[정치][뉴스라이브] パク・ジンが岸田文雄首相と会談…強制動員補償ソリューションに関心

■ホスト:アンカー・ジュンソク・ホ、アンカー・ソンヨン・キム
■キャスト:ジョ・ジングー/キョンナム大学極東研究所教授

※以下の文章は実際の放送内容と異なる場合がありますので、より正確な内容については放送をご確認ください。

[앵커]
昨日、4年7ヶ月後、外相会議が開かれました。 本日、朴仁大臣は午後に岸田文雄首相と会談します。

日韓外相会談の意義を考えてみよう。 チョ・ジングーは慶南大学極東研究所の教授です。

[앵커]
昨日の会議で一番大事だったことは何ですか?

[조진구]
最も重要な問題と言える強制労働の問題が集中的に議論されてきたようです。

[앵커] 結論は何でしたか?

[조진구]
結論が出るまでにはもう少し時間がかかると思います。 徹底的な議論があったせいか、今後もこの問題について議論を続けることに同意したのではないでしょうか。

[앵커]
この問題が解決されるとすぐに、そのようなコンセンサスが得られ、そのようにフラグが立てられたと理解しています。 強制労働補償の問題である中心的な議題の中で最も重要なのは、日本の企業資産を現金に転換する問題です。 これがなぜそれほど重要なのか説明していただけますか?

[조진구]
最高裁の判決後、日本企業の現金資産の転換を実施するためには、企業が自主的に補償に応じるのがよいのですが、私はしませんでした。 したがって、当裁判所の判決によれば、現在韓国にある日本企業の資産が押収された。 ですから、私たちはそれを現金に変えています。日本政府は、1965年に韓国と日本が外交関係を正常化したときに署名された請求協定でこの問題をすでに解決しているので、韓国政府が介入する必要があります。 状況を正す責任は韓国政府にある。

したがって、これの延長として、日本企業が実際の損害を被ることは容認できません。それは日本政府の立場です。

だから韓国は解決策を求めたが、適切な解決策がないのは事実だ。 両国が協議を通じてこの問題にどのように取り組むかについて、もっと注意を払う必要があるように思われる。

[앵커]
そのため、日本企業である三菱と新日鉄は資産を差し押さえて現金に変えています。これは日本の観点からは赤線です。 線と考えられていますが、韓国ではどれくらいの大きさですか?

[조진구]
資産の正確な金額もわかりませんが、商標権などを持っています。 実際、2018年10月と11月には、現在2つの最高裁判所の判決があります。これは、売却するかどうかは、その価値の計算方法によって異なるためです。 その金額が原告を補償するのに十分であるかどうかはまだ明らかではありません。

[앵커]
具体的な解決策のロードマップが公表されていないのは残念と言えますが、とにかく、このように外務大臣が訪日したのは、4年7ヶ月ぶりのことです。 ある意味で、これは日韓関係のさらなる発展への扉を開いた。 あなたもそのように見ることができますか?

[조진구]
そのような肯定的な評価が可能です。 知覚のギャップが大きすぎて実際に問題を解決できないため、どれだけ減らすことができるかは将来の課題です。

おっしゃるように、外相が最後に訪日したのは2019年11月でした。私は韓国と日本の二国間問題について話し合うためにそこに行ったのではなく、外相会議に出席しました。G20外務。

ですから、久しぶりで、尹錫淑政権が発足してから約1、2ヶ月が経ちましたね。 2か月後、大韓民国の外務大臣が来日しました。 また、日本が外相を受け入れて議論したことは、関係を少し改善するために双方が出発点に固執したことは理にかなっているように思われる。

[앵커]
2019年にG20に、2017年に日韓外相会議に出席してから4年7ヶ月ぶりの会合でした。日本のメディアからの反応はどうでしたか?

