[일본 종합상사가 눈독 들이는 미래사업은? (1)] 分散型電源、電気的障壁を排除

日本の総合商社は、「ラーメンからロボットまで」世界各地に進出していることでよく知られています。 また、長期にわたる予防投資を通じて、新たなビジネスチャンスを模索し、ビジネスを発展させてきた歴史的な成果でもあります。 最近、環境への配慮とデジタル化の傾向に伴い、一般貿易企業の新たなビジネス課題がより活発になっています。 日本の商社の今後の事業投資動向を通じて、新たなビジネスチャンスをつかむ方法を見ていきましょう。

「M-KOPAは200万人の顧客を確保した後、ナイジェリアとガーナに参入」(TECHNEWS、Distributed Powerの記事、2022年3月5日) [출처=techpression.com]

[뉴스투데이=조항 포스코경영연구원 수석연구원] アフリカは夜、灼熱の太陽に包まれましたが、多くの地域で電気が通っていませんでした。

近くに大きな発電所や送電鉄塔はありませんが、最近では家電を使って携帯電話を充電する人もいます。 さらに、現金を使わない携帯電話の支払いも生活の一部です。

これは、いわゆるSHS(Solar Home System)のおかげです。これは、太陽エネルギーと主要な電化製品をパッケージとしてレンタルし、使用量を請求します(PAYG:従量制)。

ケニアに本拠を置くSHSM-KOPAの「Solar5」ホームキットは、ソーラーパネル(8W)、ラジオ、コントロールユニット、LEDライト、充電器の携帯電話で構成され、携帯電話とTVのモデルも組み合わされています。


画像

M-KOPAソーラー5 [출처=techcrunch.com]


•日本の総合商社が地方分権化に転向し始める

このように、所得水準が低く人口密度が高いために大規模発電所の建設の経済的実現可能性を確保することが困難な地域では、「分散型発電」が代替案として実行可能であるように思われます。

分散型電源とは、大規模な発電所で同時に発電、送電、配電するのではなく、需要のある場所の近くに小規模な発電施設を分散して配電することを指します。

電力事業法によれば、40 MW以下のすべての発電設備、または送電工事を最小限に抑えるために電力需要のある地域の近くに設置できる集合電力、地方電力、および500MW以下の民間発電設備を指します。 。 行。

特に、最近の環境への対応の流れとともに、太陽光発電などの大容量生産が困難な再生可能エネルギーの普及が見込まれます。

画像

ケニアの住宅は分散型電源の恩恵を受けています [출처=kenyans.co.ke]

もちろん、分散型エネルギーは家庭用だけではありません。 工場や商業施設の屋上にソーラーパネルを設置して、自社の電力需要を満たし、余剰電力を売るというビジネスモデルも積極的に開発されています。

当初から資源・エネルギー開発に加えて発電分野にも強みを持つ日本の総合商社も、脱炭素化の流れに伴い、分散型エネルギー源に注目し始めている。


•ソーラーホームシステムはアフリカに焦点を当てています

世界的に、サハラ以南のアフリカの6億人を含む、11億人が電気のない地域に住んでいます。

その結果、アフリカを中心にヨーロッパ地域にホームキット型ソーラーホームシステム(SHS)を提供する新興企業が数多く設立され、日本の総合商社も株式を投資してこれらのベンチャーに参加しています。

画像
[출처=africasustainabilitymatters.com]

三井物産は2018年5月にケニアを拠点とするM-KOPAに投資し、住友商事も同年12月に同社に投資した。 住友商事も2年後の2020年にWindGenPowerUSAに投資しています。

三菱商事は、2018年にフランス電力公社、2019年に英国のBBOXXと共同でNEoT Offgrid Africa(NOA)に投資することにより、NOAとの相乗効果を期待しています。

丸紅は、2018年に東京大学が主導するスタートアップであるWASSHAに21%の株式を投資し、2019年に英国のAzuri Technologiesに投資しました。また、ItochuCorporationは2020年に英国のWinchEnergyに投資しました。

これまでのところ、事業の実現可能性は、経営権の取得による積極的な関与ではなく、少数株主資本投資を通じて検討されていることがわかります。

■日本の総合商社によるアフリカへのSHS投資の現状

画像
[출처=각사 News Release 등을 토대로 POSRI 작성]


•アフリカの国内システムを産業市場に拡大する

産業用分散型電源事業は、ユーザーの工場や配送センターに太陽光発電システムを設置し、発電した電力を販売するモデルです。

電力の売り手と買い手が既存の電力市場を経由せずに直接電力を交渉する買電契約(PPA)であるため、再生可能エネルギーの比率を高める必要のある企業を中心に需要が高まっています。

特に産業市場では、企業からの脱炭素化の需要が高まる中、市場の需要は急速に高まっています。

地理的には、三井物産と三菱商事は、インドと米国、オーストラリアの住友商事、東南アジアの丸紅を戦略的な目標として事業を拡大しています。

三井物産は、2017年に米国の太陽光発電開発会社であるサンエジソンの分散型電力事業を買収してForeFront Powerを設立し、インドのOMCPowerとMarvelSolrenに投資しました。 三菱商事は、2016年に米国北東部を拠点とする事業者であるネクサンプを買収しました。

住友商事は2019年にオーストラリア第4位の企業であるインフィニットエナジーを買収し、丸紅はメキシコ、タイ、ベトナムに直販エネルギー子会社を設立しました。 伊藤忠商事株式会社は、経営権を取得するのではなく、 主に日本とタイの少数株主持分の形をとっています。

■日本の総合商社による産業用分散型電源投資状況

画像
[출처=각사 News Release 등을 토대로 POSRI 작성]


•究極のビジネスモデルは「仮想発電所」です

分散型電力のデメリットは、太陽光発電は太陽光の量に依存するため、電力系統の安定性が不十分であり、個々の発電所の容量が少ないため、規模の経済を実現することが難しいことです。

これらの欠点を補うために、これらのエネルギー源を単一の大型発電所に統合し、それらをまとめて制御する「仮想発電所(VPP)」の概念が次世代のビジネスモデルとして浮上しています。

画像
[출처=fortunebusinessinsights.com]

ソーラーパネルやエネルギー貯蔵システム(ESS)などのハードウェアに加えて、仮想発電所を実現するために、エネルギー需要予測やシステム安定性の最適制御、ソリューションエネルギートランザクションなどのソフトウェアを開発することが重要です。

仮想発電所モデルは現在、技術開発と実証試験の段階にあり、日本の総合商社は、仮想発電所の運転とソリューションへの投資の実証試験に積極的に参加しています。

[정리=최봉 산업경제 전문기자]


画像

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。