[취재파일] パク・ジン外相の「GSOMIA正常化」に関する発言に残されたもの

パク・ジン外相の訪米は本日終了する(16)。 それは、「ジン・トニー」関係と呼ばれるトニー・ブリンカーン国務長官との会談、および米国商務長官、エネルギー長官、米国の政治家との会談を含む、4日3泊のスケジュールでした。 一番気になったシーンを一つ選ぶとすれば、朴大臣が「GSOMIAの正規化」と言ったシーンだ。 現地時間13日の「ジントニー」二大臣会談後、記者団との質疑応答で出た発言だった。

(記者)日韓の情報共有を活性化する上で、米国は一役買うことができると思いますか。

(朴仁大臣)日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)が一刻も早く正常化され、日韓関係が改善されることを期待しています。 北朝鮮の脅威に対抗するために、私たちは政策を調整し、韓国と日本の間、そして米国と情報を共有しなければなりません。

朴大臣の発言に応えて、日本に宥和政策をとったという報告が寄せられている。 (関連記事:▶「GSOMIA」はその遺産を維持しているだけですが、正規化するまでのタスクは何ですか?)文脈を見ると、GSOMIAは日韓関係でわずかに異なる意味を持っているためです。 韓国と日本の間の軍事情報と機密性の交換に焦点を当てているGSOMIAは、北朝鮮への共同対応を必要とする現在の韓国-日米協力の必要性がある一種の構造プレートです。韓国の挑発と、過去の朝鮮半島の日本による占領に起因する朝鮮と日本の歴史的な対立が衝突している。 同じ問題。 この協定は、地理的な理由から韓国よりも低高度ミサイルなどの情報を収集および分析する能力が弱い日本にとって特に重要です。

そのため、GSOMIA自体が韓国では繰り返し「ホットポテト」になっています。 国家安全保障局の初代副局長であるキム・テヒョ氏は、李明博政権下の非公開内閣会議で、GSOMIA協定の調印を促進しようとした。過去だが、国民の反対により辞任した。これは開会のスピーチを日本に対する強硬な政策に変える機会となるのに十分だった。

2016年に朴槿恵政権下で署名されたGSOMIAは、3年後に再び論争の中心となった。 強制労働の犠牲者に対する補償の問題に関する日本の輸出管理マップは、2018年に最高裁判所によって最終決定され、韓国政府は次のように述べています。治安上の理由から日本。」同点。毎年自動更新されるGSOMIAは延長されないと発表されたが、米国が仲裁を急いだ後、終了は延期された。

しかし、その後、Gsomiaだけが取り残されました。 情報交換には、両国間の「積極的な交流意欲」が重要です。 日本は、日韓首脳会談の提案などの宥和政策に応じず、「韓国はまず、強制労働の解決策のような贈り物のパッケージを持ってくるべきだ」と言って経済的報復を撤回しなかった。 彼らがそうしなかったので、関係の危機は続いた。私たちがしたように、日本は犠牲者に「決定を破る」ように言っていたので、小刻みに動く余地はなかった。その後、現在の状態のGSOMIAに関して、外交筋もコメントした。パイプはそのままですが、水圧が低く、水がうまく流れていません。最近の北朝鮮のミサイル挑発とは無関係ではなく、日本が基本発射番号が間違っています。

このような状況下、GSOMIAの現状を「異常」と想定し、外務省長官の「GSOMIAを早急に正常化する」という言葉にマスコミが注目するのは当然のことだった。 それは、私たちが最初に解き明かすであろうねじれた糸の油絵の活発なジェスチャーとして読まれました。

問題は、これが慎重に計算された外交声明であるかどうかという疑問が残ることです。 地元の報道によると、日本政府は7月の参議院選挙に先立って保守的な投票を集めることを決定したようです。 日本情勢に詳しい外交筋は、「韓国による最近の独島の海上調査と、2018年の好太王のレーダー標的は、日本の自民党の安倍派を中心に活発に政治問題になりつつある。 選挙前の世論に敏感な日本は、朴大臣の訪日や韓国と日本の二国間協議に圧倒されているという噂もある。 私たちの側からは、「Gsomia正規化」を韓国と日本の間のねじれた関係を開くための贈り物と考えていたかもしれませんが、反対側はまったく準備ができていなかったようです。 国内のGSOMIAスキャンダルの元となった日本の輸出管理問題の解決を議論せずに、GSOMIAだけを標準化するかどうかという疑問がすぐに浮かび上がった。

この混沌とし​​た流れは、外務省の第2回報道ガイドラインにも反映されています。 外務省は、朴大臣の発言が発表された直後に、「GSOMIAの正常化」の意味について質問していた記者にこの通知を配布した。

ㅁ彼は、北朝鮮の脅威に対応するために、GSOMIAのような韓国、米国、日本の間の安全保障協力が円滑に進められるべきであるという原則的な立場を表明した。

その後、日本の反応は鈍く、地元メディアは、日本が今月の日韓首脳会談と朴大臣の訪日に圧倒されたと報じた。

ㅁ最近の北朝鮮の核兵器やミサイル兵器の脅威と地域の不安定化により、日米安全保障協力の重要性が増していることを考えると、三国間で実用的かつ効果的な安全保障協力を実施する必要がある。

ㅇ日韓GSOMIAの問題については、韓国と日本の間のその他の未解決の問題と同様に、包括的な解決策を模索する必要があります。

日陰の違いを感じますか?
「韓国と日本の間の他の問題との包括的な解決策を見つける必要があります。」。 これは、輸出制限の解除について議論せずにGSOMIAの標準化から始めることはないことを意味します。 翌日は一歩前進し、翌日は2歩後退したような気がします。 「できるだけ早くGSOMIAを正常化する」と約束した朴大臣の立場からすると、少し失礼だ。 「昨日の敵であり、今日の友」である韓国と日本の関係は、解くのが非常に難しい高次方程式です。 ゴルディアスの結び目を壊すのと同じように、1本のナイフで問題を解決したい場合でも、相手がいる方程式なので、両方の方法で手を選び、この手の効果を最大化するタイミングを見つけることが重要です。 どうやら、今回出した「GsomiaNormalization」カードはいい手ではなかったようです。

(写真=外務省聯合ニュース提供)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。