[인터뷰] Bath Hoschakhk 氏、最高技術責任者 IF

IF Technology は、地熱エネルギー システムのスペシャリストであり、ヨーロッパにおける地熱エネルギー技術の進歩をリードしています。 約90名の技術者が土木、機械、井戸パイプライン、電気など様々な分野で活躍しており、これまでにオランダ、△ベルリン、△英国、△米国、△日本など、全世界で約3,000件のプロジェクトが完了しています。 、△中国、△インド、ロシア、△デンマーク、スペイン。

IF Technologyの活動分野は、△Intertemporal Berehole Thermal Storage System (BTES) △Intertemporal Aquifer Thermal Storage System (ATES) △Deep Geothermal and Hydrothermal Energyです。 IF Technology の海外セールス マネージャーである Bas Godschalk 氏に会い、ATES の利点と韓国での適用の容易さについて聞きました。

■ATESとは?

オランダには、ATES を適用するのに適した気候と地域ネットワークがあり、IF Technology の技術は信頼性が高いです。 ATESは、季節に応じて得られる熱エネルギーを蓄えるシステムで、冬は5~10℃の冷熱を蓄え、夏は13~17℃で建物を冷房します。

夏に建物から回収した熱を再び蓄えます。 閉鎖系である BTES とは異なり、ATES は開放系であり、BTES よりも貯蔵容量が大きく、ATES で最も重要な要素は、帯水層からの熱の貯蔵と抽出です。

その結果、ATES はオランダの大規模なオフィス、ショッピング センター、病院で使用されています。 ATESは地中に設置した熱電池と考えると分かりやすいです。冬や夏に冷熱を帯水層に蓄え、必要に応じて取り出して利用するものです。

また、地下水を直接冷暖房に利用せず、熱交換器を介して熱のみを回収・利用するため、飲料水の汚染の心配がありません。 帯水層だけでなく、深層地熱や海水も利用できます。

■ATESを適用する際に重視するのは、

ATES 適用の鍵は、帯水層が砂か石灰かです。 現在、オランダでは、帯水層は水深 40 ~ 250 m に位置しています。 オランダの帯水層は、年間を通して 12°C の温度を維持し、冷熱が蓄えられるコールド シンクでは 7°C、高温熱が蓄えられるホット シンクでは 17°C を維持します。

コールドベッドの場合、特別な工程を経ずに冷却に使用できるため、効率が抜群です。 一般的には、40~50℃程度の対流暖房と床暖房を組み合わせます。

ATES のもう 1 つの重要な要素はフローです。 IF Technology は、ATES を適用する前に帯水層の透過性を測定し、これに基づいて温水と冷水の距離を設計します。 ATESは開放系であり、地下水の流れによる温水と冷水の熱放散により互いに干渉しないよう、地質環境に応じた正確な計測が重要です。

システム全体の規模は、蓄熱の経時的な損失と高温距離と低温距離を予測することによって設計されます。 システムが適用された後、圧力と温度は監視によってリアルタイムでチェックされ、電力消費はシステムが適切に動作するように正確にチェックされます。

ATES の初期の導入時に、オランダ政府と地方自治体はまた、ATES を帯水層の地下水損失または枯渇を引き起こす技術と誤解していました。 その結果、多くの企業は、ATES が帯水層内の地下水量を一定量の流出と流入で維持するシステムであると説得しようとしました。

■韓国におけるATESの適用可能性

ATESの適用可能性を確認した分析結果を見ると、△ソウル△仁川△清州△光州などの主要都市で優れた性能を持つシステムを構築できるようだ。 また、△釜山と△大邱に限られるが、ATESの適用により冷暖房エネルギーを提供できると分析した。

実際、韓国のほとんどの主要都市は川沿いに建てられています。 ATESは効率性と安定性に優れた技術であり、夏と冬の区別が明確な韓国ではATESの適用に最適な条件が揃っていると判断された。

しかし、韓国での申請には法的および制度上の困難が数多くあります。 韓国は、安定性、効率性、環境への配慮が保証された多くのエネルギー源を確保するために、法律と制度を改正する必要があります。 特に、ATESは長期利用を前提とした制度であり、継続的な制度的保護が求められるため、政府の役割は非常に重要です。

IFテクノロジーは、ATESなどのエネルギー関連技術はもちろん、国や自治体と連携して体制を整え、お客様に必要な情報を提供するなど、アドバイザリー的な役割も担っています。 韓国のシステム導入プロセスに慣れていないが、韓国政府が ATES 関連のシステムを導入する必要性を感じている場合、IF Technology はその経験を政府関係者と共有する準備ができています。

特に、2050 年にカーボンニュートラルを達成するために、水熱エネルギーとエネルギーネットワークの分野で韓国と協力できるはずです。水熱エネルギーの開発者とエンジニア。

韓国のカーボン ニュートラル プロセスでは、オランダとの協力により、カーボン ニュートラルへの移行を促進することができます。 IF Technology では、ATES 設計などの段階的な教育プログラムも実施しています。 ATESが普及するための土台を築く準備が整いました。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。