[우리말, 생활속으로]⑪日本との「かんぶ」での英語の乱用

[이건범 한글문화연대 대표] 韓国語では外国語やフレーズが頻繁に使われるため、疎外感を感じる人が増えています。 何を意味するのかわからない外国語のあふれは、世代間の対立だけでなく、人々の生命と安全を脅かす要因として特定されています。 だからこそ、なじみのない外国語が私たちの日常生活を引き継ぐ前に、簡単で正しい韓国語に変換する努力をする必要があります。 「韓国語、イントゥライフ」プロジェクトの一環として、Edailyは、美しい言語文化を広めるために率先して取り組む人々を通して、韓国語を使用することの意味と価値を調べます。 >>

写真=Netflixの「イカゲーム」ビデオからキャプチャ

視聴率チャートで世界一の座を獲得した「イカゲーム」の「かんぶ」という言葉が話題になっています。 カンブは、チャクチチギやホームプレートを演奏するときのサイドや同志の俗語として知られています。 しかし、最近出会った数人の証言によれば、日本語の「株式会社」の「株式会社」という言葉が変わった可能性が高いです。

「かぶしき」とは、かつて日本の問屋の業界団体を指す言葉であり、同額の投資を取得する権利を「かぶしき」と呼んでいました。 「がぶ」とは、一種の経済共同体のことです。 これは、子供が年月を経て「かんぶ」という言葉に変わり、再び登場するにつれて、日本人はさまざまな地域で「取引しよう」、「ゲームをしよう」、「ゲームをしよう」と言っていたということです。 発話音の類似性という点では説得力があります。 坂を意味するコバイという言葉と同じように、日本語の「コウバイ」の残りの部分もそうです。

韓流の真っ最中、どの日本語がドラマに残っているのだろうかと思いますが、それが私たちの生活です。 ドラマのタイトル「イカゲーム」は、一部の地域では「イカガイ」と呼ばれていました。 この名前は、「戦いを始める」という意味の日本語の「外仙」に由来しています。 ゲームも日本人なのか心配でしたが、いろいろな情報源が「イカゲーム」を民俗ゲームとして紹介してくれてうれしいです。 「朝鮮民俗百科事典」は、日本の植民地時代に人々を「ガイセン」と呼ぶ習慣がしばらく続いたのではないかと推定した。

「はんぱえ」や「その間」の代わりに日本語の「かぼう」、「遊び」の代わりに日本語の「カイセン」を使っていた私たちの文化は、今や韓流の名で世界を席巻しています。 これは驚くべきことであり、称賛に値します。 その過程で、「ガブ」が「カンブ」になり、「ガイセン」が英語の「ゲーム」になるというこの混合は、文化的現象として非常に理解できます。 しかし、そのような言葉の流入と変化の悲しい話が思い浮かぶので、それはただ恐ろしいだけではありません。 どうして自由で公正な文化交流だったのでしょうか。

韓流とスープのおかげで、今は日本を通過したと思います。 しかし、私たちが知っているかどうかにかかわらず、日本が私たちにどれほどの影響を与えたかは、しばしば驚くべきことです。 メディア、公的機関、企業で使用されている英語が一般的に日本で使用されているものを模倣しているという事実は、ショックに他なりません。 全国の地方自治体が行うさまざまな「挑戦」、機械で使われる言葉を人間に当てはめる「仕様」、高官がよく使う「スケーリング」、「レベル」を上げるだけの「レベル」など、英語本来の意味言葉と同じレベル。 これとは逆に、日本人は自分の都合や意味をつけるために使う日本語がたくさんあります。

国際関係のソ・ジュンソプ博士の分析によると、私たちが日本で使用したこのように使用した英語の単語は、テイクアウト、スキンシップ、S&S、プロデューサー、ベッドタウン、パネル、アメリカーノ、スタジオ、コラボレーション、モードモードに加えて、アルファ、有名人、エコバッグ、チェックポイント、スキル、パワーアップ、マイナス成長、インフラストラクチャ、イベント、ヘルスセンターなど。 無数です。

第二次世界大戦敗戦後のアメリカ支配の影響であろうと、グローバリゼーションへの欲求であろうと、明治維新の間に西洋の文化や概念を翻訳することの刺激的な創造性は無に帰した。 今日、日本人は英語の単語を使うのが好きです。 不思議なことに、私たちのメディアや当局者もこの細断された英語をそのまま使用しています。 日本で使われている英語なら使える「かんぶ」もありますか? 英語を公用語にするという議論も、日本で最初に起こったことに従った。 私たちは多くの点で日本を離れていますが、それでもいくつかの点で日本をフォローしています。 その中で、英語の乱用を模倣することはどれほど恥ずべきことです。

ハングル文化連帯会長イ・クンボム

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。