[월드리포트] 4億ドルの誤った支払いを受け取り、「2倍」になりました…リストはどこに保存されていますか?

山口県阿武町では、人口約3,000人のコロナ補助金をめぐって大きな反響がありました。 先月、オミクロンが広まったとき、4,630万円の助成金と4億ウォン以上のお金が一家族に寄付されました。 問題は、このお金を受け取った人が、お金がなくなったと言って返済を拒否する、いわゆる「ペチェラ」スタイルがなくなったために困っているように見えることです。

コロナ助成金が来ています…「お金を取り戻すことができません」

阿武町が一時的な特別コロナウイルス支援の標的を特定したのは先月初めだった。 これは、基本的な生計保障の対象となる463世帯に10万円払うべきだったと思います。 しかし、この村では、金融機関に世帯数を提出する際に、添付の口座振替請求には、463世帯を1世帯にまとめる内容が含まれていました。

結局、金融機関は463世帯※10万円= 4630万円を家計に送金し、実際に受け取った10万円を含めて4640万円をこの家計に預け入れた。 預金が誤って行われたことを知ると、村長はすぐに世帯に連絡しました。 お金を集めるように頼まれたとき、最初はそうしているように見えた家の所有者は、数日後に突然電話に出なくなり、電子メールに応答しなくなったと言いました。

約一週間後、村長が再び彼を訪ねてきたとき、所有者は「役人のせいだ」と言って、お金を払えないと言った。 それから彼は次のようなことを言いました。「別の口座に送金して返金することはできません。 あなたが罰せられたいのなら、それをしてください。 村の代表は先月末に記者会見を開き、状況を説明しながら謝罪の頭を下げた。 村は刑事訴追と民事訴訟を検討するでしょう。 あなたがその家からお金を返さない限り、それは刑事事件につながる可能性が高く、違法に取得する意図が証明された場合、詐欺または横領の罪が適用されます。 しかし、日本のメディアも「理論は分かれている」と言っており、専門家の言葉を使って非難を認めることはできません。

ディスケットにリストしますか?


ただし、この場合に注目されているのは、ケース自体ではなく、管理プロセスです。 「ディスケット」は、村が補助金の対象となる463世帯のリストを保管して金融機関に提出する手段でした。 韓国でも、30代か40代でなければフロッピーディスクが何なのかわからないかもしれません。 金融機関は最初に村にリストをディスケットで送るように頼んだと言われています。 これは、銀行がまだディスクを含むコンピューターを使用していることを意味します。 韓国の場合、アカウント番号のリストを電子メールまたはUSBで配信していました。 それは本当に時代の物語ですが、2022年に日本はまだこのプロセスを経ています。 ファックスや切手がない日本でもフロッピーディスクが使われていることは、仕事の進行を妨げていると考えられます。

(写真=聯合ニュース)

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。