[특파원이 간다] 韓国ドラマで日本の韓国焼酎に酔う

◀ ジャーナリスト ▶

私は今、東京・新大久保の路地にいます。

この場所は、日本では韓流聖地と呼ばれています。

周りを見渡すとハングルの看板や韓国料理が目に入ります。

日本なのか韓国なのかわかりにくい。

自分でお店に行ってお客様に会います。

◀ レポート ▶

豚バラ肉やモツ鍋などの韓国料理店は若い客で賑わう。

グリーンのボトルが各テーブルに置かれています。

韓国焼酎。

焼酎に手際よくお酒を注ぐ姿は韓国人らしい。

[하가 유스케]
「友達のおすすめ?(焼酎)が美味しかったので、その時から飲み始めました」

[이시가와 토와]
「(焼酎は)飲みやすいと人気で、日本ではグリーンボトルが少ないので、かっこいいから買っています」

夜だけは飲みません。

韓国の焼酎は、屋外で親友と昼間の飲み物を楽しむ場所でも提供されます.

[야마우치 하루]
「普段はハイボールや無糖のドリンクを飲んでいますが、焼酎は甘めですが、さっぱりと飲めるので飲みやすいと思います。」

東京では、いわゆるK-Sojuのトレンドは、コロナウイルスの時代にインテリアを退屈にさせていた韓国のドラマによって引き起こされました.

悲しいときに飲み、一人のときに飲みます。

自分をうまく表現することが少ない日本人は、ドラマの主人公が焼酎を飲みながら感情を解放し、心を落ち着かせるのを見て、感情を和らげることを学びましたか?

[와타나베 아이리]
「今日はムカつく… どうしても酔いたいし、酔いたい時は飲みたい(焼酎)」

焼酎の人気は、フルーツや炭酸を混ぜたローカリゼーション戦略よりも比較的軽い飲み物を好む日本の若い男性にアピールするため、爆発的に人気があります.

シェア1位のチャミスルは昨年、コロナ禍前の10倍の売り上げを記録し、2位のグッドデイも2年で3倍近い売り上げを記録した。

[이이다 리나/한국식당 매니저]
「もともと新大久保は若い女性客が多かったのですが、(韓国)ドラマが流行って男性も焼酎を飲むようになりました」

日韓の冷え切った関係を超えた韓流ドラマの力は、焼酎だけでなく他の食べ物にも及んでおり、日本に新たな韓流を巻き起こしている。

韓国のスーパーマーケットに似た食料品店が日本の南部の高知にオープンしました。

みそ、コチュジャン、キムチ、海苔、ラーメンなど韓国の商品ばかりですが、お客さんは日本人ばかり。

[상점 손님/고치현 고치시]
「韓国ドラマが好きで影響を受けています。テレビで(俳優さんが)食べていたので…」

北日本では、札幌市が似ています。

韓国コスメ、マスク、マスクストラップまで。

一度もドラマに登場した商品が大変売れて札幌を温めています。

東京と大阪にしかないトッポッキ専門店が札幌にも初登場。

[카미바야시 치아기/삿포로 떡볶이 식당 주인]
「東京と大阪には韓国の都市がありますが、札幌にはありませんでした。このレストランでは本場の韓国の味が食べられます。」

東京からMBCニュースのヨン・ジュン・ヒョンに会いましょう。

映像カバー:Jang-sik Lee、Jin-ho Kim (Tokyo) / 映像編集:Min-woo Jo

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。