[비즈人워치]「Pexucluは、発売後1年で1000億ウォンの売上を目指す」

国内の胃食道逆流症 (GERD) 治療市場は急速に変化しています。 以前は、胃食道逆流症治療市場はPPI(プロトンポンプ阻害剤)が独占していましたが、2019年にP-CAB(胃酸カリウム分泌の競合的阻害剤)の出現により、劇的な変化が起こりました.

P-CABの最初の処方は、2015年に日本の武田薬品工業が開発した「タケキャップ(国内製品名:ボシン茶、成分名:ボノプラザン)」でした。次に、HKイノエン「K-キャップ(国内製品名:成分名:テゴプラザン)」韓国で承認されたものの、給与や著作権などの問題で承認が遅れていた が、なんとか国家新薬第 30 号として承認・発売され、2019 年に国内の P-CAB 市場を席巻しました。

その後、大雄製薬も7月に「ペクスクル(成分名:フェクスプラザン)」を発売し、本格的な争奪戦を繰り広げた。 到着が遅れたものの、デウン製薬は Pexuclu の成功に自信を持っています。 消火器ビジネスチームのチームリーダーであるソウク・ソウォク、大雄製薬のPexucluのマーケティングを担当するPM(プロダクトマネージャー)のLee Jaebin(プロダクトマネージャー)、PMのJinhwa Jangに、Pexucluの競争力について詳しく聞いた。 .

fexuclu、慢性咳嗽症状の改善、競争力のある薬価などの利点

イ・ジェビン首相は、フェククルは後発だが、胃食道逆流症治療市場をターゲットにすることは難しくないと述べた。 逆に2019年以降、医療関係者の間でP-CABの認知度が高まっていることから、参入しやすいのではないかと判断した。

左から大雄製薬消火器事業チーム、チャン・ジンファ首相、ソ・ウクチーム長、イ・ジェビン首相。 /写真=大雄製薬

国家新薬として承認されたP-CAB製剤であるFexucluは、7月に胃食道逆流疾患治療市場に本格的に参入しました。 既存の PPI 製剤は、アクティブなプロトン ポンプに作用するため、プロトン ポンプの活性が高く、最大の効果が現れるまでに数日かかる朝または食事の 30 分前の空腹時に服用する必要があります。 また、既存のプロトンポンプにしか効かず、新たに開発したプロトンポンプには効果がないため、胃酸分泌の再発や夜間の胃酸分泌抑制が不十分であるなどのデメリットがありました。

総理は、Pexclu の特徴として、△夜間の酸分泌症状の改善、△迅速な薬効、△胸やけ症状の改善、△慢性咳嗽症状の改善、△食事に関係なく投与、△薬物相互作用が少なく、一貫性があることを指摘した。効能。 特に、慢性咳嗽症状の改善は、競合する P-CAB 製剤にはない fexuclu の利点です。 また、フェククルの保険薬価は40mg基準で1錠939ウォンで、パイオニア薬価P-CAB K-Cab(50mg)の1300ウォンより安い。

李首相は「逆流性食道炎の代表的な症状である胸やけの症状改善効果、非定型症状である慢性咳嗽の症状改善効果、夜間の酸分泌の症状改善効果」を発表した。既存の GERD 患者のアンメット ニーズとして常に提起されており、3 つの臨床試験で評価されており、「価格競争力とこれらの強みがあるため、市場での地位を迅速に拡大することができます。

来年には胃炎の適応を追加するなど、多くの適応を拡大する計画

また、承認されたびらん性胃食道逆流症以外の臨床試験も進行中であり、今後適応が拡大されれば、市場の競争力が高まることが期待されます。 Daewoong Pharmaceutical は、胃炎の適応症に対する Fexuclu の第 3 相臨床試験を完了し、来年適応症を追加する予定です。 また、逆流性食道炎(ERD)の治療後、非ステロイド性抗炎症薬による潰瘍の維持治療と予防を目的とした第3相臨床試験が進行中です。

チャン・ジンア首相は「酸分泌関連の適応症を引き続き拡大する」と述べた。

さらに、Fexuclu Tablet は、Daewoong Pharmaceutical およびその子会社である Daewoong Bio、Hanall Biopharma、Eye Therapeutics から同じ成分の承認を受けています。 各アフィリエイトは、各アフィリエイトの強みを活かした各エリアでの営業・マーケティングを展開し、市場への参入を加速させていく予定です。

国家新薬第34号に承認された大熊製薬が「ペクスクル錠」です。 /写真=大熊製薬ホームページ

張首相は「大規模な病院に同じ成分を含む単一のアイテムを届けることができるため、販売とマーケティングは提携ではなく、内部競争を通じて行われます。私たちのマーケティング能力に基づいて、オープンプライシングを中心とした販売とマーケティングを展開します。優先着陸と処方箋を可能にします。

「発売初年度売上高1000億ウォン…海外進出スピード」

UBISTによると、昨年の国内胃食道逆流症治療市場は、PPIが6500億ウォン、P-CABが1000億ウォンで、合計7500億ウォンの市場を形成した。 P-CABが発売から3年で市場規模を1000億ウォンにまで成長させたことは驚くべき成果ですが、大雄製薬はさらに発売初年度で1000億ウォンの売上高を目指しています。

チームリーダーのソ・ウクは「Pexucluは発売初年度で1000億ウォンの売上を目指す」と話した。

大熊製薬は、中国でびらん性胃食道逆流症の治療薬として第3相臨床試験を実施しており、2024年下半期の承認取得を目指している。米国では来年から第3相臨床試験に入る予定だ。 さらに、ブラジル、フィリピン、インドネシア、タイ、メキシコ、チリ、エクアドル、ペルーの 8 カ国で製品承認申請を完了しています。

チームリーダーのSeo氏は、「P-CAB製剤は、満たされていないPPIの需要を克服できる製剤であり、日本のボノプラザンと韓国のテゴプラザンは、発売以来市場シェアを伸ばすことに成功しています. PPI は依然として米国とヨーロッパを支配していますが、P-CAB 製剤のリリースにより、世界市場での市場シェアが大幅に増加すると予想しています」と彼は強調しました。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。