[특허동향] 自動運転車の時代を先取りする「ADAS」の特許出願↑:Patent News




ヒュンダイベンツホンダなど特定の自動車メーカーを中心に条件付き自動運転が可能なレベル 3 自動運転車の商品化が進んでいます運転状況に応じてドライバーをサポートする先進運転支援システム(ADAS、先進運転支援システム) テクノロジーが登場

先進運転支援システムレーダーLIDARなどの検知装置で運転状況を認識し、ドライバーに危険な状況を自動的に警告します。これは、速度制御などの特定の運転機能を自動化する技術です。前方車両までの距離を自動調整するアダプティブクルーズコントロール(ACC、アダプティブクルーズコントロール)、 自分で駐車する自動駐車支援システム(SPAS、インテリジェントパーキングアシストシステム)、 車両が車線から逸脱した場合にドライバーに警告する車線逸脱警報システム(LDW、車線逸脱警報) 等実践されている

特許庁によると韓国アメリカ日本中国ヨーロッパで登録された先進運転支援システム(ADAS) 関連する特許は ’132,000年間平均約 20%増加 ’19今年の間に 6,000に達する

国別、中国(30.7%)、 アメリカ(27.6%)、 日本(20.8%)、 韓国(10.6%)、 ヨーロッパ(10.3%) 特許が出願されています申請者の国籍別、日本 38.4%最も忙しい中国(16.5%)、 ヨーロッパ(15.9%)、 韓国(14.9%)、 アメリカ(11.8%) 注文

会社のアプリケーションを表示するトヨタヒュンダイホンダ日産の順で、日本と韓国の自動車メーカーが最も多くのアプリケーションを持っていました。ボッシュデンソーマンド日立などの自動車部品メーカーが足跡をたどっています。

弊社の場合、自動車メーカー以外 lg、 サムスンなどの電子企業からの要望が増えています。特にStradvisionThinkwareなどの中小企業の特許出願も定期的に行われています。

米国登録特許に基づく特許競争力レビュー米国では、特許権者の登録特許が後続の特許によって引用される平均回数 テクノロジーインパクトインデックスは高く、完全自動運転車の開発技術をリードしています。日本は、特許権者が出願した特許の数と比較した、家族に入る国の数です。 市場獲得指数利便性とセキュリティの向上を通じて、市場の懸念に焦点を当てていると分析されています。

韓国は平均的な市場獲得指数を持っていますが、技術影響指数は比較的低いため、自動運転車の時代に向けて技術を改善するには、より多くの研究と投資が必要です。

特許庁長官、インシル・リー 「ADAS 関連するアプリケーションは、市場の成長とともに上昇し続けると予想されますなので「」タイムリーで正確なレビューを通じて、関連する技術開発を積極的にサポートします言った

その間グローバルコンサルタント会社McKinsey&Companyによると、 広告 市場 ’20130年間数十億ドル 13%育つ ’30430数十億ドルに達すると予想される

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。