📈物価、10月がピークって本当?

📈物価、10月がピークって本当?

10月サミット? : 急騰した物価が秋に向けて下落する見通しが強まっている昨今。 先月の消費者物価は6%上昇し、23年ぶりの高値となった。 それにもかかわらず、政府と韓国銀行は、今年の10月頃にインフレがピークに達すると予想しています(🔗)関連記事)。

今年の秋夕は早い? : 「十月峰説」の確固たる土台は初秋夕。 一般的に、秋夕シーズン前に価格が上昇し、その後 10 ~ 20% 下落します。 今年は例年より早い9月10日から秋夕連休が始まります。 そのため、物価安定期は10月頃になるとのスタンスです。 政府はまた、牛肉や鶏肉などの基本的な必需品に対する輸入関税の免除の効果を期待しています。 もう 1 つの要因は、最近のコモディティ価格の回復です。

本当ですか? : しかし、1300ウォン台を超える高水準の為替レートと、予想される公共料金の上昇が障害となっている。 10 月のインフレ理論はどの程度有効か?

🇯🇵🌆 なぜ日本の不動産は単独で好調なのか?

単独で急成長する日本の不動産: 先週、私は次の問題を提示しました (🔗関連記事)。 ただ、日本の不動産だけが異例の「好景気」を享受しているという記事がありました(🔗)関連記事)。 実際、日本の住宅価格指数は 8 か月で 7% 上昇して 1 年間で最高水準に達し、渋谷や港などの東京の主要地区の 1 平方メートルあたりの賃料は今年だけで 5%.% 上昇し、上昇傾向が続いています。 これは、日本政府のゼロ金利政策による豊富な流動性によるものと考えられます。

外国からの投資も次のように流入しています。 急激な円安で、外国資本も日本の主要都市の不動産を購入するために流入している。 今年の日本の不動産に対する外国人投資は、1兆円(11兆ウォン)に達するとさえ予想されている。 REIT(不動産投資信託)も同様です。 REITは、低金利環境で高配当を狙う不動産投資商品です。 しかし、日本は例外です。 ブルームバーグ ニュースによると、今年、合計 1.5 兆ウォンが日本の REIT に流入しました。 (同時期の米国の純流出額は約5兆ウォン。)

🏗 今回は可能ですか? 「檀君以来最大のプロジェクト」

歴代政権の課題だった龍山の発展: 龍山地域 51万人㎡ かなり多いです。 この場所は龍山メンテナンスセンターと呼ばれています。 広いだけでなく、イエローサイトに位置するため、各政府の龍山メンテナンスウィンドウをどのように開発するかが話題になりました。 2006 年、当時の政府はこの地域を国際的なビジネス地区に発展させようとしました。 「檀君以来最大のプロジェクト」とも呼ばれた。 しかし、世界的な景気後退により中止されました。

龍山メンテナンス、「グローバルビジネスハブ」? : 文在寅(ムン・ジェイン)政権時代は住宅供給が中心だった。 私は10,000の家に供給するつもりでした。 政府が変わり、大統領府が龍山に移されると、状況は再び変わり始めた。 最近、政府は龍山地域を「世界貿易センター」にする計画だ。 文政権とは異なり、住宅の割合を3割に減らし、商業・営業機能を強化(🔗)関連記事)。


Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。