012 4試合で敗戦…今の韓国は日本以上のサッカーができない

U-16からAチームまで、日本との対戦は毎回0-3で負けている。
一歩一歩、私はゼロから構築された日本のすべての地域にプッシュされました.

2022年のカタールでのワールドカップを前に、韓国の男子サッカーチームは、「敵」である日本に対して4試合連続で負けたため、最悪の危機に直面しました.

「アジアサッカーのリーダー」としてのプライドも地に落ちた。

パウロ・ベント監督が率いる韓国男子サッカーチームは、27日に終了した2022年東アジアサッカー連盟(EAFF)のE-1選手権(EAFカップ.東アジア)で日本に0-3で敗れた。

引き分けでも優勝が確定した試合では、日本との無力な試合をこなし、崩れ落ちた。

韓国は枠内シュートを 1 発しか記録しなかった。

Aチームだけでなく、全年齢層の代表チームに関して言えば、対日本戦で4連敗ということで、より衝撃的だ。

連敗はベンチュから始まった。

ベントゥーホは昨年3月に横浜で行われたアウェイ評価戦で0-3で敗れた。

「横浜大惨事」と呼ばれるほど一方的に負けた。

ベントの批判が高まり、世論が非常に強かったため、大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長が謝罪した。

しかし、それで終わりではありませんでした。

韓日の敗戦のニュースは、他の年齢層にも波及した。

U-16(16歳以下)代表は昨年6月、日本で行われた親善試合で日本と対戦し、0-3で敗れた。

4試合で「0-12」を破る...今、韓国は日本より良いサッカーをすることはできません

ファン・ソンホン監督が率いるU-23代表チームも悪名高いままだった。

6月に行われたAFC U-23アジアカップの準々決勝で日本に0-3で敗れた。

悪い流れを止めたはずの「お兄ちゃん」ベントゥーホが4連敗を追加。

年代別の日本戦4試合連続0-3で敗れた。

すべての試合は一方的なものでした。

過去にチームAが日本に2連敗したことは何度かあるが、年代別で大差で負けた例はなかなかない。

日本サッカーが韓国サッカーを追い抜いたことを認めざるを得ない結果だ。

Aチーム同士の試合では、韓国が日本を相手に好成績を収めた。

2000年代以降、両チームの戦績は6勝7分け6敗。

4試合で「0-12」を破る...今、韓国は日本より良いサッカーをすることはできません

しかし、韓国は幼い頃から劣勢だった。

多くのサッカー選手はこれについて懸念を表明し、「最近、若い子供たちが日本でしか会わないとき、彼らはしばしば負けます.

1990年代、日本サッカーは「100年構想」という壮大な目標を掲げ、サッカーの日常とその裾野の拡大を踏まえ、世界の頂点に立つことを目標に掲げました。

韓国を含む多くの国のサッカー選手はそれを非現実的であると嘲笑していますが、日本はゆっくりとこの計画を実行しています。

その結果、韓国サッカーと日本サッカーは「量」において明らかな差を見せている。

大韓サッカー協会(KFA)の今年の登録選手数はクラブ員とフットサル選手を合わせて9万7991人だが、日本サッカー協会(JFA)の登録選手数は81万8000人で9倍だ。

また、エリートサッカーの根幹であるプロチームの数にも大きな差があります。

Jリーグは3部まで58チームが運営されているのに対し、Kリーグは2部まで23チームしかない。

4試合で「0-12」を破る...今、韓国は日本より良いサッカーをすることはできません

業界的に見ると、JリーグとKリーグの差は広がっています。

リーグの魅力と価値を測る最良の尺度はテレビ放映権です。

Jリーグは2017年、英国のスポーツメディア企業Perform Groupと10年間のジャックポット契約を結び、2000億円(約2兆ウォン)を受け取った。

放映権だけで毎年2000億ウォンを稼いでいる。

一方、Kリーグの昨年の放映権収入は112億ウォンで、20分の1にすぎない。

「量」のギャップが積み重なり、やがて「質」のギャップが生まれる。

韓国と日本は代表選手のみを東アジアカップに派遣した。

当然、韓国を破ったKリーグ1とJ1リーグのネイティブエース同士の対決だった。

4試合で「0-12」を破る...今、韓国は日本より良いサッカーをすることはできません

ハン・ジュニサッカー解説者は、「プロチーム数、若手選手登録数など、さまざまな面で明らかになった韓国と日本のサッカーの累積格差が、今回の4連敗で明らかになった。で、韓国がサッカーの全体的なレベルで日本を恋しく思うのは事実です.

パク・ムンソンコメンテーターも「今回の韓日戦はベントゥホだけでなく『韓国サッカー』だ。

パク・コメンテーターは「今、サッカー協会は対応しなければならない。

「危機を察知し、何が問題なのかを判断し、具体的な行動を取らなければなりません」と彼は言いました。

/ユンハプニュース

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。