[뉴스 따라잡기] 岸田政権発足後の日本政府の展望

これは、ニュースの背景と関連用語を説明するニュースキャッチアップ時間です。 先週の与党自民党総裁選挙で勝利した岸田文雄氏は、4日に行われた暫定国会指名投票で日本の100代目の首相に選出された。菅田義英首相の政権がわずか1年で終わり、岸田政府。 ニュースをフォロー今日は、日本の最近の政治情勢と今後の展望を見てみましょう。

「菅義偉出口」

9月上旬、新コロナウイルスに対応できないと世論から批判されていた菅義偉首相は、日本の政情を揺るがした自民党総裁に立候補しないことを突然発表した。

議院内閣制が採用されている日本では、与党の大統領が首相を務めているため、菅首相が選挙に立候補しないことを発表したことは、日本の方向性がまもなく変わることを意味する。

安倍晋三首相政権の首相を務めた菅首相は、安倍晋三首相が中期的に首相を辞任した後、昨年9月に日本の第99代首相に就任した。 しかし、コロナウイルスへの反応の悪さ、東京オリンピックをめぐるさまざまな否定的な世論や騒ぎ、国民とのコミュニケーション不足などの問題で、彼の支持率は下がった。

「戦争4選挙と舞台裏の政治」

岸田文雄、河野太郎、高市早苗、野田聖子の4人の自民党大統領候補が9月29日に立った。 選挙前にマスコミの注目を集めたのは河野太郎行政改革相。 河野太郎候補は、4人の候補者の中で唯一の現職の政府代表であり、8期の国会議員として、世論調査で最高の支持率を示した。

岸田文雄候補は安倍晋三政権の外相も務め、党政務研究委員会を率いる中堅政治家だったが、世論調査では支持率が遅れている。 しかし、党の支持率は、党の革新を約束した河野候補よりも高かった。

したがって、派閥で有名な日本の政治構造と、どちらの候補者が鍵となる舞台裏の政治においても、安倍晋三前首相の見直しがどこに向かっているのかは注目に値する。

安倍晋三前首相は、極右に分類される高市早苗前首相を最初に2人の候補者の1人として推し進めた。

しかし、1回目の投票で過半数の得票が得られなかったため、最終的には岸田文雄候補と河野候補が1位と2位で対決した。 この2回目の投票では、高市の票が岸田の票に集まったため、勝者と敗者が分かれました。

日本のメディアは、安倍晋三前首相と麻生太郎前首相を含む自民党の主要な指導者が、党改革を求めた河野よりも、性格の弱い穏健な保守派の岸田を支持したという分析を分析している。

「岸田内閣の発足」

10月4日、岸田文雄首相を長とする新内閣が発足した。

党首選挙で当選した直後から切り込みを始めた岸田首相は、同日暫定国民議会で首相に選出された直後に閣僚リストを発表した。 茂木敏充外相と岸信夫国防相が菅首相内閣に復帰した。

一方、20人の大臣のうち13人は、大臣の経験のない新参者で埋め尽くされていた。

岸田首相は、金子靖事務総長、松野彦和首相、鈴木俊一財務相、古川義久法務大臣、末松信介文部大臣など、主要大臣を新人に交代させることで新たなスタートを切ったと発表した。 。 しかし、岸田首相の内閣に対する日本の国民の支持は期待したほど高くはないと分析されている。

読売、朝日、毎日などの日本の主要メディアが岸田内閣を発足させた直後に実施した世論調査によると、承認率は40%から50%の間です。 これは、菅義偉氏が一年前に閣議決定した直後の承認率よりも約20パーセント低い。 ただし、菅政権の前回の承認率である30%未満を上回っています。

発足直後のこの低い支持率の要因として、日本のメディアは岸田内閣が前の菅政権や安倍政権と変わらないという事実を指摘している。

岸田首相は内閣の半分以上を新顔に入れ替えたが、彫刻の顔を見ると、細田派、安倍前首相派、麻生派の政治家が多数いる。麻生太郎前首相が就任した。 、新しい日本を期待するのは難しいとの指摘があります。

