[단독] この会社は日本で技術を学んだ…30年ぶりに日本のど真ん中に工場を建てた

韓国の化粧品開発・製造(ODM)企業であるコスマックスが本格的に日本市場に参入する。 コスマックスが1992年に日本の化粧品ODM会社ミロトと技術提携し、化粧品市場に参入してから30年。

業界によると、コスマックスは3月に日本進出のため現地法人を設立し、工場用地の契約を最近締結したことが確認された。 会社は東京都にあり、工場は東京都心から車で約1時間の茨城県坂東市にあります。 敷地面積は16,000平方メートル(約5,000坪)。

綿密なローカライズのために、同社の社長は、コスマックス社内からではなく、日本の早稲田大学を卒業した早稲田大学の韓国人を採用しました。 来年上半期に工場の起工式を行い、2025年の本格的な生産設備の稼働を目指します。製品の生産までは、現地販売に力を入れています。

2016年、コスマックスは日本でNo.1の化粧品会社である資生堂にアンチエイジング化粧品やCCクリームなどのODM製品を供給することで日本市場に参入しました。 今年日本に会社が設立され、製造工場が確保されれば、メイド・イン・ジャパンの製品を生産することになり、日本での地位をさらに強化するはずだ。 日本の顧客を確保し、「化粧品の元祖」と呼ばれる日本におけるODM企業としての地位を確固たるものにする計画です。

昨年、日本の化粧品市場は約40兆ウォンで、米国、中国に次ぐ世界第3位の市場となった。 同時に、日本でも韓流が再燃し、韓国コスメの人気が高まっています。 韓国の化粧品は、日本から輸入された化粧品の分野でフランスに次ぐ第2位であり、日本での存在感が強い.

韓国化粧品産業研究院によると、韓国の日本への化粧品輸出は前年比20%以上増加し、7億8000万ドルに達し、輸出全体の約8.5%を占めた。 これに中国 (49 億ドル) と米国 (8 億 4,000 万ドル) が続きます。

日本の生産拠点は、日本のローカルなお客様だけでなく、中国など日本製品を好む国のお客様にもご利用いただけます。 中国では、日本の化粧品は「プレミアムで高品質」という認識が強い。 業界関係者は「中国現地ブランドの場合、日本製化粧品を中国に輸入販売することで、日本製化粧品のイメージの良さをマーケティングに活かすだけでなく、化粧品の品質にも大きな自信を得ることができる」と話した。消費者。 「国内外で製品を販売する韓国の独立系ブランドの間でかなりの需要があるだろう」と彼は予測した.

日本の化粧品業界もコスマックスの日本進出に注目している。 日本企業コスマックスの設立に関心を寄せた日本の化粧品専門誌「インターナショナルコマース」は最近、「グローバル企業コスマックスのDNA」と題して6ページにわたる特集記事を掲載した。 国際貿易に関連記事を掲載した福岡女子大学のパク・ヒソン教授は「コスマックスが本格的に日本に進出している。 実際、日本の消費者がAmazonや韓国のモールなどのオンラインモールを通じて化粧品を直接購入する傾向が高まっています.

コスマックスの日本進出と韓国化粧品のプロモーションで、日本の化粧品メーカーは緊張している。 日本の機器メーカーである日本色材産業研究所の社長である奥村浩氏は、国際コマースに掲載されたインタビューで、「BBクリームやクッションファンデーションなど、世界にヒットした製品は、まだ新しい思い出のように見えます. そして、新しいユニークな製品が次々と出てきます。

[이새봄 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。