[코리아ICT엑스포in재팬] 韓国のICT企業が「DX機会の国」日本にマーケティングの旗を立てる

[코리아ICT엑스포in재팬] 韓国のICT企業が「DX機会の国」日本にマーケティングの旗を立てる

KOTRA主催…53社が参加
地域の拠点やネットワークの確立などの目的
東京ITサポートセンターとの市場浸透調査
DX分野でのデモ・実機展示
NEXとソフトバンクの投資説明会

#KOTRA は先月 30 日、日本の東京のグランドプリンス新高輪ホテルで「韓国 ICT エキスポ in Japan」を開催し、韓国の情報通信技術 (ICT) 企業が日本のデジタル変換 (DX) 市場で前進するのを支援した。 敷居が高くなった日本のDX市場を、KOTRAの現地インフラとネットワークを活用して事業化しようと、国内のICT企業が積極的に参加している。 人工知能(AI)、サービスプラットフォーム、フィンテック、ロボット、エデュテックなど国内企業53社が参加。 日本政府は昨年9月に総理直属の機関としてデジタルオーソリティを立ち上げ、地方自治体は家庭科やスマートシティなどのDX技術実証(PoC)プロジェクトを支援しています。 韓国のICT企業にチャンスを。

>

◇ICTエキスポ、韓国ICT企業のショーケース

KOTRAは、韓国ICT企業の対日輸出の成功事例を創出するため、今年で18回目となる「Korea ICT Expo in Japan」を開催しました。 今年はKOTRAの東京ITサポートセンターのネットワークとインフラを活用して現地のDX需要に対応し、政府の「輸出競争力強化戦略」に沿って、KOTRAは短期的な成果を生み出す新たな「輸出プラス」プロジェクトを選定した。そしてそれらを拡張しました。

このイベントは、韓国の ICT 企業が現地の日本企業とネットワークを形成する機会です。 韓国企業はDX分野の活用を実演し、体験展示を行った。 また、KDDI、HITACHI、SCSKなど日本を代表するICT分野の大小の企業やベンチャーキャピタル(VC)企業とのオンサイトコンサルテーションも実施しました。 SBIインベストメント、NEX、ソフトバンクの投資説明会(IR)も日本で開催されました。

写真画像

イベントでAI顧客相談ソリューションを紹介した日本のホワイトコミュニケーションズ(TWC)は、来月日本で正式なソリューションを開始する予定です。 さまざまな相談窓口からの問い合わせを一画面で確認・管理できる技術を導入。 TWCジャパンのソ・インホ代表は「昨年日本進出を準備し、1月に日本法人を設立し、さらに1年間ローカライズ開発に投資した結果、日本のITベンダーと日本食のフランチャイズが注目されている。 今回の展示会では、日本のバイヤーと2件の覚書(MoU)を交わしました。

UX(ユーザーエクスペリエンス)データに基づいてユーザーの行動を分析するサービスを提供する4Gritは、新たなビジネスチャンスを求めて2019年に日本に進出しました。 4Grit は、ユーザーが Web サイトまたはモバイル アプリでアクセスするページのヒートマップを提供する会社です。 4Gritの関係者は「2018年に日本法人を設立して日本市場に参入したが、新たな商機を求めて今回の展示会に参加した」と話した。

写真画像

◇ KOTRAのインフラ・ネットワーク、日本進出拠点と新市場

企業が日本市場に参入する際に直面する代表的な困難は、現地企業との拠点作りやビジネスネットワークの確立です。 KOTRA は、日本の DX と韓国の有望な ICT 企業からの需要の高まりに対応するためのインフラとネットワークを提供します。 東京のITサポートセンターと日本国内の海外事業所を活用し、企業に拠点、人的ネットワーク、ビジネスコンサルティングを提供。 特に、東京ITサポートセンターには現在15社の国営ICT企業が入居しており、年内に1社が入居する予定です。 また、東京ITサポートセンターは、国​​内のスタートアップ10社にシェアオフィスを提供する予定です。

KOTRAの関係者は「日本企業が既存のネットワークに参入するのは難しいので、2~3年先を見据えて地域で活動することが重要だ。 多くのアドバイザーを活用してノウハウを伝承する役割を担っています。

ネットワークとクラウドのセキュリティ ソリューション企業である Quad Miner は、KOTRA のインフラとネットワークを積極的に活用し、「韓国 ICT」イベント「Japan Expo in Japan」で Satelite Office と Lionesses of Japan と 2 億円の供給契約を締結した代表例です。 .

写真画像
>

クワッドマイナージャパンのミョンソプ代表は、「KOTRAから日本市場、ビジネス文化、バイヤーについて多くの情報を受け取り、KOTRA東京ITサポートセンターのアドバイザーからビジネスアドバイスを受けました。 「特に、東京ITサポートセンターと名古屋海外貿易センターのオフィスに基づいてビジネス調整を行うことができました」と彼は言いました.

また、日本での事業化が成功すれば、紹介に基づいて日本や他のアジア諸国で事業を展開するための基盤となる可能性があると付け加えました。

ソ代表は「今回の契約に加え、現地企業数社とトライアルを進めており、先月、これに基づいて営業活動を行っており、日本の中堅・優良企業からフィードバックを受けている」と語った。 このグローバル市場においても重要であるため、これをベンチマークとして東南アジア地域に進出し、事業活動を展開していく予定です。


東京(日本)=

キム・ヨンホ記者 lloydmind@etnews.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です