[콘서트] 日本のローカルファンを熱狂させた熱いシーン、Stray Kids! – スターエンターテイメント

ストレイキッズコンサート ⓒ JYPエンターテインメント

Stray Kidsが日本で単独単独コンサートを盛況のうちに開催した。

2度目のワールドツアー「Stray Kids 2n​​d World Tour “MANIAC”」の一環として、Stray Kidsは日本の神戸と東京で6回の公演を開催し、地元のファンと会った。 神戸で6月11~12日にオープンし、東京では6月18~19日、7月26~27日に引き続き熱戦を繰り広げた。 日本での正式デビューから約2年3ヶ月ぶりに開催されたStray Kidsの1対1の単独コンサートであるだけに、今回のコンサートへの期待は最高潮に達した。 チケットは一般予約開始から5分で全周ソールドアウトとなり、おかげさまで全公演限定観覧席を追加開放するなど大好評を博しました。

7月26日、27日の国立代々木競技場第一体育館での2公演で日本ツアーを締めくくった。 この公演は26日にはABEMA、Zaiko、Huluなど現地7つの動画配信サイトで有料生配信が行われ、最終日の27日にはBeyond LIVE配信による有料生配信も同時に行われた。 また、全国の劇場で2日間生上映され、より多くのファンと有意義な時間を過ごしました。 全米ビルボード「ビルボード200」のメインチャート1位を獲得したアルバム「ODDINARY」からのタイトル曲「MANIAC」をはじめ、グループの代表曲と日本オリジナル曲をミックスした充実のセットリスト。 ダイナミックなパフォーマンスでファンの心を掴んだ。 そして素晴らしいシーン。

グループと一緒に披露されたメンバーの個々のシーンも格別の楽しみでした。 リノのソン・シギョンの「Every Moment」、ハンの「Wish You Back」、ヒョンジンのコルド「Warr」、フェリックスの「Break My Heart Again」のFINN​​EASシーンは甘い声で、現場の雰囲気をさらに高めた。 スンミンと年下のINは、日本の人気バンドOfficial Mustache Dandismの窪田利伸の「Pretender」と「La La La LOVE SONG」をそれぞれカバーし、観客を熱狂させた。

メンバーは「STAY(ファンダム名:Stay)と同じ空間で同じ時間を過ごせて本当に幸せでした。 一緒に過ごしたこの夏はいい思い出です。 大切な人として心に残るように頑張ります。 頑張って折り返しご連絡しますので、少々お待ちください。」

Stray Kidsは20日、米国アナハイムで全米ツアーを終えた。 6 月 28 日と 29 日はニューアーク プルデンシャル センター、7 月 1 日はシカゴ ユナイテッド センター、9 日と 10 日はロサンゼルス ハンガー フォーラム、12 日はオークランド アリーナ、14 日と 15 日はシアトル クライメート プレイ。19 日と 20 日はアナハイムの G アリーナとホンダ センター全米6都市10公演。 特に、英国の音楽雑誌NMEは19日に行われたアナハイム公演を満点をつけて注目を集め、20日のレビュー記事では「『MANIAC』ツアーは決して普通ではない。このコンサートは『K -ポップエースのStray Kidsは、圧倒的なパフォーマンスで明らかに先を行くグループです.歌、ラップ、ダンスにすべてを注ぎます.”

一方、Stray Kidsは4月29日から5月1日までソウル3公演を皮切りに、日米9都市19回に及ぶ2度目のワールドツアーを全席完売させ、グローバルな人気を証明した。

文 KBSメディア チョン・ジウン jean@kbsmedia.co.kr
※本コンテンツは著作権法により保護されておりますので、無断転載・複製・頒布等は固くお断りいたします。 無許可は禁止されています。

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。