[인터뷰] 「韓国の若い起業家は広い視野と素早い決断をする」[글로벌 리포트]











日系会計事務所代表のファン・テソン氏が日本進出企業のコンサルティングを支援
「法律や制度を十分に理解した上でリスクを軽減する」

ステイシア代表ファン・テソン、写真=チョ・ウンヒョ特派員

ステイシア代表ファン・テソン、写真=チョ・ウンヒョ特派員

[Financial News Tokyo = Correspondant Jo Eun-hyo]「韓国の若いスタートアップ起業家に会うたびに感じますが、彼らが発する強いエネルギーにも力を与えられていると感じています。」

日本で韓国のスタートアップに総合的なアドバイスを提供する日本の会計事務所である Stasia のファン テソン (51) 代表取締役は、7 月 31 日に東京で行われた会計事務所 Stasia とのインタビューで次のように述べています。が、海外市場もターゲットにしていることは非常に大きな強みです」と語る。黄代表は「しかし、十分に検討せずに海外市場に参入すると、このスピードが『リスク』になる可能性がある」と指摘した。参入率が低く、事業展開がしやすい。 また、日本は信頼できる社会だと考えられていますが、一言で言えば、詐欺師はどこにでも存在します」と彼は言いました。反応。

日本の会計事務所Stasiaのファン・テソン代表。 写真=チョ・ウンヒョ特派員

日本の会計事務所Stasiaのファン・テソン代表。 写真=チョ・ウンヒョ特派員

黄代表は日韓出身で会計士歴27年のベテラン会計士であり、日韓ビジネス歴15年で、最近日本に進出した韓国のスタートアップ企業に対して総合的なアドバイスを行っています。 彼の韓国との関係は、2002年の韓日ワールドカップの時に始まりました。 当時、彼が勤務していた日本の会計事務所の韓国人パートナーは、サムジョン KPMG 会計事務所でした。 サムジョン会計事務所に4年間出向し、韓国と日本の事業を担当。 帰国後の2007年に独立し、株式会社ステイシア会計事務所を設立。 当時、韓国語を話しながら韓国業務を専門とする日本人会計士はほとんどいませんでした。 「どうしてこうなるのかと考えていた。隣国であり、2 つの市場と経済規模は大きくない。韓国と日本の 2 つの市場を統合するという個人的な夢があった」 Stasia は日本の東京に本社を置き、ソウルの江南に韓国支社があります。 最近では、韓国のスタートアップを日本の投資業界に紹介するためのメディア プラットフォーム「Koritto」を立ち上げました。 Stasia が参加した韓国のスタートアップの中には、Class 101 や Dalcom Soft など、すでに日本市場での地位を確立している企業もあります。

最近では、日本でもベンチャーキャピタル(VC)などの投資関連事業の割合が増えています。

また、アーリー ステージのスタートアップを発見し、投資をつなぎ、メンターシップを提供する「アクセラレーター」としても機能します。 7月27日、韓国のスタートアップと日本の投資家をつなぐオンラインイベント「Knock Japan」が開催された。 黄代表は「若い世代よりも先輩世代として、自分に合っていることをしたい。

ehcho@fnnews.com チョ・ウンヒョ特派員








Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。