[바로간다] トイレでの食事、モップでの洗い物… 「猛暑でさらに辛い」

◀ ジャーナリスト ▶

今は大丈夫です、社会人チームのキム・ジョンウ記者です。

日中の気温は33度。

じっとしているだけで汗が噴き出すほどの暑さです。

このうだるような暑さの中で体を洗ったり休んだりする場所がなく、濡れたタオルに頼る低賃金の労働者は、大学の掃除人です。

私が調べたところ、一大学や二大学で問題はありませんでした。

すぐにお見せします。

◀ レポート ▶

延世大学松島国際キャンパスの施設管理棟。

2階女子トイレの扉に「洗濯物置」と書かれた紙が貼ってあります。

どんな場所

バスルームのシンクの上には湯沸かし器があり、トイレの横には冷蔵庫と電子レンジが置かれています。

トイレと流しの間の狭いスペースでピクニックをしている掃除婦。

静かな部屋はありませんので、空いているトイレを利用します。

[박금조/연세대 국제캠퍼스 청소노동자]
「トイレの必要がないので、ここで休憩して、おやつを食べて、お昼はここで食べるだけです」

キャンパス内には清掃員用の独立したシャワーがないため、従業員はバスルームで濡れたタオルを使用してリフレッシュします。

「ここも掃除して……」

水で濡らしたタオルで全身を拭くが、全身から滴る汗が止まらない。

[이학금/전국여성노조 인천지부장]
「延世大学(国際キャンパス)にはシャワー室がない。家政婦用のシャワー室もない」

2 週間前、首都圏では大雨が降りました。

ソウル女子大学の清掃室が水没。

雨水が排水溝を渡ってトイレに流れ込んだ。

「ここに電線があって危なそう」

5日間雨が降っていませんが、地面にはまだ水が残っています。

ご覧のとおり、ここにもカビが生えています。

この夏、このように浸水したのはこれですでに3回目です。

多くの場合、洪水の犠牲者の犠牲者になります。

[서울여대 청소노동자]
「カビの匂いが強かった…最初はここで休んでいた。食べて寝た」

この学校の清掃員でさえ、汗を洗い流すためにトイレ以外に行き場がありません。

モップを洗濯物に隠して洗います。

[서울여대 청소노동자]
「ここは私たちが洗う場所ではありません。洗ってモップをかける場所です。水を入れて、ここで髪を拭いてすすぐだけです。」

高麗大学はどうですか?

窓のない狭い空間で一休みする6人の家政婦。

歩いて10分ほど離れた別の建物にシャワールームがありますが、ほこりっぽい地下にもシャワールームがあります。

通信機器だらけの部屋。

ここでドアを開けてください。

中にシャワールームがあります。

[고려대학교 청소노동자]
「残念です。ゴミが集められている地下室です。シャワーを浴びることさえできないほどの悪臭がします..体を洗わずに車や地下鉄に乗ると、怖いです.このまま体を壊して臭うなんて…」

国会教育委員会を通じて、ソウル市内の主な私立大学のシャワー室の状況について資料を請求したところ、提出された8校のうち2校はシャワー室が全くありませんでした。

13の大学の清掃労働者による抗議は、最小限のトイレとシャワー施設と時給440ウォンの最低賃金の引き上げを要求してから4か月以上前にさかのぼります。

[진세민/고려대 학생]
「一日も働かないと学校がまともに運営されないので、労働者をそのように扱うのは適切ではないと思います。」

しかし、延世大学やKAISTなど10大学は、請負業者が責任を負うとして沈黙を守っている。

ソウル大学では、3年前に窓もエアコンもないトイレで家政婦が死亡し、昨年もトイレで家政婦の死体が発見され、業務中の事故として認定された。

行きましょう、キム・ジョンウ。

映像取材:キム・ジュンヒョン、ウィ・ドンウォン/映像編集:クォン・ジウン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。