[예비상장사 CEO 인터뷰]Enjet ビョン・ドヨン代表「超薄型インクジェット印刷技術で3D印刷市場を攻略」










エンジェットのピョン・ドヨン代表。

エンジェットのピョン・ドヨン代表。

[파이낸셜뉴스]「エンジェットが開発した韓国独自の超微細インクジェット印刷技術は、スマートフォン、ディスプレイ、半導体、バイオセンサー業界にすでに適用されています。

超精密インクジェット印刷部品の専門企業エンジェットがコスダック市場に挑戦。 2009 年に設立された Enjet は、電気流体力学的誘導 (EHD) インクジェット印刷技術に関する幅広い専門知識を持つ企業です。

エンジェットのピョン・ドヨン代表(写真)は4日、フィナンシャルニュースとのインタビューで「ディスペンシングとは液体を強い圧力で搾り出す過程である。ハチミツをチューブに絞って塗布するのと同じ原理だ」と述べた。パンにのせます。

グローバルな物流関連企業には、NASDAQ に上場している米国のノードソン、産業用インクジェットノズルを製造する日本の富士フイルム、コニカミノルタなどがあります。 世界の産業用インクジェットノズル市場の約95%が日本製です。 ディスペンスやインクジェット技術の場合、最近ではディスプレイや半導体産業の重要なプロセス技術として応用されています。 今後、印刷技術が拡大し、新しいプロセス技術に応用されると、日本に頼らざるを得ない構造です。 2017年にはサムスン電子とサムスン電機が携帯電話と半導体部門にEnjet技術を採用し、2018年にはLG電子のディスプレイ部門もEnjet技術を導入した。 ピョン・ビョン代表は「エンジェットのインクジェット技術は、富士フイルムよりも体積を1000分の1のインクジェットにすることができる。 1マイクロメートルまで微細化できるため、より精密な回路の描画や機能性コーティングが可能です。

近年、ESG(環境、社会、ガバナンス)が強化される中、エンジェットの技術が適用される分野は数多くあると予想されます。 実際の携帯電話の場合、Samsung Display はインクジェット印刷を量子ドット ディスプレイに適用しています。 ビョン代表は「既存の展示工程はファイリングなど6つの工程を経なければならず、環境問題とコストの問題が発生する。

Enjet のインクジェット印刷技術は、2000 年代初頭に日本の産業技術総合研究所 (AIST) と米国のイリノイ大学で研究されました。 20年後、大量生産に成功したのはエンジェットだけです。 ビョン代表は「技術自体が新しいインクジェット技術であるため、顧客の支持を得て信頼性を確保するのに時間がかかった。 市場で急速に拡大するため、同社もさらに成長することができます。

Enjet は最近、企業へのバイオセンサーの供給を開始しました。 バイオセンサーは感度を制御する必要があるため、投射されるインク滴の均一性が重要です。 ピョン代表は、「既存の調剤製品よりも安定した性能を示したという理由で採用された。バイオセンサー分野でも期待が高い」と話した。

一方、エンジェットは次世代市場として半導体パッケージング分野をターゲットにしている。

以前は、メモリ半導体のコンディショニングは後処理プロセスであったため、それほど重要ではありませんでしたが、非メモリが強調されたため、コンディショニングは重要な問題になりました。 また、世界的なARディスプレイ企業との協業も進行中で、将来的には3Dプリンティング市場への参入を計画しています。 ピョン・ビョン最高経営責任者(CEO)は「エンジェットによると、3Dプリンティング市場は単なる3Dプリンティング市場ではなく、3D形状を作成し、同時にその中に電気回路を配置して機能を持たせる市場である」と述べました。ビジネスになるために最善を尽くします。」

kmk@fnnews.com ジャーナリスト キム・ミンギ







Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。