[뉴스 따라잡기] 衆議院選挙の沼地選挙後の日本の改憲の見通し

これは、ニュースのコンテキストと関連用語を説明するために「ニュースに追いつく」ときです。 10日、日本で参議院議員選挙が行われた。 2日前に安倍晋三元首相が暗殺されたとき、選挙は衝撃を受けた。 自民党、公明党など連立与党が過半数を確保する中、安倍前首相が念願の改憲案を実現できるかが注目される。 ニュースをフォローする 本日、今回は日本の参議院選挙の結果と憲法改正の可能性について見ていきます。

「日本の参議院選挙における大国の勝利」

7月10日、日本で参議院議員選挙が行われました。 参議院選挙は、参議院の全248議席のうち半分が3年ごとに改選されます。 同日行われた選挙では、現自民党(自民党)が63議席、与党の共明党が13議席を獲得した。

国会議員選挙は、安倍晋三首相が射殺された2日後に行われた。 日本で最も長く首相を務めた安倍晋三元首相は、奈良県での選挙運動中に射殺されました。

安倍前首相の暗殺によりほとんどの選挙運動が中止されたが、岸田文夫首相は「暴力に屈していることを示してはならない」と強調し、予定通りに実施される自由で公正な選挙によって民主主義を守らなければならないと強調した。

安倍前首相の暗殺は日本社会に大きな衝撃を与えたが、一方で保守勢力の動員効果をもたらし、与党の勝利に貢献したと評価された。

「選挙の勝利で改憲勢力が力をつけた」

今回の衆議院選挙で、改憲派は改憲案の要件を満たす3分の2の議席を維持できる。

現在の衆議院の議席数を合わせると、自民党、共明党など改憲を求める保守4党で177議席。 これは 166 議席をはるかに超えており、その 3 分の 2 を憲法改正に提案することができます。

憲法を改正するには、衆議院と衆議院の3分の2以上の賛成が必要です。 この選挙まで、参議院はかろうじて 3 分の 2 の議席しか占めていませんでした。 しかし、今回の選挙で議席数が大幅に増え、昨年の衆議院では改憲派がすでに十分な議席を獲得していた。

そのため、衆院選後の改憲の可能性がより重視される。

「安倍前首相の念願の改憲」

安倍前首相は存命中、日本が戦争できる「普通の国」になるために憲法改正の必要性を訴えてきた。

日本国憲法第 9 条は、第二次世界大戦後、日本が軍隊を保持することを事実上禁止しています。

しかし、日本の防衛力を強化する必要があると考えていた安倍晋三元首相は、自衛隊の地位を高めるために、この規定を廃止し、憲法に日本の軍事プレゼンスを規定する意向を表明した。現在、憲法上の根拠はありません。

改憲は自民党の長年の目標であり、安倍首相の長年の願いでもあります。 1950 年代に自民党が発足して以来、安倍首相の祖父である安倍雁氏を含む保守派議員は、憲法改正を求めてきました。

しかし、日本国憲法は1946年の公布以来、一度も改正されていません。

岸田文夫首相の動き »

昨年10月に就任した岸田首相が今回の選挙で勝利して政治的地位を固めたのは、中間評価と考えられる。

岸田首相はまた、安倍晋三前首相が達成できなかった改憲を推進すると表明した。 岸田首相は、憲法改正の問題は次の国会で直ちに議論されると述べた。

しかし、神田国際大学の政治専門家であるジェフリー・ホール氏は、世論が明確になるまで、岸田首相が修正案に関する国民投票を危険にさらすことはないと予想している.

