[빅픽처] 時代もジャンルも超えた「ゴースト」に立ち向かう素材の壁で「交渉」


[SBS 연예뉴스 | 김지혜 기자] ハリウッドの大ヒット作「アバター: ウォーター ロード」と日本のアニメーション「ファースト スラム ダンク」がロングランを続けている一方で、韓国の 2 つの映画が旧正月の休暇中に劇場をターゲットにしています。 これらは映画「ネゴシエーション」と「ゴースト」です。

「交渉」は最悪の誘拐事件でタリバンに人質を取られた韓国人を救出するためにアフガニスタンに出国した外交官と国情院現地要員の交渉作戦を描いた作品だ。 2007年センムル教会誘拐事件を題材に、ファン・ジョンミンとヒョンビンが主演を務め、「ワイキキ・ブラザーズ」「内部告発者」「リトル・フォレスト」などを演出したイム・スンレ監督が、メガホン。

「ゴースト」は、本物の「ゴースト」の止められない活動と、隔離されたホテルに閉じ込められた容疑者が、疑いを打ち破り、反日組織によって植え付けられたスパイである「ゴースト」であると信じられている容疑者の必死の闘いを描いた映画です。 1933年、朝鮮総督府の京城にて。 イ・ハヌイとパク・ソダムが主演を務め、「チョン・ハジャンナ・マドンナ」「ビリーバー」を演出したイ・ヘヨン監督が演出を担当した。

コロナ19のパンデミックが数年続いているため、秋夕と旧正月の休暇中に劇場で先行作品を見つけるのが難しい時期がありました. 2023年の旧正月休暇中に、トップスターをフィーチャーしたジャンルの重い2つの映画が同時に公開される予定で、「アバター2」と「最初のスラムダンク」との4者間の戦いを形成します.

交渉


◆「交渉」、共感を阻む物質の壁…クエスチョンマークは除く

センムル教会の宣教団誘拐事件は、事件当時から世論を二分する事件だった。 もちろん素材自体はシネマティック。 しかし、これはデリケートな素材であるため、ストーリーの視点とメッセージの展開方法が課題に近いように思われました。

「交渉」は、事件ではなく、正確には、人質ではなく、人質を救出した交渉者に焦点を当てていました。 ビルドの品質は悪くありません。 衝撃的な事件が発生し、その事件を解決しようと奮闘するキャラクターたちが登場し、トップ俳優たちの魅力と演技が加わり、葛藤と危機を乗り越えて劇的に事件を解決していく構成。

この映画は、開始と同時にある事件を紹介します。 それは急速な進化の選択であると同時に、ステージングの方向性を示唆するオープニングでもあります。 この映画は、物議を醸す実際の出来事についての視点や視点を排除しながら劇を進めます。

イム・スンレ監督は、事件そのものではなく、事件を解決するために奮闘した人々の話を通じてヒューマニズムを語りたかったようだ。 事件の原因と結果に関係なく、生命が危機に瀕している国民を保護することは国家の義務と責任であり、国民の生命は国の顔やお金よりも重要であることが強調されています.

交渉


外交部職員のジェホ(ファン・ジョンミン)と国家情報院の工作員デシク(ヒョンビン)は、タリバンとの交渉のために武器を手にする。 原則と原則を重んじるジェホと、田舎に長くいるデシクは、経験と機転を重視し、交渉の仕方で意見が食い違う。 しかし、最終的に2人は「人を救う」という考えで一致し、協力する。

監督の善意とメッセージが映画全体に浮かんでいます。 対処する必要がある質問は避けてください。 それについての意見は分かれており、物議を醸していますが、それを排除するべきではありません. 実際、このプロセス自体が、さまざまな視点、解釈、出来事の理解を受け入れることにつながります。 「交渉」は、聴衆に「なぜ、今、この話をもう一度するのか」を納得させることができません。

事件の被害者や事件解決に奮闘する人々に感情移入しにくく、映画全体を通して心からの逸脱が見られます。 人質の出現は状況の恐ろしさを最大化しますが、同情や同情を生むことはありません。 さらに、交渉者の血、汗、絶望に感情を入れることは困難です。 バイクの追跡シーンや銃撃戦など見所が尽きない作品ですが、上記の参入障壁はジャンルの面白さを味わうには最適です。

