[지금 일본은] 「どはのり」に恋をし、韓国料理のコレクション「韓国横丁」が誕生

現在、日本の若者の間では、まるで旅行のように韓国の文化を体験できるドハンノリ(渡英ゴッコ)への熱狂が高まっています。 都心には韓国の肉料理店、屋台、メニューなど、雰囲気を再現したレストランが出てきている。

「韓国横丁」は20日、韓流文化の中心地である新大久保で生まれ、韓国の食文化が集結しました。 最初にオープンした1階には、豚足、豚バラ肉、鶏肉、寿司屋など、韓国のさまざまな食品業界の店が並んでいます。

2階と合わせて、総面積210坪、収容人数450人の大規模施設です。

入り口のすぐそばには、ハングルが書かれた看板やメニュー写真がMZ世代の注目を集めています。 入ると、まるで韓国料理の通路にいるかのように、両側に様々な韓国料理店が見えます。

現在営業中のレストランは、▲春香殿、▲マポ豚足、▲ポッポシャンパンマニア、▲チキンハウス、▲漢江の奇跡、▲ヨス夜海、▲ホンデポチャ、▲シンサドンタイガーコプチャン、▲ジェイルレストラン、▲上海ポチャ、等ほとんどの人が初めて紹介する新しいタイプのお店です。

なかでも「春香伝」はパンケーキ、トッポッキ、キムパプを販売する居酒屋で、イ・モンリョンと春香伝を描いた壁画が目を引く。 カボチャジョン、マッシュルームジョン、ミートジョンからなる「ジジミアソート」が人気のメニューです。 また、韓国で人気の細長い海苔巻きも販売しています。

その名の郷愁を呼び起こす「漢江の奇跡」は、韓国で数年前から人気のある冷凍豚バラ肉店です。 丸皿に盛り付けられたさまざまな側面と、アルミホイルで焼いた薄い冷凍豚バラ肉の香りが食欲を刺激します。 厚切りで焼き上げた鍋蓋付きの豚バラ肉も注文できます。

また、醤油蟹、味付け蟹専門店「麗水ばんばだ」、スパイシーな火の風味のコプチャンとリブLAリフトを販売する「新沙洞タイガーゴプチャン」など、韓国料理泥棒も揃っています。 お客さまの平均価格は、ランチ700〜800円、ディナー2,300〜2,500円です。

お支払いは店舗ごとに個別に行いますが、他の場所で食べ物を購入して自由に持ち込むことも可能です。 1月には2階にカラオケ設備のある新スペースがオープンします。

ホンデポチャを運営する株式会社JDREXは記者会見で、「新大久保に韓国の味わいの違う空間を作りたかった。 「韓国横丁」には韓国料理店がたくさんあるので、日本の消費者が韓国の食文化を体験するのに最適な場所だと思います。 »»

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。