憲法を改正するためには、両院の3分の2の賛成だけでなく、多数決が必要です。

「憲法改正に対する国民の思い」

世論調査の結果によると、憲法改正に対する意見は大きく分かれている。 そして、多くの有権者がまだ決心していないことが判明しました。

朝日新聞が最近発表した世論調査の結果によると、有権者の 36% が修正案を支持し、回答者の 38% が修正案に反対しました。

また、ほとんどの世論調査は、憲法改正が有権者にとって最優先事項ではないことを示しています。

しかし、専門家は、憲法改正が正式なプログラムになると、論争を巻き起こすだろうと予測している。 特に、まだ決めていない大勢の人がどの方向に動くかは予測できません。

憲法改正に反対する人々は、日本が第二次世界大戦後に大規模な戦争に巻き込まれなかったのは、憲法9条のおかげだと主張している. 主なことは、憲法改正の支持者が彼らを説得することです。

「改憲に対する世論の今後の方向性」

ロシアのウクライナ侵攻後、日本の世論は防衛政策強化に転じたようだ。 岸田首相の政権下で、日本は欧米主導のロシアへの圧力に積極的に参加した。

先月、岸田首相は、西側の軍事同盟である北大西洋条約機構(NATO)のサミットに出席した最初の日本の指導者になりました。

参議院選挙と最近の世論調査の結果は、岸田首相のより決定的な外交政策が幅広い世論の支持を得ていることを示しています。

重要なことに、この選挙での勝利は、岸田首相に 3 年間の別の選挙の課題を押し進める力を与えました。

中国、北朝鮮、ロシアからの脅威を考慮して、自民党は今後 5 年間で防衛費を倍増させ、国内総生産の 2% 以上にすることを目指しています。

しかし、最近の物価の高騰により、一部の保守派の政治家でさえ、防衛費の急増に反対しています。

また、安倍前首相の暗殺で改憲論争の焦点がずれるのではないかという予測もある。

安倍晋三元首相が8日に銃撃で死亡した(資料写真)

ニュースで最も知名度の高いパーソナリティをフィーチャーした「ニュースの人物」の時間です。 今日の主人公は、8日の選挙運動中に射殺された日本の安倍晋三元首相です。

衆院選を前に支持運動をしていた安倍晋三元首相が、突然「ポン」と話し、撮影していたカメラが倒れた。

[현장음: 아베 신조 암살]

その後も銃撃が続き、警備員は発砲した男性容疑者を素早く制圧した。 銃で撃たれた安倍晋三元首相は治療のために病院に運ばれましたが、最終的には出血多量で死亡しました。

日本史上最年少、最高齢の首相となった安倍前首相が67歳で死去した。

安倍前首相は大政治家一家の出身だ。 祖父の安倍雁は衆議院議員、母方の祖父の岸信介は内閣総理大臣、父の安倍晋太郎は外務大臣を歴任。

1954年生まれの安倍元首相は、成蹊大学の名門政治学科を卒業後、渡米して渡米。

安倍前首相は、1993 年に山口第 1 区衆議院議員に当選しました。

政治家としての彼の注目は、小泉純一郎首相時代、安倍前首相が官房長官として対北朝鮮強硬策を主張したことから始まった。 安倍前首相は、当時の日本人の支持を得て、2006 年に 52 歳で日本の史上最年少の首相になりました。

第1次内閣は様々な汚職が重なり1年で幕を閉じたが、2012年に政権に復帰し、第2次内閣を率いた。 安倍前首相の代表的な業績は、「失われた20年」と呼ばれる長期不況に終止符を打つために提唱した「アベノミクス」です。

大規模な景気刺激策であるアベノミクスは、日本の経済成長を牽引してきましたが、長期的な成長の基盤を提供できていないと批判されてきました。

安倍前首相も右翼運動を政治・外交に持ち込んだ人物だ。 私は憲法を改正して平和の憲法を変え、戦争ができる国にすることを生涯の課題としました。

安倍前首相はまた、在任中、国防能力の構築と日米同盟の強化だけでなく、強硬な公共政策も支持しました。

現在の出来事に遅れないように この時点で、日本評議会の議院選挙と憲法改正の可能性を検討しました。 日本の安倍晋三元首相がニュースの人物として発見されました。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。