[일본 종합상사가 눈독 들이는 미래사업은? (5)] ESSは電気自動車の充電から売電を目指す! (下)

日本の総合商社は「ラーメンからロボットまで」世界各地に進出していることで知られています。 それはまた、長期にわたって予防投資を通じて新たな事業機会を模索し、事業を発展させてきた歴史的な成果でもあります。 近年、環境対応やデジタル化の流れに伴い、総合商社の新たなビジネスへの挑戦が活発化しています。 日本の商社の今後の事業投資動向から、新たなビジネスチャンスを掴む方法を見ていきましょう。

AESと三菱商事が販売するAdvancion蓄電ソリューション [출처=businesswire]

[뉴스투데이=조항 포스코경영연구원 수석연구원] 過去(7月29日「ESS、電気自動車の充電から売電まで!」(上)に掲載)。

このエピソードでは、三菱商事、住友商事、伊藤忠商事の EHS ビジネス戦略について見ていきます。


• 三菱商事は大企業とのアライアンス戦略によりESSの事業化を推進

三菱商事は早くから自動車用二次電池事業を開始。 2007年には、自動車用リチウムイオン電池のメーカーであるリチウムエナジージャパンが大手電池メーカーのGSユアサと三菱自動車(GSユアサ51%、三菱商事46%、三菱自動車3%)と共同で設立された。


同社の電池は、2009年に三菱自動車の電気自動車「i-MiEV」に初採用され、電気自動車だけでなく、風力発電などの新・再生可能発電所のESSとしても利用されている。

2016 年 2 月には、米国の大手 IPP である AES と提携し、AES-ES のバッテリー製品である Advancion を共同販売することに合意しました。 2017年にはインドのTPDDL発電所に10MW級のアドバンシオンを設置し、電力系統の安定化試験を行っています。

同年、オランダの再生可能エネルギー大手のエネコ(2020年に三菱商事が買収)に半分出資し、エンスパイアMEというバッテリー会社を設立し、ドイツ北部のヤルデルンドに48MWのESSを設置。

このシステムは、単一拠点としては欧州最大規模であり、再生可能エネルギー発電活動の予備電力サービスと電力調整サービスを提供します。 同時に、AES は 2018 年 1 月に Siemens とバッテリー部門を統合して Fluence を立ち上げました。

画像

バッテリーシステム ドイツ Jardelund [출처=Eneco]

三菱商事は、ドイツのボッシュと提携してバッテリーの可視化事業にも携わっています。 ボッシュは 2020 年 12 月の初めに、バッテリー寿命の可視化および管理テクノロジーである「Battery in the Cloud」を発表しました。

バッテリーの劣化予測や寿命予測、バッテリー使用時の充電状態をデータで予測できるシステムで、電気自動車の維持費を抑える新たなビジネスモデルとして紹介されています。

2022 年 3 月には、中国で交換式電池事業を展開する BPSE (Blue Park Smart Energy Technology) と共同で、本技術の実証プロジェクトを開始した。

画像

Bosch によるクラウド内のバッテリー [출처=Bosch]


• 住友商事と伊藤忠商事が電池リサイクル事業に参入

住友商事は電池リサイクルのリーダーです。

2010年には日産自動車との共同でESS事業会社フォーアールエナジーを設立し、2013年には大阪・夢洲で廃電池を利用した世界初の商用ESS技術開発に着手しました。 このプロジェクトは、日産リーフの16台に相当するバッテリーシステムのテストで構成されていました。

これらの実績を活かし、2015年には鹿児島県甑島に大型バッテリーセンターのモデルケースを日本で初めて建設しました。 このプロジェクトは、再生可能エネルギー生産、電気自動車、ESS を使用して環境に優しい都市を構築することを目的とした「Islands of Future」プロジェクトの一部です。

甑島は廃校となった小学校の跡地に、448枚の太陽光パネルと4RエナジーのESSを5つのコンテナに設置し、448枚の太陽光パネルと36台の日産e-NV200商用電気自動車用の使用済みバッテリーを設置することで、脱炭素社会を構想しています。

画像

日本の甑島未来島プロジェクト [출처=sumitomocorp]

2017年には富士電機とESSの本格的な販売を開始し、産業機器製造・太陽光施工の代表である日本のベネックス様が本システムを導入。 日本のベネックスに設置された ESS は、20 フィートのコンテナに 24 台の日産リーフの使用済みバッテリーを保管するものです。

2019 年には、米国の低コストのバッテリー リサイクル スタートアップである Connected Energy に投資し、ビジネスの構築に向けて懸命に取り組んでいます。

伊藤忠商事株式会社使用済み電池を使用したESS機器の製造・販売を中心に行っています。 2013 年に「Smart Star」ブランドで家庭用電池事業を開始し、2022 年 2 月までに 5 万台以上を販売した。

スマート スターは、エヌエフ コーポレーションのモイクサ エナジーとのパートナーシップによって火付けられた次世代の ESS に進化します。 2018年1月のTRENDE。

英国の Moixa Energy は、AI を利用したシステム制御ソフトウェアである「GridShare」と NF Corp. を介して、天気予報とユーザーのエネルギー需要と生産を予測するための技術を持っています。 トレンデは時間単位の電気料金プランを設定する「あいでんき」を運営している。

これらの技術を組み合わせ、2021年8月に新製品のスマートスター3を発売し、日本のリース会社である東京センチュリーと共同でIBeetを設立し、スマートスター製品のサブスクリプションサービスを開始しました。

画像

伊藤忠商事株式会社スマートスタープロダクツ [출처=itochu]

最近では法人向け製品「Bluestorage」を開発し、2021 年 6 月より生産を開始した。中国のバスやタクシーなどの商用車。

[정리=최봉 산업경제 전문기자]


画像

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。