[아베 사망] 狙撃兵の母親は統一教会の会員です…過去からの安倍との噂を締めくくる

元日本の安倍晋三首相 [사진=AP·연합뉴스]

日本の安倍晋三前首相の狙撃兵が恨みを持っていた宗教団体は、世界平和統一家庭連合(統一教会)であったことが知られています。 日本の玄大ビジネスは10日、攻撃者が警察に「母が統一教会の会員であり、安倍前首相が統一教会の近くにいることを知り、攻撃することにした」と述べたと報じた。 。 犯人の山上哲也氏は、母親が宗教団体に多額の寄付をして生計を立てようと奮闘した際、宗教団体と関係のある安倍前首相に恨みを抱いたと伝えた。 政治的な動機はありません。

以前、日本のメディアは「特定の宗教」のみを報道し、宗教の名前を指定していませんでした。

世界平和統一家庭連合に所属する政党である国際ソンゴン連盟は、1968年に設立された保守的なグループであり、保守的な自民党のメンバーと密接に関係していることが知られています。 安倍首相と勝利連立が長い間密接に関係していたという噂がインターネット上で渦巻いた。 日本共産党の赤旗紙は、昨年9月、安倍首相が世界平和統一家庭連合に関連するグループの会合にお祝いのビデオメッセージを送ったと報じた。 昨年9月、安倍晋三前首相は、世界平和統一家庭連合に加盟している民間の国際機関である天宙平和連合(UPF)の会合に出席し、メッセージビデオを送った。


過去には、自民党と宗教団体との関係についての批判があった。 共同通信のソウル特派員を務めたジャーナリストでノンフィクション作家の青木理は、著書「日本会議のアイデンティティ」の中で、日本最大のロビー右翼である日本会議の背後に宗教団体があると主張した。 。 多くの自民党の巨人は、日本評議会の下での「日本国会議員会議」のメンバーです。


この本によると、日本会議は、右翼グループ、日本を保護するための国民議会(国会)と日本を保護するためのグループ(保護するためのグループ)の合併によって1997年に設立されました。 その中で、警備隊は、300万人以上の会員を擁する新興の宗教団体「聖人の家」のリーダーである谷口雅春(1893-1985)の教義に基づいて1974年に設立された右翼の宗教団体です。 青木氏は、日本会議のルーツは成長の家であり、現在の日本会議を支える主要な柱は「神道」であると指摘した。


©「5つの言語でのグローバル経済日報」アジュ経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。