[뉴스 속의 한국사] エイリアンの侵略に対する最後の防御…綿密な計画で作りました。

[뉴스 속의 한국사] エイリアンの侵略に対する最後の防御…綿密な計画で作りました。



エントリー:2022.09.22 03:30


ブソ酸度




①扶蘇山城は扶余市内の北部に位置し、百済が扶余に移る前に建てられた最も重要な防衛施設であり王室の要塞でした。 黄色い点線は扶蘇山城の位置です。 ②扶蘇山城は土と砂を固めて築城した。 扶蘇山城の内壁です。 ③釜山山城の東門地一帯で採れた薄金銅梨。 真ん中の蓮の花模様を立体的に表現。 ④扶蘇山城で大剣、槍、矢じり、大鎌など様々な武器が発見された。 /国立扶餘博物館、百済歴史文化館

扶余郡と百済歴史文化センターは、先月29日から扶蘇山城西門跡の発掘調査を開始すると発表した。 「扶蘇山城」と「官北里遺跡」は、扶余市北部の標高106mの低い丘、扶蘇山にあります。 扶蘇山城は現在、生い茂り城壁が崩壊しつつあり、散策するのに適した公園と思われがちですが、首都泗沘(現在の扶余)にある百済の王城であり、外敵の侵攻を防ぐ最後の砦は城でした。 . 扶蘇山城がどのような場所なのか、これまでの発掘調査で明らかになった新事実を見てみましょう。

計画的な遷都と城壁の建設

538年、百済の聖王が都を泗沘に移した。 扶蘇山と白馬江に囲まれた広大な土地である泗沘は、広大な平野があり、農業に適した土地です。 高句麗の侵略を避けるために急いで首都を移した熊津(現在の公州)の首都とは異なり、泗沘の首都は入念に準備された。

サビは計画都市でした。 これは、扶余地域に残された要塞、古墳、寺院などの重要な国家施設の計画配置から推測することができます。 泗沘町の北と東にそれぞれ扶蘇山城と羅城が建てられ、外敵の侵入に備えた。 扶余羅城は石と土で築かれた防御施設であり、都市の内と外を隔てる境界の役割も果たしていました。 東莱城の外、東側の城壁には、王族が埋葬された扶餘の王陵と、空間死を隔てるための貴族の墓である陵山里と塩倉里がありました。 また、定林寺址、陵山里址、王興寺址などの重要な寺院を都市の中心部や主要交通路沿いに配置し、国家の様相を表現した。 市の南北を流れる白馬川は、堀(敵の侵入に備えて城の外に掘られた溝または池)の役割を果たしました。

扶蘇山城の城壁は石ではなく土で築かれました。 土城の土壁が1000年以上耐えられるのは、スラブという特殊な技法で作られたからです。 厚板で長方形の枠を作り、その中に土砂や砂利などの性質の異なる材料を交互に積み上げ、木の棒で締め固めて壁や堤防をつくる土木工法です。 家庭ごみである土器やタイルの破片が、板金の壁の内側に入ることがあります。 扶蘇山城の場合、トンムンジの調査で「大同」と呼ばれる文字タイルが発見された。 「大同」とは、中国の南王朝である楊の時代に527年から529年まで使われていた年号です。 これは、私費で都が移された538年よりも約10年早い。 この文字牌から、百済は遷都の10年前に、建物の牌を作ったり、扶蘇山城の防備施設を建設するなど、首都移転の計画を立てていたことが推測できます。

街の最後の防衛拠点

扶蘇山城は街全体が見渡せる高台に位置しています。 また、白馬江の流れが見えるため、休憩や宴会の場としても利用されていました。 7世紀の百済の出現を記した中国の歴史書には、「百済の王城の大きさは四方八方一里半」と記されています。 1.5里を現在の重さと大きさに換算すると、約2.6~2.7kmです。 扶蘇山城とは多少の規模の違いはあるが、扶余地方でこの規模の百済城が確認されているのは扶蘇山城のみである。 扶蘇山城は王宮の屋台骨であるだけでなく、王城の地位を持っていました。

扶蘇山城の内部調査では、中国の陶磁器、瓦屋根の各種装飾品、高級な生活用容器、硯、ランプなどの華麗な金属工芸品が大量に出土しました。 ここから扶蘇山城に住んでいた百済の人々の生活を想像することができます。 石畳(光り輝く滑らかな岩)の番笠幽相像が発見されたほか、石仏の頭部彫刻や蓮や蔦などで飾られた円形の発光器も発見された。 寺院などの仏教施設が共存していたことを物語っています。

扶蘇山城で必見のスポットは、白馬江のほとりにある高さ約40mの落花岩です。 ここは、宇治王宮の三千人の淑女が身を投げた場所として知られています。 しかし、落花庵に関する最古の記録である「三国遺事」には、百済が滅亡したとき、いわゆる「墮生巖」とありますが、「三天宮」ヌルゴという表現はありません。 泗沘の人口が 6 万人から 7 万人程度だった百済時代の状況を考慮しても、義慈王の側室が 3,000 人もいたとは信じがたい. 当時、「三千」は、その数が多かったことを誇張するための文学的記号にすぎず、歴史的事実ではありませんでした。

[부여신궁 터에 세워진 삼충사]

日本統治時代の 1939 年、日本は阿蘇山中腹に「扶餘神宮」を建立する計画を発表しました。 百済は、早くから高度な技術や儒教、仏教を日本にもたらした縁の深い国でした。 シンボルにしたかった。 しかし、第二次世界大戦が激化するにつれ、新しい宮殿の建設は 1945 年の解放後に中断され、進展はありませんでした。 1957年、扶余の地方当局は、百済の最後の忠臣である成忠、興洙、階白の忠誠を記念して、扶余神社の敷地内に三忠祠と呼ばれる神社を建てました。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。