[트렌드인사이트] 2022年の日本食トレンド予測

日本の最新の食品トレンドをキュレートするマカロニトレンドチーム(レシピ動画や食品ニュースを報道するウェブメディア)が、2022年に人気が出ると予想される食品トレンドをまとめて発表しました。キーワードでランク付けすると、次のように整理できます。韓国、イタリア、そしてドライフード。

K-foodは2022年も引き続き好調です

日本のMZ世代の間での韓流コンテンツの人気は一時的な現象ではなく、むしろ文化です。 2021年には、「韓国のカフェ」文化への関心が高まり、関連するInstagramハッシュタグの数が100万を超え、韓国のカフェを複製した場所が数多く出現しました。

今年のコーヒーの後、「韓国ベーカリー」が注目されています。 なかでも、ガーリックブレッドやプレッツェルなど、ノベルティに敏感なパンの人気が期待されています。 昨年5月、ガーリックブレッドを期間限定で販売することで、私のベーカリーブランドが人気を博しました。

また、インジョルミピンスやインジョルミトーストなどの韓国の餅デザートをメニューに加えるカフェも増えており、若い世代も動物や人の形をしたデザートを探しています。メニュー。 ホームカフェで。

特に若い世代の日本人は韓国の屋台文化に興味を持っています。 なかでも、おやつメニューの一部である海苔巻きは人気が高く、現在は冷凍で販売されています。

マリトッツォは人気を維持しているイタリアのデザートです。

2021年、マリトッツォのイタリアンクリームパンが日本で大流行しました。 今年も様々なイタリアンデザートを探しているようです。 人気のある例としては、リコッタチーズ、フルーツのピクルス、チョコチョコを添えた「カタサ」や、殻のようなひだのようにペストリーを何層にも重ねてリコッタチーズで焼いた「スポリアテッリ」などがあります。

カタサの場合はすでに日本のコンビニエンスストアで販売されており、チョコレート、ヨーグルト、豆乳を混ぜて再解釈されたカタサデザートの動画がソーシャルネットワークで共有されています。 スポリアテッリは独特の食感で、中に入れるクリームの種類によって味わいが違うので、最近の食のトレンドによく合います。

新たに登場したドライフード「マシュマロポップ/ドライ豆腐」

乾燥マシュマロである「マシュマロポップ」は、独特の食感と色鮮やかで、アイスクリームやトッピングとしても重宝します。 乾燥機があれば、家でも簡単に作れます。 ホームカフェの文化が活性化され、マシュマロの消費量の増加が見込まれます。

昨年、オートミールが健康食品として人気だったとすれば、今年は硬化豆腐が有力な候補として挙げられています。 乾燥豆腐は、豆腐に圧力をかけて脱水した乾燥食品です。 炭水化物の代替品として食べることができ、低炭水化物、高タンパク質の食品であるため、減量ダイエットに人気があります。

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。