鎖間の距離を縮めた際の弾性低下の問題を解決しました。

このように電荷移動錯体(CTC)の構造を制御することで、研究チームはフッ素系ポリイミド光学フィルムの弾力性と光透過性能を高めました。

ホン博士は「フッ素系ポリイミドに注目したのは、次世代ディスプレイ開発のベース材料であり、国産化が急がれている材料だからです。」と語った。

本研究成果は、材料分野の国際学術誌「Advanced Functional Materials」に掲載され、5月には同誌の表紙に選ばれました。

monarch@fnnews.com キム・マンギ記者








Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。