[아미랑]重粒子線「夢のがん治療」…来年発表




延世がん病院に重粒子線治療装置導入予定 / 延世がん病院提供

がんの治療は、手術、化学療法、放射線療法に大きく分けられます。 その中でも放射線治療とは、がん細胞に放射線を照射してがん細胞を破壊することを指します。 「がん夢治療」と呼ばれる放射線治療のステップアップ治療があります。 これがミドルグラウンド・セラピーです。 重粒子線治療を受けるため、ドイツや日本に遠征する人も少なくありません。 来年、この治療法は韓国でも利用できるようになります。

今日のAmletterの2行の要約
A. 来年韓国に導入される夢のがん治療用重粒子。
2. 海外発送は慎重に判断し、必ず専門家にご相談ください。

がん細胞を撃つ別の「物質」による治療
実際、放射線治療は長年にわたって多くの点で発展してきました。 現在行われている放射線治療には、ガンマ線を照射するガンマナイフ、どの方向からでも自由に放射線を照射できるサイバネティックナイフ、放射線を最適な強度で照射する放射線治療などがあります。パソコンを使った配信。 その中でも重粒子線治療は、患者の体内に注入する放射線として「粒子」を選択する治療法です。 最先端の放射線治療と言えます。 昔は、X線やガンマ線などの「電磁波」が使われていました。 しかし、重粒子線治療は患者の体内に炭素イオン粒子を放射します。 重粒子線治療が画期的ながん治療と呼ばれる理由も、粒子を利用しているからです。 炭素イオン粒子は癌組織に十分に送達され、癌細胞と出会うと爆発的なエネルギーを放出して癌を殺します。 がんの治療に良いです。 このプロセスでは、がんの周囲の他の正常な細胞が影響を受けないため、放射線治療中に経験する嘔吐、脱毛、疲労などの副作用が最小限に抑えられます。

優れた治療効果
重粒子線治療は非常に効果的で、肝臓がんの治癒率は 90%、前立腺がんの治癒率は 100%、肺がんの治癒率は 80%、再発がんの治癒率は 42% です。 日本の国立放射線医学総合研究所(NIRS)が実施した研究によると、乳がん患者の術前重粒子線治療により、5 年生存率が 20% から 53% に増加しました。 従来の放射線治療に比べ、治療回数は半分以下です。 それは、患者の生存率を改善し、生活の質の低下を防ぐために多くの点で貢献しています。

1回の発送処理で1億ウォン…
韓国にはまだ重粒子線治療を実施する場所がない。 良い治療法なのに、なぜ導入されないのでしょうか? 延世がん病院放射線腫瘍科のイ・イクジェ教授は「非常に高価な機器だが、設置する物理的なスペースが不足していたことも影響している」と語った。

1994年の開発以来、日本、ドイツ、イタリア、中国の13センターのみが重粒子線治療装置を保有しています。 特に、2009年に重粒子線治療を初めて導入したドイツは、独自の技術を確保することでこの分野をリードしています。 そのため、韓国のがん患者が海外治療のためにドイツや日本に渡航するケースが多い。 修学旅行で治療を受けると、1回の治療費は1億ウォン近くになる。 イ・イクジェ教授は「宿泊費、通訳費、生活費などの仲介費用が無視できず、国情に応じた医療サービスを受けるのに不便が大きい」と話した。

重粒子線治療に向かない患者さんもいれば、専門医に相談せずに治療を発送するだけでお金がかかり、治療効果が見えないケースもあります。 お金を払って重粒子線治療を受け、間違った治療を受けてから戻ってくるという被害の事例もあります。 ソウル大学病院の重粒子加速器プロジェクトの責任者であるウー・ホンギュン教授(放射線腫瘍学科の教授)は、「他の治療と同様に、重粒子線治療が安全で安全であることを心に留めておくことが重要です。特に、オンライン コミュニティの広告ではなく、専門家に相談して決定した場合に効果的です。

セブランス病院とソウル大学病院、それぞれ2023年と2026年に導入
幸いなことに、来年には韓国にも重粒子線治療装置が導入される予定だ。 セベラン病院は2023年3月から重粒子線治療を開始する予定で、ソウル大学病院も2026年に釜山機張郡で重粒子線治療を開始する予定である(SNU機張がんセンター病院は2025年開院予定)。 , 「膵臓がんや肉腫などの難治性がんに対する重粒子線治療の導入を予定しています。 客観的な臨床結果がない場合は、地元の病院と協力して、韓国人に適した治療プロトコルを作成します。

韓国で導入された場合、治療費は4000万から5000万ウォンになると予想されています。 まだ時期尚早ではあるが、将来、保険給付が適用されれば、特別計算を受けるがん患者は、この費用の5%(200万~250万ウォン)を負担するだけで済む。

現在、重粒子線治療だけでなく、さまざまながん治療法が世界中で開発されています。 イ・イクジェ教授は次のように述べています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です