[심층분석] 日韓関係は改善するのでしょうか? 「あなたは楽観的ではなくクールでなければなりません。」

[서울=뉴스핌] イ・ヨンテ記者=尹錫淑政権は朴仁外相の訪日により日韓関係の改善に努めているが、日本側が独島の主権を繰り返し主張し、福島第一原子力発電所を承認するなど、混乱が高まっている。汚染された水をプラントから処分するプラント計画。 「日本外交の対象」という批判が高まる中、日韓関係を改善することは可能でしょうか。

日本の専門家である慶南大学日本極東研究センター所長のチョ・ジングー氏は、26日のニュースピムとの電話で、「日本は、韓国と日本の関係を改善するために譲歩する気はないようだ。やっている」と彼は言った。





朴仁外相が訪日し、19日午後、岸田文雄首相と東京の首相官邸で記念写真を撮る。2022.07.19 [사진=외교부]

チョ氏は、「日本政府が、韓国と日本の関係を改善するための強制労働の問題に対する新たな解決策を思い付く可能性はほとんどないことを理解しなければならない」と述べた。

「日本政府における日韓関係の改善の問題は優先事項ではない」と彼は言った。

特に、日韓関係の改善を急いでいるユン・ソクヨル政権は、「岸田文雄政権が推進する日本の防衛力強化など、軍事安全保障上の問題が生じた場合、両国間の過去の問題は解決されておらず、韓国と日本、韓国、米国と日本の間の安全保障協力など。「政府は非現実的な話に夢中になってはならず、現実に基づいて決定を下すべきである。楽観的な予測を行い、それに応じて準備する」と述べた。

実際、岸田首相は先月10日、シンガポールで開催されたアジア安全保障会議(シャングリ・ラ・ダイアローグ)で基調講演を行い、8年ぶりに日本の首相として出席した。 核兵器のない世界、安全保障の強化、安全保障の強化、国連の機能の強化、経済安全保障などの多くの新しい分野における国際関係の強化という主要な柱により、外交と安全保障における日本の役割を強化する意図。

岸田首相は当時の演説で、国防費を大幅に引き上げ、5年以内に日本の防衛力を抜本的に強化する決意を表明した」と述べた。 彼が何を使おうとしていたのかを、それを提唱しながら防御能力を構築する必要性を説く機会として慎重に検討する必要があります。」

市民社会団体は、尹錫淑政権の日韓関係改善への取り組みを「屈辱的な外交」と非難し、やめるよう促している。

韓国貿易連合連合、正義と追悼連合、国立研究所が関与した日韓歴史・正義・平和行動は、ソウル龍山区の大統領府の前で記者会見を行った。 21日、「龍山政権の対日外交に原則や代替案がないのは外相だ」と述べ、「日本人の訪問で明らかになった」と述べた。

特に、朴大臣の「慰安婦問題日協定は、政府間の公式協定として支持されている」との発言に対して、「慰安婦問題協定は、全員が反対する一方的な協定だった」と述べた。 「そして、それに伴う判断から逃れることはできません。」

さらに、「政府が考案した強制動員の問題を解決する方法も非常に屈辱的だ」と述べた。

「植民地支配を謝罪しない日本との軍事協力はあり得ない」と彼は述べた。

同日、元慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)氏も声明を発表し、「最近、2015年協定が成立しているというニュースが出続けている」との声明を発表した。眠れない。 「なぜあなたは私たちに欺瞞的な合意を強いるのですか?」

この祖母はユン大統領に「二度殺さないで。被害者全員を代表して李容洙が尋ねる。今年の8月15日までに会い、問題の適切な解決について話し合いましょう。慰安婦」と尋ねた。

しかし、外交筋によると、岸田文雄政府は、日韓関係を改善するために、日本の植民地時代の強制労働の犠牲者に対する補償の問題を迅速に解決する必要性にも同意しているようだ。

また、日本は、通常7月上旬から中旬に発行される防衛白書の採択を遅らせ、福島原発の承認を遅らせることで、韓国との関係を改善したいというメッセージを送ったことで知られている。発電所。 朴大臣の訪日後の汚染水処理計画。

日本はまた、2005年から18年間、独島の主権を主張する防衛白書を繰り返し採択している。

先日、22日に発行された防衛白書の中で、日本政府は「日本の自国領土である北方領土(千島列島)と竹島(ドクド)の問題は未だ解決されていない」と述べていた。 “。

防衛白書は独島だけでなく、2018年の韓国海軍駆逐艦と海上自衛隊のパトロール機との紛争、軍事情報保護協定(GSOMIA)の終了をめぐる論争についても言及している。 。 論争。

同日、日本の原子力安全規制委員会(NRA)は、汚染された水を福島第一原子力発電所から海に排出する計画を正式に承認した。

外務省は、福島原子力発電所からの汚染水排出計画について、「政府は、国民の健康と安全を最重要視することを原則として、内外の最善の対策を講じる計画である」と述べた。 「私たちは、これを通じて海への放出の潜在的な影響について懸念を表明する一方で、韓国側に、自身の安全レビューに必要な十分な情報を提供し、汚染されたものの安全な治療に責任ある対応をするよう引き続き促します。原子力発電所からの水。」

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は26日、記者団と会談し、韓国などの関係国は、日本の福島から海への汚染水の投棄を受け入れなければならないと述べた。選挙以来、近隣諸国での汚染された水の排出)が提唱されている」と述べた。

パク・ジン大臣は、前日の国民議会の政界での日韓首脳会談の可能性についての質問で、「いつ来るかわからない」と述べた。 楽しみにしている」と答えた。

強制労働の解決なしには日韓関係を回復することは難しいと指摘し、「現状だ。被告企業との直接交渉や日本の謝罪などが必要だ。これを引き継ぐ」と述べた。日本側も、被害者の意見を可能な限り尊重し、韓国と日本が合理的な解決策として受け入れることができる方法を模索している。」

medialyt@newspim.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。