[지금 일본은] レストランにもサウナ!? 日本で話題の店「恵比寿サウナ」

先月、サウナと食事が同時に楽しめる新感覚の複合商業施設が日本にオープンし、人気を博している。 「えびすサウナ」の1階には、長野県信濃町と連携した地域おこしをテーマにした居酒屋があり、2階には4つの貸切サウナが入っています。

「そばとほしがる」を運営する株式会社そばとユー 代表取締役社長の阿部聡さんは、コロナ禍の中、外食と異業種の融合を模索していた。 サウナと居酒屋を別々に利用することも可能です。

今回のヱビスサウナの開業にあたり、阿部社長は「コロナ禍で営業もできず、対応が難しい店舗もあった。いつになるか分からないので、このような状況が再び発生する可能性があるため、管理システムをさらに強化するために異種統合を試みたいと考えました。

レストランとサウナは、お客様に休憩を提供するという共通の空間的側面を持っていたので、組み合わせた要素としてうまく機能すると判断しました。 店舗看板の浴室前に画像と文字を入れてエントランスをサウナ風に飾りました。 カウンターの一部は、バスルームのタイルを前面に取り付け、楽しみを増やしました。

コロナの状況を鑑み、2階のサウナを完全予約制の個室に変更いたしました。 バスタブはありませんが、サウナが全部で4つあり、ゆっくりとくつろげる空間です。 個室は最大3名様までご利用いただけます。

1階居酒屋で販売する料理は、信濃町の農家から仕入れた食材を使用。 代表的なメニューは「そばのチヂミ」、そば粉に天ぷら粉を混ぜ合わせた「きんぷら」と海老フライ。 そのほか、カニのクリーム煮、鶏むね肉の梅煮、しいたけといちじくなど、季節に応じた多彩な料理が登場します。

そばは佐野市産の黒姫を100%使用。 また、天ぷらや一品料理に使用する野菜は、佐野町の村民と連携することで、地元農家の収入アップにも貢献しています。

囲炉裏で焼き上げるそばや鴨焼きは、30~40代のサラリーマンの食事やおやつとして人気のメニュー。 お酒はビール、ハイボール、お茶割りなど。 日本では、サウナの後に飲むオロポ(オロナミンC+ポカリスエット)にポカリスエットとウォッカを混ぜて飲む。

居酒屋は営業しており連日来店者が増えており、サウナの場合は予約制が完成次第営業時間を大幅に延長する。 コロナ以降、夜に飲む文化はなくなり、昼は居酒屋というコンセプトも検討されています。

阿部社長は「今後もサウナだけでなく、外食と他産業との融合を図っていきたい。 異質な組み合わせによる相乗効果を生み出し、外的危機の際に安定した収益構造を維持する方法を見つけたいと考えています。

著作権フードニュース。 全著作権所有。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。