[재팬 톡] 円安…量的緩和の副作用










[재팬 톡]    円安…量的緩和の副作用

最近の日本では、「円」の前に修飾子が追加されます (ドルに対する円の価値の下落)。 「悪い」円(わるいえんやす)です。

笛はどこでも共通です。 ラーメン、小麦粉、食用油は、円安で輸入物価が急騰したため、上がらなかった。 最近、スーパーマーケットで販売されている約 6,000 品目の価格が上昇しているか、上昇する見込みです。 平均増加率は 11% です。 企業の昇給に関して言えば、せいぜい1~2%程度です。 日本の庶民はもっと帯を締めるしかない。 3カ月後に参議院選挙を控える自民党政権にとっては、気が休まるところだ。 円は最終的に日本経済にとってプラスになると主張する日銀の黒田東彦総裁と鈴木俊一財務相も、「円が悪い可能性がある」と世間から批判されている。

円はアベノミクスの産物です。 2013年、当時の安倍晋三首相が就任したとき、彼は「経済を刺激するために無制限に円を印刷する」と言って、大規模な金融緩和を開始しました。 2012 年 11 月中旬に「1 ドル=70 円」の円高が数ヶ月ぶりに「1 ドル=100 円」までアクセルを踏み込み、最近では「1 ドル=100 円」まで大幅な下落を見せている。 130円」。

もちろん、トヨタなどの輸出企業は円高です。 これは紛れもない事実ですが、問題は彼らが稼いだ利益が日本経済全体になかなか行き渡らないことです。 企業は、投資や給与の増加の代わりに、内部留保を蓄積したり、配当にもっと注意を払ったりします。 したがって、円をめぐる恨みは相当なものに違いない。 収入は上がらないが、物価が上がれば庶民の不満は大きくなるはずであり、これも最近話題になっている「ギャップ社会(二極化)」の問題を浮き彫りにする材料として使われている。

より大きな懸念は、「このままだと永久に円が固定されてしまう」という懸念です。 現在の円安が日米の金利差による資本移動の主な原因であることは間違いないが、長期的には日本経済のファンダメンタルズが悪化していることを示している可能性がある急速。 最近、世界の投資市場では、「安全資産」の称号が低くなり、返還が必要になっています。 “何かが間違っている。”

このため、円安の原点である「アベノミクスと決別する時が来た」など、安倍政権のレガシーと決別する声は強くない。 最近、京都橘大学客員教授の辰沢健一氏は、日本の経済界の会長に「アベノミクスも犯人だった」とやや挑発的な言葉でアベノミクスを激しく批判した。

10年近く続いた量的緩和の「モルヒネ」を切る時が来たと言われています。 不況のトンネルは長い。 このジレンマが続く中、モルヒネの副作用は当面続くと予想されます。

ehcho@fnnews.com チョ・ウンヒョ特派員








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です