10年のアベノミクスに終止符…円安 龍仁首相の開会の辞変更のお知らせ

8日午前11時30分、日本の安倍晋三元首相の暗殺と危篤のニュースが発表されると、東京の金融センターは即座に反応した。 1.5%以上上昇した日経225指数は、急上昇トレンドをやめ、力強く取引を終えた。


対照的に、円は 1 ドル 136 円から 1 ドル 135.30 円に下落しました。 みずほ証券の上野康成チーフエコノミストは「安倍元首相は円高や株価上昇を主導した人物だ」と分析。

金融市場の専門家は、安倍前首相の死去に対する市場の敏感な反応は、日本の金融政策の変化を告げるものであると解釈した。 それはまた、日本市場における安倍首相の存在感が非常に大きいことを意味します。

2012 年 12 月の就任直後、安倍前首相は日本銀行と政策協定に署名し、金融・財政政策に大きく介入した。 大規模な金融緩和と積極的な財政拡大政策に代表される「アベノミクス」の幕開けでした。

日経平均株価は安倍政権下で10,395から23,656に上昇。 230%の増加は、全首相の中で 3 番目に高い。 失業率は 4.3% から 2.2% に低下しました。 これが、アベノミクスが 20 年にわたる不況に苦しんでいた日本経済の再生に貢献したと評価されている理由です。 後任の菅義偉、岸田文雄も安倍前首相の財政政策を引き継いだ。

しかし、多くの分析は、日本経済がアベノミクスの影響に苦しんでいることを示しています。 金融緩和や財政拡大政策の行き過ぎが、経済のファンダメンタルズを弱めていると指摘されている。

日本の国家債務の対 GDP 比率は 256% で、G7 諸国の中で最も高い。 黒田東彦日銀総裁就任直前の2013年3月末、日銀の国債保有率は13%から先月末には50%を超えた。 24年ぶりの安値を付けた円安は輸入物価を押し上げ、中小企業や経済に打撃を与えている。

ただ、黒田総裁は「大規模な金融緩和政策は着実に継続する」との見解を繰り返している。 安倍前首相と同じ立場で、国債の多寡に関わらず大規模な金融緩和は続けなければならないと言っている。

安倍前首相の死去は、来年4月に任期が終了する黒田氏の後継者の任命に影響を与える可能性が高いと、日本経済新聞は分析している。 自民党最大派閥の安倍派の議員の多くは、デフレ脱却のために赤字を出しても大規模な金融緩和を進めるべきだと主張している。 一方、岸田首相は財政赤字の削減を主張する財政派が強い。 岸田首相の影響力が強まれば、金融緩和政策の一部を修正するために日銀総裁が誕生する可能性もあると分析されている。

10年近く続いた日本の大規模な金融緩和政策が見直されれば、円安は止まり、株式市場は変化すると専門家は予測している。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。