交渉


端的に言えば、外務省の交渉戦略は半分しか成功していない。 交渉開始時に外務省が出したガイダンスノートは、思わぬ危機の連続で破綻し、最終的には最善ではなく、次善の選択をした。 この映画は、紛争や危機を解決していく流れの中で切迫感を持ってそのプロセスを描いていますが、見る人の心は温まるどころか冷めてしまいます。

「ネゴシエーション」は、「なぜ?」という巨大な疑問符が解決されずに結び目を結ぶ未完の映画になりました。 それは最初から最後まで続きました。 実際、この交渉がどのような議論を経ても、「それにもかかわらず」で終わるはずです。 振り子をあの頃に戻したとしても、彼らの選択はそれほど変わらなかったでしょう。 しかし、これがこの映画がこの事件を映し出すことによって伝えようとした最高の物語であることを後悔せずにはいられません。

おばけ


◆ 日本統治時代の深みも反響もないファンタジーアクションドラマ「ゴースト」

2015年「京城学園 消えた少女たち」、2018年「ビリーバー」でスタイリッシュな演出力を認められたイ・ヘヨン監督は、日本統治時代を舞台にミステリーとアクション映画を融合させることに挑戦した。 新作『ゴースト』は、前半30分が幽霊捜索を中心とした警察ドラマ、後半10分が反日組織ブラックボディの活動を描くアクション作品という複合ジャンルで構成されている。

監督の巨大な野心と比較して、結果は気が散ってずさんです。 前半の推理要素は最初からしっかりと続けるつもりがなかったかのように空っぽに崩れ、後半のアクションは確率のなさと非現実的なデザインで一瞬ファンタジーに変わってしまう。

この作品では、当時の悲劇がアクション作品の背景やシーンとして消費されているだけです。 映画の中で朝鮮は、韓屋と西洋風の建物、韓服、着物、西洋の服装が混ざり合ったエキゾチックで美しい空間として登場します. また、抑圧する日本と抵抗する独立軍との対決は、アクションのカタルシスを爆発させる仕掛けとなる。 美しく華麗なアートと派手な演出が映画全体を通して輝きますが、ずさんなストーリーと弱いキャラクターは、劇が展開するにつれてその限界を明らかにします。 悲劇的な美しさに満ちたセリフを吐き出すことが、時代の痛みを聴衆に伝えると思ったのだろうか。 大げさなセリフに深みや余韻は感じられない。 「たばこ」をめぐる二人の女優の些細な会話が最悪。

おばけ


キャラクターデザインも期待外れ。 朝鮮の金持ちの娘であるが、彼女の信念のために独立運動に専念したパク・チャギョン(イ・ハヌイ)。 朝鮮人でありながら政務長官まで出世した百合子(パク・ソダム)。 ジュンジ(ソル・ギョング)の話は、キャラクターの魅力を最大限に引き出す良い素材だった。 彼らのジレンマには、映画製作層を通じて映画的に使用する余地が十分にありましたが、監督は、目を楽しませるために 1 つまたは 2 つのエピソードまたは数行でそれを処理しました。

イ・ハヌイが演じるパク・チャギョンとパク・ソダムが演じるアン・ガンオクが突出しているが、彼らを含むほとんどの俳優がキャラクターを演じているという印象を与える。 深みや意味のない完璧なキャラクターがたくさんあります。 ターゲットがソル・ギョングとパク・ヘスであるという事実は、映画自体にとっても大きな損失だ。 役割の大きさや重さは関係ありません。 ソル・ギョングさん演じる村山さんの場合、立体的に描かれているように見えますが、この役柄の使い方や劇中の結末を考えると、役者としての実力を発揮することだけに集中しているように見えます。

主演の女性二人は登場人物としての完成度に欠ける数シーンしか存在していないようで、残りの役者は登場人物や役者として印象的なシーンを作らず、物語全体を彷徨い、下手くそのまま。

おばけ


映画は後半の30分でアクションを競い合っているようです。 イ・ヘヨン監督は二人の俳優の活発な演技を通じて視覚的な楽しさを提供したい. しかし、映画全体に最も力を与えたシーンは、ジャンルや時代の使い方を適切に定義せずに、物語をまったく別の世界に送り込んでしまいました。 「ゴースト」のアクションは、ストーリーやキャラクターと有機的に結びつくのではなく、アクションのためのアクション。

映画は許容範囲内で時代や物語を脚色したり変化させたりすることができます。 それは監督、クリエイターの自由と能力であり、俳優の役割は監督の映画的な想像力をゲームを通して視覚化することであり、「ゴースト」は監督の好みと野心を示すだけです。

ebada@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です