[특파원 리포트] 「日本から出て行け!」 私があなたに投票を勧めたとき、「憎しみ」が溢れ出しました

最近日本で作られたビデオのサムネイル。 14人の有名な日本の俳優とモデルをフィーチャーしたこのビデオは、すぐにYouTubeとTwitterで話題になりました。

これは広告や政府の放送ではなく、私たちの意志で作ったビデオです

ビデオはこのように始まり、投票についてのあなたの正直な気持ちについて話すことができるように構成されています。 後半は全員が交代で「私も投票します」と言っています。

内容は「投票数がこんなに少ないとは知らなかった」「今でも運動する」です。 「投票は違いを生む可能性があります。」 それは次のように要約することができます

明日(10月31日)に行われる衆議院選挙では、特に若者の投票を呼びかけます。

日本の俳優、小栗旬。  「VotingforVoiceProjectisyourvoice」のスクリーンショット日本の俳優、小栗旬。 「VotingforVoiceProjectisyourvoice」のスクリーンショット

韓国には渡辺謙や小栗旬などの比較的有名な俳優もいます。 政治的な声があまり出ない日本社会の雰囲気を考えると、このサイズのキャストは「デラックスキャスト」と言えます。

このビデオは、タイムリーで斬新な試みで好評を博しました。 ただし、ここでも、人種や国籍を理由に他人を差別する悪意のある表現(悪意のある表現)のコメントが続きます。

ターゲットは人気の日本のモデルローラです。

ローラは投票を奨励しています。  「VotingforVoiceProjectisyourvoice」のスクリーンショットローラは投票を奨励しています。 「VotingforVoiceProjectisyourvoice」のスクリーンショット

「ローラは少しだと思いませんか?」
「ローラは未知の国籍ではありませんか?
「なぜ日本の政治に干渉するのですか?
「あなたには投票する権利がありますか?

ローラはバングラデシュ人の父親と日露の母親の間に生まれました。 彼のアイデンティティは「半分」(日本の混血の表現)ですが、彼の国籍は日本人として知られています。 幼い頃はバングラデシュに住んでいましたが、日本ではセレブとして活躍してきました。

同様のことが再び起こりました。 韓国も無関係なケースです。

日韓の小説家、柳美里は10月22日にツイッターで次のように書いている。

日本では投票できないので、投票したことはありません。
日本は日本国籍の人だけで構成されているわけではありません。
議決権を持っている人は、議決権を持っていない人の状況や立場を頭や心の底に置いていただければ幸いです。

小説家由美里のツイッターアカウント小説家由美里のツイッターアカウント

選挙権はありませんが、日本に住む人々の窮状を踏まえて、善良な人々を選ぶよう求めています。

ユウは昨年「全米図書賞」を受賞した「JR上野駅公園口」でホームレスの男性の人生を描いた。 2015年から東日本大震災の傷跡を残す福島県南相馬市に移り、書店を経営し、執筆活動を続けています。

作家として、ユウは日本で差別や不利な立場にある人々の声に耳を傾けてきました。 全米図書賞を受賞した後、ユウは記者会見でも発言した。

私は日本人ではありません。 私は日本で生まれ育ち、日本語で読み書きしたり、日本語で考えたりしていますが、韓国や韓国出身なので日本人ではありません。

この文脈で、彼は私たちに、日本を投票権のない人々が投票することで健康に暮らせる場所にするよう訴えました。 ユウを嘲笑する投稿もツイッターで続いた。

あなたの生まれた国に戻ってください!

自然化しないでください奇妙な権利だけを主張することは困難です。 日本を出る

迅速に自然化、非国民

あなたが不法移民であっても…あなたが出身国に戻ったらどうしますか?

マクドナルドにキムチを払ってくれるように頼むようなものです。

日本の投票率の低さの問題はますます深刻になっています。 2017年の衆議院選挙では、20代の投票率はわずか33%でした。 それでも、少子高齢化は深刻な問題であり、若者でさえ選挙に無関心であり、「銀の民主主義」を推進しています。

さらに、上記の2つのケースに見られるように、日本のネットライティスト(主にSNSで右翼の声を表現する日本のネチズン)と彼らを中心としたヘイトスピーチは、それらの声さえも衰えさせます。

日本の衆議院の歴史における投票率。 男性の権利は、2017年の投票率(平成29)、前回の衆議院選挙(出典:内務省)日本の衆議院の歴史における投票率。 男性の権利は、2017年の投票率(平成29)、前回の衆議院選挙(出典:内務省)

社会全体の権利、投票率の低さ、政治は不変…。 この悪循環が続く中、日本の弱い声でさえも変化を求めています。

ビッグデータ分析会社は、10月6日から19日までの2週間、「衆議院選挙」と政党名を含む日本のTwitterコンテンツを分析し、#私が投票する#選択が多用されていることを発見しました。 特に、1990年代半ば以降に生まれた24歳未満のZ世代は、Twitterで「投票」や「人」を多用したと言われています。

「消費税」「引退」「憲法」などの政策関連キーワードが多かった2019年の調査と比べると、日本では「投票」に関心を持っている人が多いようです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です