「立法選挙の未来」

日本は10月31日に総選挙を行います。 その前に、衆議院は14日に解散します。

2017年10月の安倍政権以来4年ぶりの総選挙。当初、来月の7日か14日に総選挙が行われるのではないかとの憶測が飛び交った。 しかし、岸田首相は10月31日の総選挙の日程を早める予定だ。 この点で、内閣の設置後、承認率が上がることが見込まれている。

承認率はまだ回復していないが、総選挙では自民党が過半数を維持するというのが一般的な見通しだ。

岸田首相は、総選挙で自民党が過半数を獲得すれば、2024年まで首相を務めることができる。

岸田首相は総選挙のタイミングから、今月末にイタリアのローマで開催されるG20サミットへの参加を検討している。 彼らは、30日の首脳会談に直接出席し、31日の気候変動をテーマにした会議にビデオで出席することを計画していることが知られています。

「岸田内閣政策基調講演」

ほとんどの専門家は、岸田首相の政府の政策的立場は、広い枠組みの中で前政権の政策を維持し、引き継ぐであろうと述べています。 特に、外務・国防を担当する外相・国防相が在任していることから、外交・安全保障政策に大きな変化がないことを強調している。

外交政策は、伝統的な親友である米国との強力な同盟関係を強調しており、中国と競争しながら協力を求める方法は、前政権と大差ありません。 さらに、岸田首相の就任により、韓国や北朝鮮との関係がこれ以上改善したり変化したりすることは難しいとの見方が一般的である。

実際、岸田首相は就任から1週間以内に、最初にジョー・バイデン米国大統領に、次にオーストラリアのスコット・モリソン首相に次々と電話で話し、トップに外交の最初のボタンを形成した。 岸田首相は、自由で開かれたインド太平洋の平和と安全を強化し、米国、オーストラリア、インドとの「4つの」安全保障同盟の一員として、世界の平和において主導的な役割を果たすことを約束しました。

日本の岸田文雄首相

最近のニュースについて話した人たちを特集した「PeopleintheNews」の時間です。 今日の主人公は岸田文雄新首相です。

岸田文雄首相は1957年生まれ、現在64歳。

私は東京最大のショッピング街、渋谷で生まれました。

父と祖父は下院議員でした。

岸田首相は小学生の頃、父親の仕事に続いてニューヨークのクイーンズ近郊にしばらく住んでいた。 その後、帰国し、小・中・高校を卒業。

岸田首相は、日本の名門国立大学である東京大学に何度か応募しましたが、毎回失敗し、別の名門大学である早稲田大学に進学しました。 1982年に早稲田大学法科大学院を卒業後、日本長期信用銀行に入社。

しかし、5年後の1987年、岸田文雄の秘書として辞任し、政界に入った。

そして1993年の衆議院選挙で、彼は広島の第1地区で自民党候補として立候補し、選出された。 岸田首相と安倍晋三前首相も選挙の根拠となっている。 今回の選挙では、安倍晋三前首相も父親の選挙区に立候補し、初めて当選した。

岸田首相は、2001年に小泉純一郎が第1内閣の文部科学省副大臣に任命されたときに初の公職に就いた。

その後、安倍晋三政権や福田康夫政権で様々な重要な役職を歴任。

彼は2012年に第2次安倍内閣で外相に任命された。在任中、彼はいわゆる「慰安婦」問題について韓国と合意に達した。

岸田首相は2017年に閣僚を辞任し、自民党の政治調査委員会の委員長に就任した。 正祖会長に短縮されることが多いこの地位は、伝統的に党の頂点への足がかりと見なされている。 実際、彼は翌年、自民党総裁に立候補することさえ検討した。

安倍晋三首相の突然の辞任に続く2020年の党首選挙でも菅義偉官房長官と競争したが敗北した。 しかし、わずか1年で行われた党主席選挙に再び出馬し、最終的に勝利した。

岸田首相は、自民党内に敵を出さない中程度の志向の政治家に分類されている。 しかし、その一方で、私は無色無臭の政治家として魅力的ではないとの評価も受けています。

このニュースに追いつくために、本日、日本の最近の政治情勢と展望を振り返りました。 岸田文雄首相がマスコミの人として聞いた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。