[조진구]
日本のメディアなどは、久しぶりに韓国の外交部長官が訪日したことを前向きに見ているようだ。

ただし、前述のように、未解決の問題の解決には少し時間がかかります。 また、特に日本のメディアは、日本政府の立場をそのまま伝えることが多い。

したがって、韓国政府がどのような具体的な計画を提示するかという今後の課題について、朴振大臣は、この問題をできるだけ早く解決すると述べた。

現金化が行われる前に。 ですから、いつ正確な現金化のタイミングが実現するかはわかりませんが、そういう意味では、日本側は韓国政府の誠実さを十分に受け入れていないと思います。

[앵커] パク・ジン首相が今日の午後、岸田首相と再び会うと聞いたので、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領のメッセージが届きますよね? [조진구] 手紙を持っていったようには見えません。

空港に向けて出発したとき、韓国政府は、大統領も日韓関係を改善したいという強い願望を持っていることを日本側に伝えたいと言っていました。

このため、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領の林首相だけでなく岸田首相とも関係を改善したいという願望を伝えそうだ。

午後は、日本の首相のスケジュールが非常に忙しいので、長い間会う時間はないでしょうが、大統領の意向は十分に伝わっていると思います。

[앵커]
安倍首相暗殺後の岸田首相暗殺には二つの見方がないのか。 彼は、日韓関係においてさえ、安倍の影から抜け出し、彼の声を聞かせる方法を知っているでしょう。 いいえ。 逆に、安倍は助けてくれないので、自分では何もできません。 どれが最も重みがありますか?

[조진구]
これも私にとってとても興味深いことです。 実は、安倍首相の支援なしには自民党の党首にはなれなかったし、自民党の党首になれないということは、首相になれないということだ。

たくさんのご支援があったことは理解できますが、参議院選挙で当選しませんでしたか? 政治的な観点からは、長期的には基礎が築かれていると言えますが、安倍首相の急死の結果がどうなるかはまだ分からない。

自民党最大の派閥ですが、安倍首相の後継者がいない状況で安倍派はどうなるのか、岸田首相は自民党内でのリーダーシップをどのように発揮するかを検討しています。状況。 。

[앵커]
先生が勉強して観察してきたように、岸田首相自身も韓国と日本の関係を改善したいという彼の願望に誠実であると思いますか?

[조진구]
個人的には岸田首相の場合、私は長い間外務大臣でした。 安倍首相が当時、外交の知識だけでなく、日韓慰安婦協定においても消極的だったのはこのためです。 岸田首相は当時、慰安婦の説得や指導においても外相として重要な役割を果たしていたと思います。

そういう意味では、日韓問題の重要性を十分に認識していると思います。 しかし、PLD内の特定の雰囲気、または少しひどい日本では、嫌韓的な雰囲気と保守的になりつつある保守的な社会を見ると、自分の意志があっても、直接指示できる状況ではありません。 。

また、先ほど申し上げましたように、両国の認識の違いは非常に大きいので、協議によって減らすことができればすでに可能でしたが、より多くの知恵を獲得し、政治的リーダーシップを発揮することを楽しみにしています。

[앵커]パク・ジン首相は本日岸田首相と会談し、日中韓首脳会談につながるかどうかに関心がある。 少し前まで、国際的な外交シーンで、韓国と日本の指導者たちは、目と目と気さくな挨拶を交わしました。 首脳会談の可能性をどのように見ていますか?

[조진구]
もう少し時間がかかるようです。 パク・ジン大臣は、現在の問題を解決するための雰囲気が熟していれば、自然に首脳会談を開くことができるだろうと述べた。 この意味で、未解決の問題を解決せず、また未解決の問題に関する両当事者の立場を調整せずに首脳会談を直ちに開催することは難しいだろう。

ですから、国連総会への出席を含む多国間外交の機会があるので、会う機会は十分にあると思います。

[앵커]
本日は、京南大学極東研究所のチョ・ジングー教授の分析と解説を聞きました。 教授、ありがとうございます。

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。