[특허동향] 月周回衛星打ち上げ7回目、宇宙技術特許世界7位…世界記録にしても:特許ニュース




▲ 8 月 5 日午前 8 時 8 分 48 秒 (現地時間 8 月 4 日午後 7 時 8 分 48 秒) に米国フロリダ州ケープカナベラル宇宙基地から打ち上げられた月周回衛星「ダヌリ」 (写真提供: Hangzhou Co., ) ) © 特許ニュース

最近、宇宙技術分野の特許競争が激化する中、韓国特許庁は韓国初の月周回機だ。 ダヌリ打ち上げは機会であり、主要国の宇宙産業の特許競争力の詳細な分析.

’90~’2030宇宙技術年(B64G & F02K9) 世界の特許出願の動向によると、終戦(’90~’10) グローバルアプリは平均 2% 増えましたが、最近の世界的な特許出願 (’11~’20)は年平均 13%宇宙技術の特許をめぐる競争は激化しています。.




▲ 宇宙技術(B64G & F02K9)の世界特許出願動向 (出所=韓国特許庁) © Patent News

韓国宇宙技術特許出願件数 セブンお腹

アメリカ中国フランスなどの宇宙技術大国も積極的に特許を取得しています。実際の特許出願数でも 上から 3トップを占める.




▲ 複数出願国における世界の特許出願動向 (出典 = 韓国特許庁) © Patent News

宇宙技術の複数出願国における世界の特許出願動向について、米国 6,226銃で 上に記録されている2上は 4,330中国3上は 3,409フランス4上は 2,669日本製5上は 2,084ロシア6上は 953ドイツによって登録されています。韓国 840銃で セブントップを占める. 参考までに、韓国の宇宙技術の特許出願シェア 4%チェックインした.

韓国が宇宙技術の特許を申請 セブン上にいる間にこのダヌリ打ち上げで月周回機から世界の打ち上げ セブン2番目の国になりました.

韓国の人工衛星打ち上げによる特許の増加傾向大国と比較した特許出願民間企業の関与

韓国 ’09年と ’13ナロホ‘、’21年と ’22のりほ人工衛星の打上げを重ねて技術が蓄積され、特許出願件数も増加しています。年間特許出願件数 70これは大国に比べてまだ不十分です。.




▲韓国出願人の特許出願動向と主な出来事(出所=韓国特許庁) © Patent News

’90~’20宇宙技術の特許出願の世界的な動向によると航空宇宙研究所 476一方、民間企業は 89航空宇宙研究所の特許はほとんどが特許であり、民間企業の特許はほとんどありません。. アメリカやフランスなど宇宙技術の先進国はボーイングエアバスなどの民間企業が技術開発や特許出願を主導しているため、今後、韓国の民間企業が積極的に特許を取得することが急務です。.

本物’90~’20宇宙技術分野の民間企業の特許出願の世界ランキングを見ても、 フランスのエアバス 1332場合2アメリカのボーイング 759場合3日本の偉大な三菱 688場合4フランスのタレス、偉大な男 539韓国航空宇宙銃器研究所 476銃で 5上に保存.

中国は 1970年2017年に人工衛星初号機を打ち上げて以来、着実に技術を蓄積し、技術開発や特許取得によりいち早くメジャープレーヤーとしての地位を確立。. 中国は 1970年今年初の自走式投射窓 ホロ初の人工衛星打ち上げ後、 1999年神州無人宇宙船年 弓を投げる2007年年と 2008年嫦娥月探査機 ほわ有人宇宙船神舟 3最初の船外活動の打ち上げに成功. 2011年年天功実験宇宙ステーション として2013年神舟有人宇宙船年 として嫦娥月探査機 3弓を射る2020年年、嫦娥月探査機 5世界最大の電波望遠鏡である天岩が船に送られました。. 2016年2017年、世界初の量子通信衛星ムクジャが打ち上げられました。. 中国は宇宙の拡大を続けている ’11~’20過去数年 ’1167’20925年平均 34%宇宙産業における技術覇権争いは今後も激化することが予想され、同社は技術開発の成果を基本特許として確保しようと奮闘している。. 中国に注意 ’11年間で ’20年間の特許出願件数は約10件です。 14船が爆発した.

韓国比較的優れた衛星特許しかし、発射体の特許は不十分です。

宇宙技術は、衛星技術とロケット技術に大別されます。. 衛星技術は 31%、 中国 21%、 フランス 19%、 日本 15%、 韓国 5%、 ロシア 4%、 ドイツ 4% 等特許出願における韓国のシェア 5%世界を占拠する 5比較的良い. ただし、発射体の特許は 35%、 中国 17%、 フランス 17%、 ロシア 13%、 日本 9%、 ドイツ 5%、 韓国 2%と共有する 2%米国のみ中国フランスとのギャップが大きいので、大国での特許出願の増加に備える必要があります。.




▲ 主要国における技術分野別出願割合の分布 (出典 = 韓国特許庁) © Patent News

韓国知的所有権庁長官 Lee Insil 空間経済において宇宙技術の立役者になるためには、技術開発だけでなく、重要な特許を取得する努力が必要です。特に、民間企業の参加が急務です。言った宇宙技術分野における民間部門の競争力を向上させるために、韓国知的所有権庁は、有望な技術を発見し、宇宙技術を求める国から独自の技術を持つ先進国への移行を手厚くサポートします。言った.

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。