[집중취재M] 主人公が「ソロモン」から「ヒス」に…

◀ アンカー ▶

Apple TVで放送されてから1ヶ月で世界的に話題になったドラマです。

解放後の日本を生き、4世代にわたって差別の中で生きてきた在日コリアンの物語が収められています。

イ・ミンジン記者がニューヨークでマスコミ初のインタビューを行った。

「歴史は私たちを失望させましたが、それは問題ではありません。」

イ・ヨンジュ特派員は、筆者が最も愛着を持っているこの一文の意味を伝える。

◀ レポート ▶

日本統治時代、故郷から遠く離れた未知の世界に住む韓国系アメリカ人の家族の生活を描いたドラマ。

著者は、パチンコは家の話だと言いました。

[이민진/소설 작가]
「『パチンコ』は実は家を題材にした小説です。家とは何か。移民として、人間として、在外同胞として、自分にとって家とは何かをよく考えます。お帰りなさい。はい、そうです。」

「家を失う話」という言葉には、作者の人生が込められていました。

筆者も7歳のとき、戦災で故郷を失った父とともに渡米。

そして、20代前半に聞いた別の話。

朝鮮人であることを理由にいじめられながら自殺した在日コリアンの中学生の話が、彼に小説を書かせた。

[이민진/소설 작가]
「(学年手帳に)『大嫌い』『国に帰れ』『キムチの匂いがする』と書いてあった。無理だと思った。どうしてそんなことができるのか、頭から離れなかった」

小説の初稿の主人公はソロモンです。

彼は米国に住む成功志向の韓国系日系 3 世でした。

しかし、4年間の日本滞在中に出会った約100人の在日が小説の主人公を変えた。

汚らわしいと言われ、のけ者にされたが、生きづらかったに違いない彼らの生き方こそが、在日一家の実話だった。

こうして主人公は預言者になった。

「昼夜を問わず働いて爪が割れてしまう…何も持たずに子育てをする…」

[이민진/소설 작가]
「(日本統治時代に)日本にやってきた韓国人女性が、家で豚を飼い、こっそり酒を作って捕まり、子供たちに道に出てがらくたを拾うように言ったと言われています。主人公は賢者にならなければならない」

何万もの物語がある主人公ソンジャの人生は、作家によって素晴らしいとは見なされませんでした.

話は私たちをがっかりさせましたが、それは問題ではありません.

著者が最も愛着を持っている最初の文。

それは、預言者のように平凡な私たちの平凡な生活へのオマージュのように聞こえます。

[이민진/소설 작가]
「歴史は普通の人々がどのようなものだったかを記録することは決してありません。しかし、私が発見したことから、普通の人々は疲れを知らず、強く、興奮し、生き残るために懸命に戦っています。それが私が『それは問題ではない』と書いた理由です。」

ニューヨーク出身のMBCニュースのイ・ヨンジュです。

映像取材:キム・シンヨン、アン・ギュ(ニューヨーク)/映像編集:ヤン・ホンソク/映像提供:Apple TV+

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。